「深町眞理子」おすすめ作品一覧

「深町眞理子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/01/04更新

ユーザーレビュー

  • 回想のシャーロック・ホームズ【深町眞理子訳】
    もはや説明不要なシリーズ第2短編集。

    収録は、
    ・〈シルヴァー・ブレーズ〉号の失踪
    ・黄色い顔
    ・株式仲買店員
    ・〈グロリア・スコット〉号の悲劇
    ・マズグレーヴ家の儀式書
    ・ライゲートの大地主
    ・背の曲がった男
    ・寄留患者
    ・ギリシア語通訳
    ・海軍条約事件
    ・最後の事件

    最後はモリアーティーと滝...続きを読む
  • 緋色の研究【深町眞理子訳】
    シャーロック・ホームズとワトスンはどのようにして出会ったのか、なぜ二人が共同生活をすることになったのか、といった経緯から描かれています。こうして二人は出会ったのだと、初めて知りました。

    ホームズは初対面のワトスンに「きみ、アフガニスタンに行ってきましたね?(p17)」といきなり言います。ホームズの...続きを読む
  • シャーロック・ホームズの冒険【深町眞理子訳】
    観察と推理というやりかたをするホームズが携わった事件をワトスンが記録した、という形式の作品です。“日常的な謎を扱っている作品が多い(p519)”です。

    『ボヘミアの醜聞』
    ボヘミア王家を揺るがした一大スキャンダルをホームズが解決しようとするのですが、ホームズが“あの女性”の機知の前に破れ去ります。...続きを読む
  • 四人の署名【深町眞理子訳】
    読書日:2017年8月25日-9月1日.
    Original title:The Sign of Four.
    Author:Sir Arthur Ignatius Conan Doyle.

    Mary Morstan令嬢には、気の毒としか言えません。
    父が金品に目が眩み
    彼がMajor Sholtoと...続きを読む
  • アンネの日記 増補新訂版
    亡くなったおばが好きだった本。自分にとっても、小さい頃からずっと大切な本です。大量虐殺など、人が人をゴミのように殺したという歴史に衝撃を受けるとともに、その中でも強く生きるアンネには憧れを抱きました。

特集