舞城王太郎の一覧

「舞城王太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:舞城王太郎(マイジョウオウタロウ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1973年
  • 出身地:日本 / 福井県
  • 職業:作家

2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。2003年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞受賞。『好き好き大好き超愛してる。』、『ビッチマグネット』、『短篇五芒星』、『美味しいシャワーヘッド』などの作品を手がける。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2022/06/29更新

ユーザーレビュー

  • されど私の可愛い檸檬
    家族に関して描かれた3篇の小説集。
    簡単に関係を断ち切れない『家族』がテーマだからか、たくさん考えさせられたし文章が重く響いた。特に『ドナドナ不要論』は、自分の今の年齢や家族構成に近いキャラクターの話だったので身近に感じたし共感しやすかったと思う。
    親やきょうだいは選べないし、配偶者選びだって正解は...続きを読む
  • 好き好き大好き超愛してる。
    「愛は祈りだ。僕は祈る。」という屈指の痺れる1文から始まり、ページの隅から隅まで祈りと愛がこれでもかと詰まっている。1つの文章にこれ以上愛を詰め込むのは無理だろうと思う。
    さらにこの小説は構成さえも祈りになっている。一見バラバラの短編が詰め込まれているようにみえるが、そうではない。恋人をなくした小説...続きを読む
  • 好き好き大好き超愛してる。
    とても良かった。

    どんな状態になってもいいから死ななでくれ
    と私だったら言われたいんじゃないだろうかと読みながら思った。


    最初の話の途中で「二階で自分の伯母さんを飼っていたのだが……」は二度見したが、ツッコミどころ満載の話もまるで当たり前の普通の事のように、すんなりと読み進めてしまった。

    ...続きを読む
  • 私はあなたの瞳の林檎
    初めて舞城王太郎さんの本を読んだけど、今まで読んだ本の中で、文章の書き方とか表現の仕方が独特だった。どの話も面白かったけど、最後の「僕が乗るべき遠くの列車」が良かった。自分の考えと重なる部分があって、共感できるところが多かった分、胸に刺さるところが多かった
  • 畏れ入谷の彼女の柘榴
    舞城さんの「私はあなたの瞳の林檎」に引き続き、2冊目!
    前回初めて読んだ時も感じたけど、本当に内容が深い。ここまで心に来る言葉は今までなかったと言っても過言ではない。
    本当に、初めて言葉を書き留めたいって思った本。

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!