「佐藤正午」おすすめ作品一覧

「佐藤正午」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:佐藤正午(サトウショウゴ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1955年08月25日
  • 出身地:日本 / 長崎県
  • 職業:作家

長崎県立佐世保北高等学校卒。『永遠の1/2』で第7回すばる文学賞を受賞。『リボルバー』、『ジャンプ』が映画化された。その他作品に『王様の結婚』、『恋を数えて』、『アンダーリポート』などがある。 

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

1/19入荷
鳩の撃退法 下
853円(税込)
購入予約

作品一覧

2018/01/11更新

ユーザーレビュー

  • 小説の読み書き
    小説家佐藤正午が、芥川龍之介や太宰治ら大作家たちの小説について、分析したり、突っ込んだり、要は(敬意を込めながら)言いたいことを言っている本。
    例えば、当時中学生の太宰治が、井伏鱒二の「山椒魚」を読んで、坐っていられないくらい興奮したという話に対し、中学生の自分はどちらかといえば「すわっていられない...続きを読む
  • 鳩の撃退法 下
    現代小説でこれほど衝撃を受けたのは村上春樹以来。物語の構成、語り口、どれをとっても素晴らしい。現在活躍している作家の中で最も技量のある1人だと思う。
  • 夏の情婦
    直木賞を受賞された作家の文庫を何気なく手にとってみた。
    初めて読む佐藤さんの本。新たな作家の発見に少しわくわく。
    題名からどろどろした女と男の話を期待していたのだが、いい意味で裏切られた。
    男の目線から見たときの恋愛の話は新鮮で、女ほどのねちねちとした感覚のない、さわやかな、いやあっさりとした男女関...続きを読む
  • 夏の情婦
    表題作を含む5つの短篇集。

    表題作もよかったけれど、個人的には、やはり「傘を探す」もおもしろかった。
    映像化されたらどうなるんだろうと考えながら読んだ。

    また、著者自身による「三十年後のあとがき」もすばらしいものになっている。
  • 身の上話
    淡々と語られる身の上話。本当に淡々と語られるだけなんだけど何故か引き込まれる。
    ミチルもあーいるいるこんな女みたいな感じで佐藤正午さんの作品は初めてだったけど面白かった。他の作品も読んでみたいと思いました。