海の仙人

海の仙人

作者名 :
通常価格 407円 (370円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

宝くじに当った河野は会社を辞めて、碧い海が美しい敦賀に引越した。何もしないひっそりした生活。そこへ居候を志願する、役立たずの神様・ファンタジーが訪れて、奇妙な同居が始まる。孤独の殻にこもる河野には、二人の女性が想いを寄せていた。かりんはセックスレスの関係を受け容れ、元同僚の片桐は片想いを続けている。芥川賞作家が絶妙な語り口で描く、哀しく美しい孤独の三重奏。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
171ページ
電子版発売日
2012年04月13日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

海の仙人 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年02月26日

     主人公の不思議な生活ぶりが面白い。なんでよりにもよって山陰の薄暗い地域など好んで住むのか、海の近くなら静岡などの方がずっと暮らしよいと思うのだが、そうしたくなる気持ちが読み進めると理解できる。セックスレスでありながら女性を求めるのは相手に対してひどいのではないか、しかしそうなってしまうのも仕方がな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月22日

    その名もファンタジーて。ってとりあえず突っ込みたくなる本作。そのファンタジーをネタにした軽い笑いも要所要所にちりばめつつ、圧倒的リーダビリティで物語は進む。健康的に登場した彼女が、気が付けば不治の病に侵されたりとか、主人公が盲目になったりとか、展開の速さにも驚かされるんだけど、それが無理なく話の中に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年10月02日

    日常を生きるなかで、こういう読み物が連れて行ってくれる世界がどれだけ潤いになっているか。
    あらためて感じさせられた。

    自分が読んだ本を人に薦める人がいる。今までは自分はあぁはならないぞと思っていたけど、汲々とした時を過ごしている人には何よりも、こういう世界に連れて行きたくなる。 だから、今は人に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月24日

    宝くじを当てて敦賀の海辺に移り住んだ河野。自身のことを役立たずの神様と呼ぶファンタジー。岐阜から遊びに来たかりん。河野の元同僚の片桐。どれも魅力的なキャラクターで、それぞれの道をのびのびと歩んでいるの感じがとてもよかった。
    あらすじだけ読んだときは変な名前の神様が出てくるし、それこそファンタジー小説...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年07月24日

    このお話に出てくる人はみんなそれぞれ孤独なんだけど、それは自分が選択した孤独で、そのことを自分でちゃんと分かっている。孤独に対する責任感みたいなものもあって、作者の人間性?とか考え方が出てるなと思った。はじめて読んだけど、絲山さんを好きになったし作品をもっと読みたい。一番好きな登場人物は片桐だけど、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年12月16日

    波間にいるような、砂地に足を囚われているかのような……。とてもたおやかで寂しくてりんと強い。
    過去に向き合おうとしても簡単に乗り越えさせてはくれない、悲しみは次々と自らを襲う。人は皆、自らに降りかかる孤独からは逃れられない。
    ただわたし達はわたし達として生きていくしかないのだな、と静かに淡々と突きつ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年03月16日

    数ある絲山秋子さんの名作の中でも一、二を争う名作ではないでしょうか?物語中盤、日本海沿いにファンタジーと元同僚の女性とのドライブ旅の情景が特に好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年08月21日

    リアルと不思議に浸った本。
    ちゃんと自分を律する大人たちの、安らぎと悲しみと愛情。
    とても丁寧な思いやりと、心地よい距離。
    素敵な風景が豊かな表現でいつまでも読み続けたい気持ちになりました。

    もっと分厚いページにしてほしかった。
    せめて、あと1ページほしい。
    それもファンタジーということか。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月23日

    美しい孤独を抱えているからこそ、他人を尊重することができる。
    繋がりに依存するだけではひとりよがりになったり、相手の重荷になったりするけれど、人はまず誰しも孤独であることを受け入れて他人に接すると関係性はまた変わっていく。
    一緒にいても眠りに落ちるときは孤独。
    過去がなくても誰かと繋がることはできる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月18日

    恋愛、結婚、友情、生活、出世、家族、人間って色々な悩みや楽しみの中にも沢山の孤独を背負って生きているんだなって深く感じさせられた一冊でした。

    東京でサラリーマンをしている主人公は宝くじが当たって福井の敦賀で自由で孤独な仙人の様な暮しを続けていたある日に"ファンタジー"と言う不思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています