好き好き大好き超愛してる。

好き好き大好き超愛してる。

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
紙の本 [参考] 544円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

愛は祈りだ。僕は祈る。僕の好きな人たちに皆そろって幸せになってほしい。それぞれの願いを叶えてほしい。温かい場所で、あるいは涼しい場所で、とにかく心地よい場所で、それぞれの好きな人たちに囲まれて楽しく暮らしてほしい。最大の幸福が空から皆に降り注ぐといい。「恋愛」と「小説」をめぐる恋愛小説。2009大学読書人大賞受賞。(講談社文庫)

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社文庫
ページ数
194ページ
電子版発売日
2012年10月12日
紙の本の発売
2008年06月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

好き好き大好き超愛してる。 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2019年10月10日

    すごく分かる。
    タイトルはバカみたいだし、文章は変だし、改行が少なくて読みにくいけど、絶対に最後まで読んでほしい。人を好きになったり、身近な人を亡くしたりした経験のある人だったら(ほとんどの人はそうでしょう?)、すごく分かると思う。そういう言葉にしきれない気持ちを文章の形にした作品だと思う。
    作中の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月21日

    舞城王太郎2冊目。ほとんど抵抗というものを感じずダッシュで読めるけど言葉選びも良くて怒濤のカタルシスがポコポコやってくる。凄い。凄いなぁー。高橋源一郎と何か近い気がする。ゲンちゃんはジェットコースター的なエモーショナルとはちょっと距離があるけど、体裁とかニュアンスに、真似たといういやらしさがあるので...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月03日

    まずは表紙が可愛すぎる。心がほわーんとなる。
    それに比べると内容は重め。ラブラブハッピーワハハハーな物語でなくて、愛することの定義を追求しているように感じた。メインストーリーは、癌で亡くなった女の子と残された彼氏の話だけど、記憶になった二人の関係が超愛してるという思いで、良し、死ぬまで愛し続けるとい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年06月18日

    ”祈りは言葉でできている。言葉というものは全てを作る。言葉はまさしく神で、奇跡を起こす。過去に起こり、全て終わったことについて、僕たちが祈り、願い、希望を持つことも、言葉を用いるゆえに可能になる。過去について祈るとき、言葉は物語になる。”

    再読

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月20日

    冒頭の一節が美しすぎてなんだか打ちのめされるような思いがする。
    何度よんでも重さや温度が失われず、読むたびに胸がいっぱいになるような気持ちがする。書かれていることの意味がわかる気がするし、私はここに書かれていることを信じていると思う。なんだか尊い感じがして、こういう思いをずっと持っていたい、大切にし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月29日

    『愛は祈りだ。僕は祈る』
    『祈りは言葉でできている。言葉というものは全てをつくる。』

    まだほんの数ページを、本当は読んでいる様な状況じゃないのについ読んでしまって、でももう十二分に満足している。
    上の二行の部分を読めて、とても嬉しい。

    私は腐女子だ。言葉がすべてだ。言葉がなければ何もないのと同じ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月01日

    とにかく、すげーロックなんだよなぁーいいなぁー今の時代のロマンだなぁー詩人なんだよなぁー形をかえた詩人。気持ちいい!
    言い切り、確信、ガキ臭いけど、そういうものは、こういう形をとると思う。
    あまっちょろいロマンだけど、それを読みたい。
    あーメルヘン♪
    きっと小説ファンがふえる!だって一番この人がたの...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年05月03日

    愛の形についての本。変わった擬音、途中で小話を挟むなど舞城氏特有の技法も健在で楽しく読めた。特にミスターシスターの話が好きでどこかノスタルジックな気分にさせられた。世界の中心で愛を叫ぶのアンチテーゼと評価されていたが全くその通りであった。死んだからどうという訳ではなくただ僕は彼女を愛しているそれだけ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年10月11日

    14.09.05 再読

    文庫を購入したので再読。「ドリルホール〜」が入ってないのを買ってしまった。しょんぼり。

    タイトルと内容がこんなにピッタリな本はあまり無い。
    好き好き大好き超愛してるから悲しくて辛くて幸せなんだよ。

    08.09.30

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年07月12日

    『愛は祈りだ。僕は祈る。』

    『僕はだから、皆のために祈る。祈りはそのまま、愛なのだ。』

    『祈りは言葉でできている。言葉というものは全てをつくる。言葉はまさしく神で、奇跡を起こす。』

    『過去に起こり、全て終わったことについて、僕達が祈り、願い、希望を持つことも、言葉を用いるゆえに可能になる。過去...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています