加賀山卓朗の一覧

「加賀山卓朗」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/09/17更新

ユーザーレビュー

  • 火刑法廷〔新訳版〕
    以前読んだときよりも面白い。
    っていうか~読書会というきっかけがなければ再読はしなかったなぁ~。
    なぜなら、……………

    エピローグまで、読んだとき「え!」「あ?」って思ったという記憶があったから。
    そんな思いはやっぱり再読の今回も…だから。
  • 三つの棺〔新訳版〕
    やたらと海外ミステリが並んでるエジンバラの本棚で見掛けて、密室講義だけ読んで満足していたのを思い出しました…はい…
    有名すぎて、観てないのに見た気になっている映画、ドラマ、アニメとかありません?

    〇〇を観ずしてSFを語ることなかれ、とか
    ✕✕を読まずしてファンタジーを語ることなかれ、とか

    そう云...続きを読む
  • 地下道の鳩 ジョン・ル・カレ回想録
    【罠にかかると知りながら】『寒い国から帰ってきたスパイ』,『テンィカー,テイラー,ソルジャー,スパイ』等の至極の諜報小説で知られるジョン・ル・カレが著した回顧録。自身も従事したスパイとしての活動から父親への葛藤した思いまで,謎の多かった著者の半生が明らかになっています。訳者は,推理小説の翻訳でも知ら...続きを読む
  • 生活の発見 場所と時代をめぐる驚くべき歴史の旅
    確かに歴史に学ぶ本なのだが、その切り口が素晴らしい。常識を疑えというと陳腐に聞こえてしまうが、多くの習慣がつい最近意図的に作られたものであったり、思い込みであることを事実の積み上げで穏やかに知らせてくれる。
  • 生活の発見
    確かに歴史に学ぶ本なのだが、その切り口が素晴らしい。常識を疑えというと陳腐に聞こえてしまうが、多くの習慣がつい最近意図的に作られたものであったり、思い込みであることを事実の積み上げで穏やかに知らせてくれる。

特集