5

作者名 :
通常価格 968円 (880円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

結婚8年目の記念にバリ島を訪れた志郎と真智子。旅行中に起こったある出来事がきっかけで、志郎の中に埋もれていたかつての愛の記憶が蘇る。洗練された筆致で交錯した人間模様を描く、会心の恋愛小説。

ジャンル
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川文庫
電子版発売日
2017年09月09日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2016年10月15日

    「時間は無駄には過ぎていかないと思うよ。人が時間を無為に過ごすことはあっても」

    『僕には性欲と恋愛との区別がつけられない。性欲と恋愛と魔法の区別もうまくつけられない。』

    『「嘘だけは聞きたくない」とそれから彼女はくり返した。「あたしたちのあいだで」
    あたしたちのあいだで。初めて会ってから十日間に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年11月09日

    作家 津田とそのまわりの変わった女たちの話。津田は彼女らに何を求め、逆に彼女らは津田に何を求めているのか。最後に彼のまわりに残る女とは?

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月25日

    最低な男なんだけど、なぜかモテるし。
    なぜか理解者も多い。
    上手く生きられない男のお話。
    読み終わってみればどうってことない話なんだけど、読んでるのは面白かった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年01月08日

    平成の時代にもこんな文壇と、いかにも文学者然とした文学者がいたらほんとに楽しいだろうなあ、と、実に愉快な気分で読めた作品。

    太宰治や吉行淳之介の作品も、現役の頃はこんな風に(当時の人に)読まれたんじゃないだろうか、と想像してしまう。「文学」の気分に浸れるのは、島田雅彦の作品以外になかなかない。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月18日

    緻密な無駄の無い文体で最後まで一定の温度感で語られていた。
    あまりにも遠く鼻が高い主人公に最後まで追いつくことが出来なかった。流れていく物語も低音で変化があまりなく、感情を揺り動かされるという場面も無かった。まぁ、そういうタイプの本ではないのは明らかだが。
    だから、物語に入り込む時間や集中力が続かず...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月31日

    これは重いぞー、重い。ページ数も多いけどそこに詰め込まれた文字数も多い。1ページにぎゅうぎゅうに文字が詰め込まれてない、改行しない。しかも割とどうでも良い、ぎゅうぎゅう?牛々?みたいな事が書いてあった、もうどうでも良いよ!って感じになって、それもまた楽し。
    ともかく主人公の小説からしからぬ適当な物言...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月19日

    とらえどころがなく、何とも言えない読後感の残る作品だが、嫌いではないタイプ。ひねくれた主人公のキャラクター造形も、印象的。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月14日

    なんか世間から一歩引いて冷静に見渡してる
    的な感じが嫌い。

    嫌いだけど
    すごい心を捉えて放さない。

    むかつく。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月14日

    まずタイトルは「ファイブ」じゃなく「ご」のようです、たぶん。そして分厚い。約670頁です。ここまで長くする必要はなかったんじゃないかなーと言うのが正直な感想。序盤はなかなか面白いんですが、中盤あたりから、中志郎って登場人物の、この話の中での立ち位置が不明確になり、重要なのかそうじゃないのか分からない...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています