「山本兼一」おすすめ作品一覧

「山本兼一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山本兼一(ヤマモトケンイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1956年07月23日
  • 出身地:日本 / 京都府
  • 職業:作家

同志社大学文学部文化学科美学及び芸術学専攻卒。2002年『戦国秘録 白鷹伝』でデビュー。『火天の城』で第11回松本清張賞受賞、『利休にたずねよ』で直木賞を受賞、共に映画化もされた。その他作品に『花鳥の夢』、『信長死すべし』などがある。2014年死去。享年57歳。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/10/13更新

ユーザーレビュー

  • 利休にたずねよ
    利休にたずねよ。何という秀逸なタイトルと呼びかけだろう。歴史小説の真髄がここにある。

    私たちは故人に真相を聞くことはできない。
    しかし、小説はそれを虚構できる。
    真相以上に重要ななにかが生まれる。

    陳腐になりがちなものをどこまで真実ならしめ得るか。
    私たちの生は、案外、俗物だ。

    その俗物性を本...続きを読む
  • 利休にたずねよ
    第140回(平成20年度下半期) 直木賞受賞

    茶道はまったくに近いくらい知識がないけれど、この作品の描写は読み手に、どんな茶碗、どんな感じの花の生け方、どのような茶室なのかが頭の中に描かせます。
    また、時系列の順が逆方向で面白い構成になっている作品でした。
    「美」を追求しながら生き続ける利休の頭の...続きを読む
  • 利休にたずねよ
    作者の目の付け所、そして流れるような利休の所作を彷彿とさせる表現力が素晴らしい!
    若いころ遭遇した苦く艶めかしい事件は、利休の心の奥深く闇を刻みこんだ。
    否応なしに利休を呑み込んでいく歴史に引きずられながらふと湧き上がる心の闇。
    それはいったい何なのか?
    当たり前の時間軸じゃなくて、ベールに包まれた...続きを読む
  • 火天(かてん)の城
    城大工の頭領が主人公。建造への並々ならぬ情熱に感服。木への愛、安全への配慮に職人のプライドを感じた。
  • ええもんひとつ とびきり屋見立て帖
    「ええもんひとつ」の考え方はいい。普段その逆の「安物買いの銭失い」で失敗しているだけに心にとめときたい

特集