妻の超然

妻の超然

作者名 :
通常価格 583円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

結婚して十年。夫婦関係はとうに冷めていた。夫の浮気に気づいても理津子は超然としていられるはずだった(「妻の超然」)。九州男児なのに下戸の僕は、NPO活動を強要する酒好きの彼女に罵倒される(「下戸の超然」)。腫瘍手術を控えた女性作家の胸をよぎる自らの来歴。「文学の終焉」を予兆する凶悪な問題作(「作家の超然」)。三つの都市を舞台に「超然」とは何かを問う傑作中編集。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
ページ数
258ページ
電子版発売日
2013年04月12日
コンテンツ形式
XMDF

Posted by ブクログ 2017年01月16日

楽しみ読み進めました。
読みやすいのですが、「超然」というテーマに沿って書かれた短編という挑戦をしているのに、楽しみながら読み進めることができるもので、作家としてのチャレンジ精神にも感服します。
文体がとてもリズミカルで読みやすいように感じるんですよね。毒もあるので読んでていてスッキリするんです!
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年02月10日

2016年、11冊目です。

絲山秋子の小説です。
彼女の作品は、過去「沖でまつ」「逃亡くそたわけ」などを読みました。
我々のそぐそばにある日常を舞台に、僅かに周りの人との間にある齟齬が、
歩む道筋に大きな影響を与えていく。でもそこでたどり着いた先は、
渇して無意味なものでなく、少し心が軽くなる着地...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年02月26日

 『妻の超然』『下戸の超然』『作家の超然』の三作品が収録されている。
 表題作の『妻の超然』は多少ユーモラスながら、最も近い他人である夫との距離のあるコミュニケーションと、つかず離れずの友人、そして敬愛する料理の先生との部分的な共有を持った関わりを三人称で描く。『下戸の超然』は酒の呑めない男性の一人...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月21日

再読
夫の浮気に気づいても超然としていられるはずだった「妻の超然」
下戸の僕はNPO活動を酒好きの彼女に強要される「下戸の超然」
腫瘍手術を控えた女性作家の胸をよぎる自らの来歴「作家の超然」
傑作中編集

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年11月17日

超然という意味を知らずに、ばかものがおもしろかったので読みました。
それぞれの超然とする様はみっとも無いような、意地っ張りのような居心地の悪さがとても読みやすかったです。

伝わるとすればせいぜいそれは愛想だろう。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play