「佐藤正午」おすすめ作品一覧

「佐藤正午」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:佐藤正午(サトウショウゴ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1955年08月25日
  • 出身地:日本 / 長崎県
  • 職業:作家

長崎県立佐世保北高等学校卒。『永遠の1/2』で第7回すばる文学賞を受賞。『リボルバー』、『ジャンプ』が映画化された。その他作品に『王様の結婚』、『恋を数えて』、『アンダーリポート』などがある。 

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

NEW
小説の読み書き
820円(税込)

作品一覧

2017/10/19更新

ユーザーレビュー

  • 身の上話
    淡々と語られる身の上話。本当に淡々と語られるだけなんだけど何故か引き込まれる。
    ミチルもあーいるいるこんな女みたいな感じで佐藤正午さんの作品は初めてだったけど面白かった。他の作品も読んでみたいと思いました。
  • 5

    「時間は無駄には過ぎていかないと思うよ。人が時間を無為に過ごすことはあっても」

    『僕には性欲と恋愛との区別がつけられない。性欲と恋愛と魔法の区別もうまくつけられない。』

    『「嘘だけは聞きたくない」とそれから彼女はくり返した。「あたしたちのあいだで」
    あたしたちのあいだで。初めて会ってから十日間に...続きを読む
  • 鳩の撃退法 下
    『そのていど起伏に富んだほうが喜ばれないか。なかでも本の筋書きだけ追って得意技の一気読みをして、泣きましたとか言いたがる女性には受けないか。』

    『Uターンしろって言うのも酷だけど、Uターンたって東京で途中下車だから、Uまではいかないわけだ、ぎりJだ。』

    「スピンは栞ですよ ー 本の栞」
    「ああ。...続きを読む
  • 鳩の撃退法 上
    「別の場所でふたりが出会っていれば、幸せになれたはずだった」
    「だったら、小説家は別の場所でふたりを出会わせるべきだろうな」

    「あなたって、まるでピーターパンみたいなひとね。同居人がそう決めつけるから、じゃあピーターパンて具体的にどんなやつだって話になって、また揉めて、あいまいにしたままだと今後も...続きを読む
  • 鳩の撃退法 上
    落武者となった元売れっ子作家が、そのままの自分を物語の中心人物として展開させてるところが面白い。闇社会問題なのか、ドロドロの痴情もんなのか、つかみどころをあえて見せないもどかしさが逆にはまる。奈々美の顛末が分かった時点で読後達成感を得たが、当然下巻を読まずにおれない。そもそも偽札の持つ意味とそれが今...続きを読む

特集