阿修羅ガール(新潮文庫)

阿修羅ガール(新潮文庫)

作者名 :
通常価格 693円 (630円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

アイコは金田陽治への想いを抱えて少女的(ガーリッシュ)に悩んでいた。その間に街はカオスの大車輪! グルグル魔人は暴走してるし、同級生は誘拐されてるし、子供たちはアルマゲドンを始めてるし。世界は、そして私の恋はどうなっちゃうんだろう? 東京と魔界を彷徨いながら、アイコが見つけたものとは――。三島由紀夫賞受賞作。受賞記念として発表された短篇「川を泳いで渡る蛇」を併録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2021年09月24日
サイズ(目安)
4MB

関連タグ:

阿修羅ガール(新潮文庫) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年02月28日

    女性主人公が女性らしく強かに成長する話が好きな人におすすめ

    主人公のわざと悩みつつもそこで成長を感じさせるのが大好き。

    主人公の気持ちも行動も強く共感できるし、文章が文語体で読みやすく、勢いもある。
    何度読み返しても新しい発見があり、読む度に感動してる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年08月30日

    こわい、才能がすごい。文体をコントロールしながら、話をまとめる。らしさで芯が通っている。何度も読み返したいと思わないが、力を認めざるをえない。
    書きたいこと全部かかれたーさすがに同時代の作家だよね、でも第三章説教くさいし、まだまだ発展していく余地はあるはず。っていうか、まぁ、いいか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年03月21日

    自分てなんだろういいこと気持ちいいこと好きな人かっこいいことなんだろうっていくら探しても

    森の中藪の中ぐるぐる大魔神

    好きな人もタダ寝ただけの人も脳内彼氏も全部全部全部あたしがあたしがあたしが作ってる全部自分で。

    ダサいのもクドイのも可愛い♡のもすぐ諦めてダメなのも、

    全部あたしだ。

    って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月16日

    ★あらすじ★
     アイコは片思い中、でも他の男の子とやっちゃった、最低最低返して私の自尊心!その間街ではバラバラ殺人は起きるは同級生は誘拐されるは子ども達はアルマゲドンをやりはじめる始末。東京と魔界を彷徨い、妄想と現実を彷徨い、アイコが見つけるものとはーーー?

    感想
     若者の話し言葉がそのまま綴られ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月21日

    大変面白かったです。
    自分にとってはホラーでした。
    一般的なホラーではなく。
    自分のいちばん黒いところを、えぐられるような作品でした。
    こんな良作には、滅多に出会えないです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月22日

    最近の、林檎のと檸檬のがとても好きで
    舞城王太郎3冊目!
    最初の方はやっぱりこの人最強〜
    好きな作家発見〜って思ったけど、
    だんだん変な展開になり、、
    最初の感じで進んで欲しかったなぁーと思ったけど。。
    おもしろかった。
    他のも読んでみたい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年08月18日

    一度読むと、作者とは住んでる次元が違うのではないかとすら思えてくる。
    二度読むと、それが確信に変わる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月09日

    再読。
    パンチきいてる…。
    でも、すごく乗っ取られる。
    ノリというか。
    そしてなんだか次の日は元気に職場に行けたのです。
    愛だよって言いたいくらいの感じで。
    愛をもらったのかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年08月02日

    舞城節が唸りを上げてますね〜終盤まで何が何だか全然分からないんだけど、たくさん散らばる訳分からない荒唐無稽なピースを一気に収斂させてストンと落ち着かさせるのはほんとスゴイ。自分の存在とは…哲学的な問いかけに対して現代の女子高生の言葉や思考回路を通して語り上げるような舞城王太郎節…私は結構好きです。面...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年04月23日

    言ってることほとんどわかるわかるって感じでなんやら恥ずかしいんだけど、なによりその表現がめちゃんこ面白いな。
    しかし珍しく共感しきりと思ったら、架空のキャラクターとはいえそれがマイルドビッチな女子高生ってのはどうなの…

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング