永遠の1/2

永遠の1/2

作者名 :
通常価格 660円 (600円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

田村宏、27歳。“失業したとたんツキがまわってきた”とはいうものの競輪の儲けで暮らす失業者……。競輪場でやけに脚のきれいな元人妻・良子と知り合うが、その頃から宏そっくりの男が街に出没、次々に奇妙な事件にまき込まれていく。青春の日の陰りと明るさを日常感覚のリズミカルな言葉でとらえる長編小説。第7回すばる文学賞受賞作にして鮮烈なデビュー作。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
464ページ
電子版発売日
2013年11月01日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

永遠の1/2 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2013年09月29日

    時代は1980年。自分に瓜二つの男が存在することにより引き起こされるたくさんの事件。解決することなどできないが、それでもどうにかしなければ、という中でのスリリングな展開が楽しめる。ドストエフスキー的長いセリフもあり。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年10月30日

    解説の中で丸谷才一の影響が指摘されていました。
    確かに。
    ちょっと風変わりな日常をキッチリと、しかも淡々と描きながら、どことなくユーモアがある。爆笑は無いし、オチもない。落語でも漫才でも出来ない、穏やかな笑いの世界。そんな全体の雰囲気は丸谷才一に良く似ています。もちろん文体はまったく違うのですが...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年01月18日

    瑞々しい文体が細部まで行き渡ってて気持ちいい!たまたま主人公と同じ歳にこの作品と巡り会えたことを運命に感じる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ずいぶん昔に書かれた本とは知らず、買ってしまったのだが・・面白い。野球好きで、競輪好きならもっとよかったのに!同じ時代を生きてる作家と、共鳴できる作品。
    それにしても、自分そっくりの人が存在していて、その人のために、事件に巻き込まれたとしたら・・私も・・同じように動くだろうなぁ・・
    この主人公・・ほ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月10日

    月の満ち欠けを読んで面白かったので、佐藤正午さんの本をもう一冊読んだ。これがデビュー作でなにかの賞を取ってるんだけど、作家本人はあまりうまく書けてないと評している。けどあらすじを見て面白そうと思ったので選んだ。
    月の満ち欠けとはだいぶ作風が違っていて、こちらは娯楽作品なんだけどどこか私小説のような空...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月17日

    主人公は何をしたいんだかわからない!でもでも、20代のころはこうだったかもしれないなぁ。こうだったなぁ。少なくても、この主人公に文句を言える人じゃなかった。そういう点でリアルで、入り込むなぁ。佐藤正午のデビュー作。もうミステリとハードボイルドが味わえ、ごちそうさまでした。なんだかんだで好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月27日

    「知らないということはたぶん幸福なことなのだ。何も聞かず何も見ずに生きていけたらどんなに気が楽だろう」

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月18日

    旅行用にボロボロにしてもいい文庫を親から借りたので読みました。なんと自分が生まれる前に書かれた本だったなんて。

    すばる文学賞受賞作品だったそうです。たしかに400ページほどのちょっと眺めの小説だったのですが、すらすら読むことが出来ました。文庫の後ろで佐伯彰一さんの解説には「軽み」を身につけた日常系...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    2008年5月13日 読み終えました(´ε')

    27歳、田村宏。
    “失業したとたんツキがまわってきた”
    とはいうものの競輪の儲けで暮らす失業者……。
    競輪場でやけに脚のきれいな
    元人妻・良子と知り合うが、
    その頃から宏そっくりの男が街に出没、
    次々に奇妙な事件にまき込まれていく。
    青春の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2019年02月26日

    最初の出だしはとても印象的だった。読み終わったあとでいうと、それをツキがついていると言えるのかどうなのかのなかなかのダラっとした日常な感じはあった。競輪とかはやったことないので、そんなにも中毒性があるものなのだねーって感じ。でも顔が似ているひとに間違えられ、事件に巻き込まれるのは、ありそうで怖い。わ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

集英社文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング