「中村うさぎ」おすすめ作品一覧

「中村うさぎ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:中村うさぎ(ナカムラウサギ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1958年02月27日
  • 出身地:日本 / 福岡県
  • 職業:作家

同志社大学文学部英文学科卒。1991年『ゴクドーくん漫遊記』でデビュー。『外伝』や『開発♂ムラムラモード』などの作品を手がける。

作品一覧

2017/09/15更新

ユーザーレビュー

  • 他者という病
    うさぎさんに面白おかしい話だけど求めてるわけじゃないけれど、
    週刊誌で連載するには重すぎる話だと思ってしまった。

    5時夢の件は、未だにモヤモヤしています。
    うさぎさんが降板したのに、例の女優がまだ出続けているのが納得できない。
    正直うさぎさんも悪いところはあったと思うけれど、5時夢の人にも失望しま...続きを読む
  • ババア・ウォーズ3 税務署の復讐
    かつて買い物やホスト、整形など依存症だった頃の著者自身への分析が興味深い。コスプレは自ら性的アイデンティティの着脱だったり、ネットゲームなど現実ではできない自己実現だったり、社会的正義と性的欲求の矛盾、弱者の官能「お姫様抱っこ」「介護のポーズ」、詐欺などの犯罪者はIQが高いため他人の目で自分んを見る...続きを読む
  • 聖書を語る
    佐藤優と中村うさぎの対談集。キリスト教のプロテスタントであるが、カルヴァン派とバプテスト派であり、互いの考え方の違いを分析した上で、聖書について、エヴァンゲリオンについて、村上春樹について、震災について話し合う。うさぎさんが終末遅延問題を「出るはずのものが出ない、便秘」例えるのが笑えて、とても分かり...続きを読む
  • ショッピングの女王
    『「ドシャ降りの時には雨漏りする傘」なんて代物に、果たして商品価値はあるのだろーか?』

    当時付き合っていた、このブランドの社員である彼氏に話したところ「ないよ〜」と返されたのを思い出した(笑)

    昔、読んだけど、改めて読み直してみたら、やっぱり面白いね。このシリーズを読んでいくと、依存症というも...続きを読む
  • 聖書を語る
    佐藤優と中村うさぎの対談集。

    聖書そのものを語っているのは最初だけで、宗教や哲学を中心に話はあちこちに展開する。村上春樹をけなし、エヴァンゲリオンを考察する。最後は3.11の震災の問題から、人はどうつながるか、と展開。

    中村うさぎという人は初めて知ったが、両者とも知識量とその言語化能力がすごい。...続きを読む

特集