山本兼一の一覧

「山本兼一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山本兼一(ヤマモトケンイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1956年07月23日
  • 出身地:日本 / 京都府
  • 職業:作家

同志社大学文学部文化学科美学及び芸術学専攻卒。2002年『戦国秘録 白鷹伝』でデビュー。『火天の城』で第11回松本清張賞受賞、『利休にたずねよ』で直木賞を受賞、共に映画化もされた。その他作品に『花鳥の夢』、『信長死すべし』などがある。2014年死去。享年57歳。

作品一覧

2017/10/13更新

ユーザーレビュー

  • 火天(かてん)の城
    久しぶりに、歴史小説の醍醐味を堪能させてくれた作品です。
    織田信長の安土城を建設した大工棟梁親子の物語で、
    建築ディティールの書き込みも去ることながら、
    安土城完成まで、山あり谷ありの波瀾万丈。
  • 信長死すべし
    朝廷黒幕説を取って本能寺の変に至るまでを描く。歴史小説ではあるものの、サスペンス小説のような面白さがある。
  • 利休にたずねよ
    ‪千利休と周囲の人々が〝あの時の高麗女人”の存在を通じて「利休にとっての茶の湯と美意識」を紐解く物語。利休の侘び茶の方向性は、彼女の死によって決定づけられた。すなわち与えられた境遇を受け入れつつ、生きること・美しいものを愛でることを〝前向きに諦める“気持ち。設えの端々に露見した瑞々しさ・色っぽさとい...続きを読む
  • 利休にたずねよ
    茶とは何か。

    ただの茶ではないか、という言葉が幾度となく出てくる。

    それは、やはりただの茶なのであろう。
    そこに武士の褒美として、祭り上げられた茶道に、美という価値観が付け加えられたことで、美を汲み取る事の出来る利休が生まれる。

    美は誰もが判別できる基準ではない。まして修練を積んでも個人差が大...続きを読む
  • 利休にたずねよ
    千利休とか茶人、以上。それだけしか知らなかったが、この本を読む事で千利休の歴史を知りながら茶の世界も面白く読むことが出来た。
    構成が切腹前夜からどんどん時を遡っていく。
    その遡っていくことでこれまでの人物の関わり合いが分かり、そしてその中にずーっと通して出てくる香壺の謎がどんどん解かれていく。
    茶の...続きを読む