脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克

脳・戦争・ナショナリズム 近代的人間観の超克

作者名 :
通常価格 800円 (税込)
紙の本 [参考] 831円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

痛快すぎる知的刺激! 「近代的人間観を捨てよ」

新進気鋭の論客たちが、脳科学実験の成果や古今東西の哲人・社会学者の知見などをもとに、われわれが囚われている近代的人間観を乗り越えることを試みる。「保守主義は危険」「ナショナリズムは悪」「改革は善」「人を見た目で判断してはいけない」……こうした思考は、すべて近代がもたらした迷妄にすぎない。

本書に「きれいごと」は一切ありません!

◎男は女より知能が高い個体が多いが、バカも多い
◎ナショナリズムが快楽なのは「内集団バイアス」が働くから
◎ドーパミンが多い民族は進取の気性に富むが、浮気も大いにする
◎「自由」は人間の脳にとっては苦痛である。国民主権も民主主義も、脳には合わないシステムだった
◎イスラム国が世界遺産を破壊するのは、聖的なシンボルを破壊すれば共同体が滅びるから
◎生物学的に女性のほうが「保守」の本質を深く理解している
◎世の中にバカがはびこるのは、「B層」よりも「A層」に責任がある
◎脳内物質オキシトシンは人類社会をまとめるが、戦争にも駆り立てる

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春新書
ページ数
240ページ
電子版発売日
2016年02月05日
紙の本の発売
2016年01月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年07月02日

脳科学、社会科学、哲学の若手論客の鼎談をもとめた本です。
序章 近代的人間観を捨てよ!
第1章 ナショナリズム――なぜ快楽なのか
第2章 国家と体制――なぜ自由は苦痛なのか
第3章 ポピュリズム――なぜバカがはびこるのか
第4章 暴力――なぜ人間は戦争をやめられないのか
おわりに――近代を超えられる...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年07月16日

近代的な思想、価値観を揺らがされること請け合いの一冊。対談者の思想の根底にあるのは近代への懐疑であり、基本的には保守的な立場から議論が展開される。西部邁や中野剛志の書籍に慣れ親しんだ者にとっては、議論の出発点だけをみれば既知の内容も多々ある。しかし、対談形式で話が脱線するが故に、思わぬ内容に触れるこ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年06月24日

攻撃性はアドレナリン。楽観性や浮気性はドーパミン。不安を感じやすいのはセロトニンを作れないから。親密さと戦争惹起はオキシトシン。脳内物質が原因ならば、遺伝が関わります。脳内物質を作る過程は遺伝子が関与しているそうです!

Mahalo

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月27日

有意差 釣鐘状 社会通念上 近代イデオロギーが生み出しているタブー そう、「私が言ってるんじゃなく、実験データが言ってるんだから」って開き直れる。それがサイエンスの魅力でもあると思います。 外見こそ情報のかたまりである 迷妄 人間の世界も、「他者のリソース(資源)を奪う」という点では攻撃性が持つ意味...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年10月26日

期待を持たせるタイトルで、若手論客白熱の討論10時間とのことだが、他人にたいする批判を3人で一緒になってしている感が強い。専門的な情報が披露され参考にはなるが、建設的な前向きの意見や示唆が少ない。異なった意見を戦わせて、議論を深めて欲しかった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています