山本兼一の一覧

「山本兼一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山本兼一(ヤマモトケンイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1956年07月23日
  • 出身地:日本 / 京都府
  • 職業:作家

同志社大学文学部文化学科美学及び芸術学専攻卒。2002年『戦国秘録 白鷹伝』でデビュー。『火天の城』で第11回松本清張賞受賞、『利休にたずねよ』で直木賞を受賞、共に映画化もされた。その他作品に『花鳥の夢』、『信長死すべし』などがある。2014年死去。享年57歳。

作品一覧

2017/10/13更新

ユーザーレビュー

  • 火天(かてん)の城
    「火天の城」は城を作った宮大工、岡部又右衛門にスポットをあてた小説で、私に知らない世界を教えてくれた。それまで歴史に興味はあっても、城造りには知識もなく安土城の独創的な凄さには気がついていなかった。フロイスが当時ヨーロッパにもないと驚嘆した高層木造建築であり、華麗な外観と吹き抜けのある内部。宗教的な...続きを読む
  • 火天(かてん)の城
    面白かったー!又右衛門に惚れた。通勤電車とかでちょっと読み始めたらあっという間に小説の世界に入れるタイプの本。作者の方は何者ですか?ってくらい知識量をぶち込んでて色々調べたくなる。
    気が済まないことに対して「呑み込んで糞にしてひり出せっ」ってセリフは私も今後の人生に活かしましょう。ありがとう総棟梁又...続きを読む
  • 利休にたずねよ
    利休を通して茶の湯の美しさと厳しさの一片を見たような気がしました。その美の深さ。美しい日本の言葉とともに味わいながら読むことができました。
  • 利休にたずねよ

    とても面白かった! 長らく積読してた本から引っ張り出した第140回直木賞作品。

    千利休の切腹の日からスタートし、時間を遡る構成。
    利休が肌身離さず持っていた「緑釉の香合」の秘密。
    「鋭利な才覚を休ませろ」= 利休 の法号を帝から賜ったことが、予言しているように、秀吉に才能を疎まれて嫉妬されてもな...続きを読む
  • 利休にたずねよ
    利休が正に切腹するその日から、時系列を逆にたどり進行していく物語。
    利休の美に対する執着の原点はどこにあったのか。
    とにかく最後まで夢中で読んだ記憶がある。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!