アンネの日記 増補新訂版

アンネの日記 増補新訂版

「アンネは、死んでも私たちの心の中に生き続けているのです。そして、世界の歴史を変える存在になりました」(池上彰『世界を変えた10冊の本』より)
ユダヤ系ドイツ人の少女アンネが、ナチスの「ユダヤ人狩り」から逃れるため家族と共に二年間潜んだアムステルダムの“隠れ家”。彼女はそこで、架空の友人キティーに宛てて日記を綴りました。戦後、残された父オットー・フランクにより編集・公表されたこの「アンネの日記」は各言語に翻訳され、2009年にはユネスコ世界記憶遺産にも登録されました。わが国も同様で、1952年に「光ほのかに」のタイトルで文藝春秋より刊行されて以来、綿々と読み継がれています。
実は、アンネの綴った日記は二種類あります。アンネが自分のためだけに書いたものと、後の公開を期して清書したもの。そのふたつを編集し直した〈完全版〉をもとに、さらに1998年に発見された5ページ分を加えたのが本書〈増補新訂版〉です。尋常ではない環境の中で、13歳から15歳という思春期を過ごした少女の夢と悩みが、より瑞々しく蘇り、私たちの胸を打ちます。平和を愛し、誰かを愛するすべての人に改めて贈る、永遠不滅の一冊です。

...続きを読む

詳しい情報を見る

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

アンネの日記 増補新訂版 のユーザーレビュー

\ レビュー投稿でポイントプレゼント / ※購入済みの作品が対象となります
レビューを書く

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ

    ユダヤ人迫害下における隠れ家生活を、思春期の少女のみずみずしい感性で筆記した日記文学。ユネスコ世界の記憶。

    ホロコーストの悲劇を象徴する一冊として有名なので、大体の概要は知っていたが読むのは初めて。
    13歳の誕生日に父から贈られた日記帳にキティという愛称をつけ、友人として語りかけるように日々の生活

    0
    2023年12月14日

    Posted by ブクログ

    感性、語彙、表現、リズム、着眼点 どれも高いレベルで知性とセンスに溢れた若く瑞々しい文章。
    戦争というだけで全ての人がしなくていい苦労を強いられるのに、さらに民族虐殺を恐れて身を隠さなければならない中、彼女が日記の中で放つ青春の光は小さく弱くも眩い。
    1944-5-3の日記で「戦争は市民一人一人に責

    0
    2023年09月22日

    Posted by ブクログ

    社会や世界史の資料集で表紙のお顔は知っていたけど読んだことがなかったアンネの日記。
    ゲシュタポに捕まるまでの2年間の生活でアンネが感じたことなどが丁寧に書かれていました。
    潜伏生活前は結構モテモテだし自信家なハキハキしてる女の子だなあといった印象。読み進めていくごとに実は内面はすごく深く物事を考えて

    0
    2023年06月20日

    Posted by ブクログ

    みんな知っているけれど読んでない本の代表格
    みんな知っているということは読む価値があるということで
    女の子の日記なのにあえて公開しているということは
    教科書の記述だけではなくて実際に我々と同じように生きていた人がいるということをこれほど赤裸々に示す本もないであろう

    0
    2023年03月05日

    Posted by ブクログ

    初めて読んだのは小学生の中学年位のとき、もう少し簡単な方の本で。その後ずっと頭に残っていて高学年の時にこれを買って、そこから高校に上がるまで定期的に読み返していました。読書感想文では幾度となく書かせてもらい、大変お世話になりました。読む年齢によって感じることがちょっとずつ違う、また読み返そう。

    0
    2022年07月17日

    Posted by ブクログ

    恐らく初めて読んだ伝記。伝記にハマったきっかけ。小学生の当時は、実際にこういう経験をした人がいるのか…となんとも複雑な気持ちになったなぁ。

    0
    2021年09月17日

    購入済み

    何歳になっても。

    この本に出会ったのはアンネと同い年くらいの時。人の日記を見るなんて悪い気がしながらも興味津々でした。アンネのまっすぐな言葉に吸い込まれるように読みました。それから自分は年齢を重ね、アンネの生きたくても生きられなかった大人になりました。今読むとまた違った気付きや感情になります。これからも大切にしたい一

    #泣ける #タメになる

    0
    2021年07月09日

    Posted by ブクログ

    隠れ家生活で怯える恐怖、ペーターとの恋、大人との衝突、、その時の感情が素直に伝わってくる。

    平和を願う気持ちが強くなる本。
    二度と同じ誤ちが繰り返されませんように。

    0
    2021年05月22日

    購入済み

    知るべき事実

    アウシュビッツを訪れる機会に知り合いに勧められてアンネの日記を読みました
    戦場下での生活や当時の情勢も交え、多感な時期の少女がありのままの気持ちを残した貴重な資料だと思います。
    またこのような普通の少女が本当にただユダヤ人というだけで強制連行されてしまう狂気さ残酷さを収容所訪問と合わせて知ることがで

    0
    2015年12月28日

    Posted by ブクログ

    小説では無いということは頭の片隅にずっと置きながら読みました。

    もし自分なら、と考えると本当に気が滅入る。

    最後の終わり方は唐突で、あっけないのが、逆に辛くなる。

    0
    2024年07月13日

アンネの日記 増補新訂版 の詳細情報

閲覧環境

  • 【閲覧できる環境】
  • ・ブックライブ for Windows PC(アプリ)
  • ・ブックライブ for iOS(アプリ)
  • ・ブックライブ for Android(アプリ)
  • ・ブックライブ PLUS for Android(アプリ)
  • ・ブラウザビューア

※アプリの閲覧環境は最新バージョンのものです。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

文春文庫 の最新刊

無料で読める ノンフィクション

ノンフィクション ランキング

作者のこれもおすすめ

アンネの日記 増補新訂版 に関連する特集・キャンペーン

同じジャンルの本を探す