泡坂妻夫の一覧

「泡坂妻夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/04/19更新

ユーザーレビュー

  • ヨギ ガンジーの妖術(新潮文庫)
    手品とかまったく興味ないので、あんまり楽しめないかなーと思いながら読んでみたら、笑えて面白かった!
    ヨギ・ガンジー、ちょっとハマったかもw
  • 煙の殺意
    米澤先生の帯にまんまと一本釣り。
    歯間に食い込む針の違和感を爪楊枝で取りたい衝動を舌先で遊びつつ、次の歯ミガキまで楽しませて頂きました。
  • 煙の殺意
    泡坂氏初期の短編にはチェスタトン張りのロジックが愉しめる。それは歪んだ論理とでも云おうか、読後に奇妙な味わいを残す。

    本作では「赤の追走」、「紳士の園」、「煙の殺意」、「開橋式次第」がそれに当たる。

    しかし本作は先ほど「奇妙な味わい」と述べたようにエリンの『特別料理』を意識したに違いないと思われ...続きを読む
  • 乱れからくり
    馬割朋浩の死は単に交通事故とかでも良かったかもしれないけど、そこが隕石の衝突というありえないシチュエーションなのが、自動殺人というありえないトリックを受け入れられる世界観作りに一役買っているような感じがした。
    舞子が警察を追われることになった事件の復讐でみたいな動機も考えたけど、結局その事件は潔白...続きを読む
  • 11枚のとらんぷ
    奇術家としても有名な作者の作品だけあって、色々な奇術の裏側が知れて面白かった。
    奇術の小ネタ集みたいな作中作も面白かったし、その中に犯人特定の手がかりが隠されていたのが驚いた。
    犯人が分かった後も、元々加害者と被害者が逆だったという真相に驚いた。