「山本兼一」おすすめ作品一覧

「山本兼一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山本兼一(ヤマモトケンイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1956年07月23日
  • 出身地:日本 / 京都府
  • 職業:作家

同志社大学文学部文化学科美学及び芸術学専攻卒。2002年『戦国秘録 白鷹伝』でデビュー。『火天の城』で第11回松本清張賞受賞、『利休にたずねよ』で直木賞を受賞、共に映画化もされた。その他作品に『花鳥の夢』、『信長死すべし』などがある。2014年死去。享年57歳。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/10/13更新

ユーザーレビュー

  • 利休にたずねよ
    千利休の切腹の謎を、利休自身の言葉や関係者各々が思い描く利休像から紐解いていく。
    利休を慕う者、憎む者、愛する者…その立場・性格によって利休のイメージが様々に映し出される。

    美の頂点に君臨するが、表立っては賢くそつなく振舞う利休。
    しかしそんな利休も若い頃の秘めた想いを抱えていた…。

    利休の謎に...続きを読む
  • 利休にたずねよ
    先に市川海老蔵さん主演の映画を観、とても面白かったので原作のこちらも読むことに。利休の切腹を起点に時系列を逆に辿っていくスタイルが興味深い一方、初読み時にはわかりにくいかも。映画とは重点を置いている箇所、描き方の異なる個所があるが、それが補いあう形になって、より一層面白かった。最後まで読んで、もう一...続きを読む
  • 花鳥の夢
    長谷川等伯の「松林図屏風」を観てから、等伯に興味を持ち、安部龍太郎の『等伯』をずっと前に読んだ。『等伯』に描かれる永徳の、ここまで悪人にしていいの?という位の冷血なイメージがあった為、こちらの作品との対比も楽しみだった。
    折しも、大徳寺聚光院の特別拝観で「花鳥図」を観たばかり。以前「洛中洛外図」「楓...続きを読む
  • 信長死すべし
    ストレートで思い切ったタイトル。
    内容も、これ以上ないほどに面白く読みやすい。

    本能寺で時の天下人・織田信長が部下の明智光秀に討たれたことは、歴史に疎いサブロー(誰!?)でも知っている大事件だが、真相は、とくに、光秀が信長を討ち果たす決心をした理由については謎のままだ。
    光秀が信長に猛烈なパワハラ...続きを読む
  • 修羅走る 関ヶ原
    関ヶ原に流れる時間を、東軍西軍双方の武将が描き出していく。
    一つの出来事を様々な人物から描き出す「決戦」シリーズとはまた違い、大変、良かった!

特集