「佐藤正午」おすすめ作品一覧

「佐藤正午」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:佐藤正午(サトウショウゴ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1955年08月25日
  • 出身地:日本 / 長崎県
  • 職業:作家

長崎県立佐世保北高等学校卒。『永遠の1/2』で第7回すばる文学賞を受賞。『リボルバー』、『ジャンプ』が映画化された。その他作品に『王様の結婚』、『恋を数えて』、『アンダーリポート』などがある。 

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2018/08/24更新

ユーザーレビュー

  • ジャンプ
    2004年に購入し積読していた本。
    「何故読まなかったか」を後悔するほど面白かった。
    当時、半分だけ読んでやめてしまった「永遠の1/2」も改めて読んでみようかと思う。
  • 月の満ち欠け
    久しく日本の小説を読んでいなかったので、満を持して佐藤正午の新刊を手にした。
    愛する男性に再会するために輪廻転生をする女性と、それに翻弄される男性の物語。生まれ変わりを繰り返すという、ネタ的にはホラーっぽくなってもおかしくない題材なのだが、しっかり純愛の物語になっているのは、さすが佐藤正午。期待通り...続きを読む
  • 月の満ち欠け
    不思議な物語だ。読み始めから、どこに連れていかれるんだろう、という不透明感が付きまとう中、読み進めていくうちに、奇妙な世界が見えてくる。過去から過去へ遡りながら、新たな物語が紡ぎ出され、理解する前に次の謎が提示され、いずれもが現在に収斂していく手法は、読み方の丹念さが要求される。エンディングは胸に迫...続きを読む
  • 月の満ち欠け
    とても面白かった。
    いまさらいうのもあれだけど、こんな出会いをしてみたい。
    小山内さんのこの後が気になる・・
  • 夏の情婦
    どれも面白かったけど、特に「傘を探す」が秀逸。姉への近親相姦を思わせる秘めた思慕と、そんな姉を奪い取った義兄への憎しみ。そんな複雑な思いを相変わらずのシニカルなタッチで描いていく。それから巻末に収録された著者自身による「30年後のあとがき」もよかった。作家はいつも「今、この瞬間」を書くのだ、という強...続きを読む

特集