「山本兼一」おすすめ作品一覧

「山本兼一」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:山本兼一(ヤマモトケンイチ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1956年07月23日
  • 出身地:日本 / 京都府
  • 職業:作家

同志社大学文学部文化学科美学及び芸術学専攻卒。2002年『戦国秘録 白鷹伝』でデビュー。『火天の城』で第11回松本清張賞受賞、『利休にたずねよ』で直木賞を受賞、共に映画化もされた。その他作品に『花鳥の夢』、『信長死すべし』などがある。2014年死去。享年57歳。

作品一覧

2017/10/13更新

ユーザーレビュー

  • 利休にたずねよ
    この構成が面白い。秀吉から死を言い渡され、生きるために首を垂れることを拒否した利休の生涯を、Why done it ? よろしく過去に遡っていく。堺の豪商の家に生まれ、何不自由なく成長した千与四郎が、出会い死なせ、共に逝くことのできなかった高麗の女性が、後に利休と呼ばれるようになってもなお、彼の人生...続きを読む
  • 命もいらず名もいらず 下 明治篇
    偶然、話題の西郷どんが出てきたりした。幕末から明治を築いた、山岡鉄舟の生涯。

    明治時代、激動すぎるけど、曾祖母が生まれた時代だと思うと感慨深い。
    この時代の人たちは、肝が据わっている。温々と育った私たちとは、まるで違う。
    意志が弱い私は、特にその違いに衝撃を受けたのでした。

    どんな人も受け入れる...続きを読む
  • 夢をまことに(下)
    江戸時代のダ・ヴィンチと呼ばれた国友一貫斎の半生記。もともとは火縄銃職人なのだが、創意工夫が好きな発明家気質で、空気銃、天体望遠鏡、灯油ランプ、万年筆などをほぼ独力で発明した実在の人らしい。
    エジソンもそうだが、とにかく失敗してもメゲない。失敗作の山を築きながら改善点を治しさらなる工夫を重ねて少しで...続きを読む
  • 利休にたずねよ
    千利休の切腹の謎を、利休自身の言葉や関係者各々が思い描く利休像から紐解いていく。
    利休を慕う者、憎む者、愛する者…その立場・性格によって利休のイメージが様々に映し出される。

    美の頂点に君臨するが、表立っては賢くそつなく振舞う利休。
    しかしそんな利休も若い頃の秘めた想いを抱えていた…。

    利休の謎に...続きを読む
  • 利休にたずねよ
    先に市川海老蔵さん主演の映画を観、とても面白かったので原作のこちらも読むことに。利休の切腹を起点に時系列を逆に辿っていくスタイルが興味深い一方、初読み時にはわかりにくいかも。映画とは重点を置いている箇所、描き方の異なる個所があるが、それが補いあう形になって、より一層面白かった。最後まで読んで、もう一...続きを読む

特集