奇術探偵 曾我佳城全集 秘の巻

奇術探偵 曾我佳城全集 秘の巻

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

曾我佳城(そがかじょう)の行くところに怪事件あり……若くして引退した美貌の奇術師、その華麗なる舞台は今も奇術ファンの語り草である。そして、もう1つの貌は名探偵。弾丸受止め術が自慢の奇術師がパートナーを撃ち殺してしまった。舞台に注目する観客の前で弾や銃をすり替えた者は誰か。佳城は真相を見抜けるか(講談社文庫)。

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
512ページ
電子版発売日
2012年10月12日
コンテンツ形式
EPUB

「奇術探偵 曾我佳城全集 秘の巻」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2009年09月07日

結婚と共に若くして引退した美貌の奇術師、曾我佳城が探偵役となって事件を解決していく話です。
これは80年代から20年以上に渡って書き継がれた短編だそうです。
全22編からなる曾我佳城の全短編を網羅した作品集の上巻、秘の巻です。
奇術とミステリは観客、読者に驚きを提供するという共通の目的を持っていて、...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2006年06月23日

頭のよいきれいな女・佳子は、実は狂っていたのです。主人公は手品師、探偵役。全集の最後を飾る作品では・・・!!!なんていう伏線!!!
串目君はどうなるんだろう・・・

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年03月31日

ようやく読み終わった!

短編集。

「消える銃弾」「ビルチューブ」が好き。
「真珠夫人」は自分の中では推理物とは言えないが、短編小説としてはなかなかのでき。こういう考え方は面白い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2007年05月04日

泡坂妻夫氏の20年に渡る連載作品集の前編。

若くして奇術界の伝説となった女性奇術師・曾我佳城の華麗なる手捌きに、全ての人が釘付けになる事、間違い無し。

奇術師にして紋章紙絵師の氏の本領を存分にお楽しみ下さい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2005年02月06日

タイトルの通り、奇術のトリックやそれにまつわる話がふんだんに詰め込まれた事件を架空の奇術師曾我佳城を探偵役として描く連作短編もの。単調になりがちな形式だが、一篇一篇に飽きの来ないような工夫がされている。お薦めは『花火と銃声』。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「奇術探偵 曾我佳城全集」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,482

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!