• 2008年というあのころ

    2008年の世相を表す漢字は「変」。政治の変、経済の変、生活の変、気候の変など、良くも悪くも変化の多かった一年でした。
    これは、今に通ずることかもしれませんね。あまりにも変わりすぎる世の中に皆疲れたのか、省的な書籍が売れたのも、2008年の特徴でした。


    ベストセラーランキング

    第1位 『ハリーポッターと死の秘宝』 J・K・ローリング/静山社

    第2位 『夢をかなえるゾウ』 水野敬也 / 飛鳥新社

    第3位 『B型自分の説明書』 Jamais Jamais / 文芸社

    第4位 『O型自分の説明書』 Jamais Jamais / 文芸社

    第5位 『A型自分の説明書』 Jamais Jamais / 文芸社

    第6位 『ホームレス中学生』 田村 裕 / ワニブックス

    第7位 『女性の品格 装いから生き方まで』 坂東眞理子 / PHP研究所

    第8位 『親の品格』 坂東眞理子/PHP研究所

    第9位 『AB型自分の説明書』 Jamais Jamais / 文芸社

    第10位 『脳を活かす勉強法 奇跡の「強化学習」』 茂木健一郎 / PHP研究所

    芥川賞

    第139回 『時が滲む朝』 楊逸 / 文學界

    第140回 『ポトスライムの舟』 津村記久子 / 群像

    直木賞


    第139回 『切羽(きりは)へ』 井上荒野 / 新潮社

    第140回 『悼む人』 天童荒太 / 文藝春秋

    第140回 『利休にたずねよ』 山本兼一 / PHP研究所

     
    出典:(株)出版ニュース社 「出版年鑑」

    ※全ての作品が、電子書籍化されているわけではありません。
    ※マークのあるものがBookLive!で購入可能です。
    ※ただし、同一作品であっても、初版の出版社と電子書籍を扱っている出版社が異なることがあります。ご了承ください。

    BookLive配信中!

    女性の品格

    「礼状が書ける」「約束をきちんと守る」「型どおりの挨拶ができる」「よいことは隠れてする」「恋をすぐに打ち明けない」といった、何げない日常の立居振舞いに女性の生き方と品位…

    親の品格

    二〇〇七年最大のベストセラー『女性の品格』待望の続編。少子化、核家族化、共働きでむずかしくなった親子関係のあり方を、六六の例をあげて具体的に語る。幼い子どもを健全に育む…

    脳を活かす勉強法

    勉強を始めても三日坊主で終わってしまう、集中できない、記憶が苦手だ、などと悩む人も多い。しかし、それらは脳の特性をうまく活かさず勉強しているからである。本書では、脳科学…

    時が滲む朝

    時が滲む朝

    楊逸
    小説 / 国内小説
    1巻

    460円(税込)

    中国の小さな村に生まれた梁浩遠(リャン・ハウユェン)と謝志強(シェー・ツェーチャン)。大きな志を抱いて大学に進学した2人を、1989年の天安門事件が待ち受ける──。“我愛中国”…

    空中ブランコ

    空中ブランコ

    奥田英朗
    小説 / 国内小説
    1巻

    560円(税込)

    跳べなくなったサーカスの空中ブランコ乗り。刃物はおろか机の角まで怖い尖端恐怖症のやくざ。ダンディーで権力街道まっしぐら、の義父のカツラを剥がしたくてたまらない医者。伊良…

    利休にたずねよ

    女のものと思われる緑釉の香合を肌身離さず持つ男・千利休は、おのれの美学だけで時の権力者・秀吉に対峙し、天下一の茶頭に昇り詰めていく。刀の抜き身のごとき鋭さを持つ利休は、…

    • あのころのベスト10 特集一覧

      • 【第1回は1973年】
      • 【第2回は2006年】
      • 【第3回は1987年】
      • 【第4回は2004年】
      • 【第5回は1983年】
      • 【第6回は2000年】
      • 【第7回は2008年】
      • 【第8回は1999年】
      • 【第9回は1997年】
      • 【第10回は1984年】