深町眞理子の一覧

「深町眞理子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

値引き
七つの時計
360円(税込)
値引き
親指のうずき
411円(税込)
値引き
さあ、あなたの暮らしぶりを話して
値引き
海浜の午後
232円(税込)
値引き
NかMか
360円(税込)
値引き
招かれざる客
232円(税込)

作品一覧

2018/01/04更新

値引きあり
海浜の午後
  • ブラウザ試し読み

値引きあり
招かれざる客
  • ブラウザ試し読み

値引きあり
七つの時計
  • ブラウザ試し読み

値引きあり
NかMか
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • シャーロック・ホームズの事件簿(新版)【深町眞理子訳】
     『事件簿』と聞いたら、中年から老境にかけての日本人シャーロッキアンは複雑な表情を浮かべること必至だろう。
     ホームズの冒険談は長編が4、短編集が5つ。9冊でコンプリートできるはず。……はずなのに、ミステリ好きが愛する創元推理文庫版では8冊しか揃えられない。新潮文庫版では10冊になってしまう。おか...続きを読む
  • 茶色の服の男
    ミステリーあり、恋愛あり、若くてきれいで無鉄砲な女探偵のものがたりで楽しく読めた。1924年当時、女性が活躍する小説というのは今と受け取られ方がどれくらい違うのかな?職業婦人に対する憧れと同じくらい結婚にも憧れる。今と変わらないように思うし、女性は女性らしくエンディングを迎えられたことにとってもうれ...続きを読む
  • アンネの日記 増補新訂版
    アンネフランクの13歳から15歳までの隠れ家の日記。最初読んでいるうちは、どこにでもいる普通の女の子だと思ったけど、読み進めるうちに、隠れ家に住む人や自分の洞察、鋭い批判的意見、女性の権利、政治と多岐にわたる日記の内容に感服。とても15歳の女の子が描いたとは思えない鋭さがそこにはあり、彼女が亡くなっ...続きを読む
  • アンネの日記 増補新訂版
    もっと堅苦しい話かと思っていたのだけれど、ギャルの感性で「あれが好きだ」「あいつはムカつく」というようなことが書き連ねてあって面白い。アンネが内省を始めた瞬間に日記のトーンが一変する。社会に出る直前の女の子のブログを読んでいるようで、なんとも胸が疼く。
  • ドクター・スリープ 下
     
     「シャイニング」の後の話。
     惨劇から生き残ったダン少年だったが、その<かがやき>ゆえに、というか、事件のトラウマゆえというか、彼そのものの気質のせいか、苦難に満ちた人生を歩んでいく。

     というのが、前半で、つらい。
     もうどうしようもない感じで、坂道を転がっていく様が、淡々と描かれるのでさ...続きを読む

特集