新編 はじめてのニーチェ

新編 はじめてのニーチェ

作者名 :
通常価格 715円 (650円+税)
紙の本 [参考] 880円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

気鋭の哲学者・適菜収による、一番分かりやすい「ニーチェ入門書」である。ニーチェの代表作「アンチクリスト」を現代語にした「キリスト教は邪教です!」(講談社+α新書、20刷)の姉妹書となる。哲学や宗教についてまったく素養のない人でもすんなり読めて理解できる構成になっている。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 哲学・宗教・心理
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社+α新書
ページ数
176ページ
電子版発売日
2013年05月02日
紙の本の発売
2012年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

新編 はじめてのニーチェ のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2013年08月20日

    実に読みやすくサラッと引き込まれました。適菜さんのキレのある文体のなせる技。
    イエスとキリスト教は無関係で、キリスト教が怨恨に基づいて世界の価値をひっくり返して世の中を支配してしまったということ。
    クリスチャンの私が、クリスチャンを観察していると、ドグマに追従することによって「キリスト教」を信じてい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年01月08日

    哲学の本なのに、読んでいて難解な印象はまったくなかった。
    キリスト教への批判は、いままで読んだことがなかったので、とても新鮮だった。
    中学の公民で民主主義や平等は絶対的な善と教えられる。しかし、これはキリスト教、近代イデオロギーの洗脳の始まりなのかもしれない。
    それを教えている側も洗脳しているかもし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月08日

    1.ニーチェが生前ドイツで活躍した事実はない。
    2.ニーチェはすべての権威を否定きていない。
    3.ニーチェは相対主義者ではない。
    4.ニーチェは無神論者ではない。
    5.当時、神の権威を否定するのは命がけの行為ではなかった。
    6.ニーチェは社会的弱者を否定していない。
    7.ニーチェの概念は、後年のナチ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月16日

    ニーチェ、はじめてじゃないけど読んでみた。わかりやすい本。「人間が平等なわけないじゃないですか。」ニーチェの哲学に触れると、何かいつもスカッとする笑。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月05日

    いろいろいう人もいますが、ニーチェの主張は次の2点です。①神についての考え方が変更されたことにより、世界は歪められてしまっている。②我々の時代がロクでもないのはそれが原因である。 多くの人はひっくり返った視点で世界を見ている 爆弾を抱えて自爆してしまうテロリストがいます。彼らの頭の中では、自分の命よ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月31日

    ニーチェって面白いかもって素直に感じさせてくれるまさにニーチェ入門。ちょっと言葉の表現がきついところはあるが、それも著者のキャラのうち。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2014年07月18日

    ニーチェは今まで一冊も読んだことがなく、
    せいぜい引用をどこかでちょっと見て知っている位である。

    文章自体は平易で読みやすいし、書かれていること自体は分かる。
    でもニーチェのエッセンスが凝縮されすぎているのか、
    なかなか頭に入ってこなかった。
    ただ、この本を読んでニーチェを読んでみようと思った。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年07月26日

    超簡単なニーチェの入門書。
    キリスト教への批判、「神は死んだ」、権力への意思、永劫回帰などの思想のエッセンス、後世に伝わった誤解の理由などが、解りやすく書いてあります。
    ニーチェの思想は仏教文化圏の方が、受け入れやすい思想なのではないかと思いました。

    ただ、簡易すぎて値段と読み応えのバランスが少々...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年02月28日

    ニーチェの入門書です
    ニーチェの思想についてざっくりと読み進めることができます。ニーチェが何を問題として議論しているかも大変分かりやすいです。
    目次の引用です
    序章  目を覚まそう。洗脳を解こう!―ニーチェについて
    第1章 キリスト教は邪教です-歪められた「神」
    第2章 民主主義者はもうやめない?-...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています