佐藤正午の作品一覧

「佐藤正午」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:佐藤正午(サトウショウゴ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1955年08月25日
  • 出身地:日本 / 長崎県
  • 職業:作家

長崎県立佐世保北高等学校卒。『永遠の1/2』で第7回すばる文学賞を受賞。『リボルバー』、『ジャンプ』が映画化された。その他作品に『王様の結婚』、『恋を数えて』、『アンダーリポート』などがある。 

作品一覧

2024/01/30更新

ユーザーレビュー

  • 冬に子供が生まれる
    つくづく思うのは、
    佐藤正午さん(と矢作俊彦さん)の作品は、35歳過ぎてから読むと、心に沁みるのです。
  • 月の満ち欠け
    生まれ変わりのお話。
    人生で一番愛した人にまた会うために
    生まれ変わり何度も生まれ変わってその人にたどり着く。
    生まれ変わっても会いたい人は誰かと考えさせられる。
    そしてちょっと死んでみるという言葉に深い意味を感じた。
    そして小山内さんの身近にも‥と言うところが面白かった。
    一気に読み進めた本。
  • 小説の読み書き
    新書に抵抗がある人は少なくはないと思う。
    堅苦しい、書いてあることが難しいというイメージが私にもある。そんな私にも「小説の読み書き」は、するすると滑らかに読むことができた。読書好きなら、(好きでなくても国語の教科書を読んできた人なら)必ず聞いたことがある作家から、初耳の作家まで作者独自の視点で作品の...続きを読む
  • 鳩の撃退法 上
    冒頭から最後までセンスのある文章で、津田伸一ワールドに没頭してしまいました!
    どこまでが“小説”で、どこまでが“事実”なのか、本人たちにしか本当のことはわからないけど、そういうところも含めて津田伸一の小説は面白いです。
  • 月の満ち欠け
    ずっと読まずに取っておいた本でしたが、読み始めたたら一気でした。一歩間違うと不気味でブラックな話になってしまいそうですし、工夫の凝らされた構成により読んでる途中で時々前に戻って確認を必要としたりとか、少々分かり難い本なので評価が分かれるのもやむを得ないと思います。選考時の評言や様々なご意見も拝見しご...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!