「適菜収」おすすめ作品一覧

「適菜収」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:適菜収(テキナオサム)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1975年
  • 出身地:日本 / 山梨県
  • 職業:作家、哲学者

「てきな おさむ」と読む。早稲田大学卒。著書に『キリスト教は邪教です!』、『いたこニーチェ』、『脳内ニーチェ』などがある。哲学者。

作品一覧

2017/06/23更新

ユーザーレビュー

  • 脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克
    脳科学、社会科学、哲学の若手論客の鼎談をもとめた本です。
    序章 近代的人間観を捨てよ!
    第1章 ナショナリズム――なぜ快楽なのか
    第2章 国家と体制――なぜ自由は苦痛なのか
    第3章 ポピュリズム――なぜバカがはびこるのか
    第4章 暴力――なぜ人間は戦争をやめられないのか
    おわりに――近代を超えられる...続きを読む
  • 脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克
    近代的な思想、価値観を揺らがされること請け合いの一冊。対談者の思想の根底にあるのは近代への懐疑であり、基本的には保守的な立場から議論が展開される。西部邁や中野剛志の書籍に慣れ親しんだ者にとっては、議論の出発点だけをみれば既知の内容も多々ある。しかし、対談形式で話が脱線するが故に、思わぬ内容に触れるこ...続きを読む
  • 日本をダメにしたB層の研究
    チェック項目7箇所。【高校野球】児童虐待の一つ、給料を払わず、私学の宣伝などに利用する。【すっぴん】B級アイドルがブログに貼るもの、「素」を見せるのは素人。そんなにコスパが大事なら、熱効率のいいものだけを食べていればいい、コスパが一番いいのは、プロイラーの配合飼料でしょう。都合のいい情報をネットで集...続きを読む
  • 新編 はじめてのニーチェ
    実に読みやすくサラッと引き込まれました。適菜さんのキレのある文体のなせる技。
    イエスとキリスト教は無関係で、キリスト教が怨恨に基づいて世界の価値をひっくり返して世の中を支配してしまったということ。
    クリスチャンの私が、クリスチャンを観察していると、ドグマに追従することによって「キリスト教」を信じてい...続きを読む
  • ニーチェの警鐘 日本を蝕む「B層」の害毒
    思い当たる節があることが多い。なるほどマスコミの報道を鵜呑みにすることは危険だと思う。教養を身に付けるため古典に親しめ、と。ごもっとも。