エッチなお仕事なぜいけないの?

エッチなお仕事なぜいけないの?

作者名 :
通常価格 2,200円 (2,000円+税)
紙の本 [参考] 2,750円 (税込)
獲得ポイント

11pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

なんとなく「風俗はダメでしょ」と思っているすべての人へ。
売春の是非を中村うさぎが風俗嬢から学者までと語り合い考える。
中村うさぎと売春を語り尽くした人たち~現役風俗嬢たち(ソープ・デリヘルなど)、中塩智恵子(ライター)、畑野とまと(ライター・ニューハーフヘルス嬢)、神田つばき(AV女優・『東京女子エロ画祭』主宰)、坂爪真吾(非営利組織 ホワイトハンズ)、開沼博(社会学者・立命館大学准教授)、伏見憲明(作家・ゲイバーのママ)、佐藤優(作家・元外交官)、倉田真由美(漫画家・タレント)。

ジャンル
出版社
ポット出版
掲載誌・レーベル
ポット出版プラス
ページ数
344ページ
電子版発売日
2017年09月15日
紙の本の発売
2017年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
11MB

エッチなお仕事なぜいけないの? のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年12月13日

    タイトルそのまま、今の社会では納得のいく答えはみつからないな。自由売春は誰も損しないし皆がWinWinでたの商売と同じであるはずなのですがね。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ購入済み

    考えさせられた…

    まい 2018年07月10日

    自分自身、性風俗に人一倍嫌悪感を持っていた。夫が過去、風俗を利用したことを聞き、離婚すると騒いだほどだ。風俗を利用する男性の気持ちやそこで働く女性の気持ちを知ってみたいと思っていたところ、この本に出会った。
    性の自主性、なるほどと思った。確かに「身体を売る」という言葉で何となく汚らわしいと思っていた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています