「絲山秋子」おすすめ作品一覧

「絲山秋子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/05/19更新

ユーザーレビュー

  • 袋小路の男
     表題作の「袋小路の男」とそれに関連する「小田切孝の言い分」も普通に好きだけど、もう一つの短編「アーリオ オーリオ」がとても好き。いや、この本の話はみんな好き。

     私が惹かれる本は、登場人物の絶妙な距離感が描かれている本だと少しずつ気が付いた。表題作の話は恋人でもないし家族でもない。近くも遠くもな...続きを読む
  • ばかもの
     アル中ヒデの恋愛物語。これで終わってしまう人も中にはいるのだろうけど、どうしてだか、私の中ではこの本はそう簡単に終わらせることはできず、むしろずっと心に確かな余韻を残していった、好きな本になってしまった。

     額子に振られたのを境にヒデは徐々にアル中への道へと逸れていく。ヤマネも宗教の道へ。額子は...続きを読む
  • 離陸
    へぇ、絲山さんってこういうのも書くんだ、って感じの小説だった。ダム管理の現場から始まるから、らしいなって思ってたんだけど、読んでいくうちにミステリーのような、ファンタジーのような色合いが出てきてびっくりした。時空を超え、かつパリが舞台の一つになっていることから辻仁成の『永遠者』を思い起こさせるような...続きを読む
  • 沖で待つ
    自分が馬鹿だなーと思う事は同じ本を買う事。
    本屋に行くのは日曜日の夜。お酒も入り晩御飯の片づけを終えてふらりと散歩がてら一人で本屋に行く。勿論ほろ酔い気分でいい気分。そして同じ本を購入してしまいます。

    読みだして(;・∀・)ハッ?これ読んだ。と気づく。
    しかしこれ読みたかったんだよな~と思い、再読...続きを読む
  • 妻の超然
    楽しみ読み進めました。
    読みやすいのですが、「超然」というテーマに沿って書かれた短編という挑戦をしているのに、楽しみながら読み進めることができるもので、作家としてのチャレンジ精神にも感服します。
    文体がとてもリズミカルで読みやすいように感じるんですよね。毒もあるので読んでていてスッキリするんです!
    ...続きを読む