「樋口明雄」おすすめ作品一覧

「樋口明雄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/01/09更新

ユーザーレビュー

  • 南アルプス山岳救助隊K-9 クリムゾンの疾走
    樋口明雄『クリムゾンの疾走 南アルプス山岳救助隊K-9』徳間文庫。

    文庫書き下ろしシリーズ最新刊。何時ものように南アルプスから物語は始まるが、序盤を過ぎると驚愕のハードな展開が待っていた。そもそもタイトルの『クリムゾン』とは何だ、何だと、気になりながらの予想外のハードアクションな展開に一気読み。
    ...続きを読む
  • 許されざるもの
    あの大傑作冒険小説『約束の地』の続編であるのだが、読んでみると、全く違う趣の作品であることに驚いた。決して『約束の地』より劣っている訳ではなく、十二分に面白いのだが、明らかに物語の持つ雰囲気が違うのだ。『約束の地』が、ゴツゴツした男の冒険小説なら、本作は女性らしい冒険小説である。

    主人公は前作と同...続きを読む
  • オン・ザ・ロード
    愛犬の一周忌が近づいてなんだか「犬本」ばかりが目につきしんみりし過ぎてしまったので、ガラッと気分を変えようと、樋口明雄のサスペンス・ロードノベルを。
    …ところが…
    健気なワンコが主要登場人物?のひとりではないか!
    しかも、あの子と同じ名前!
    間違いなく偶然なんだけれど、もう泣くしかないじゃないか!
    ...続きを読む
  • 約束の地(下)
    スペンサーシリーズに同名の作品があるが、全く別物。
    本作は八が岳や南アルプスの自然を舞台に、環境と獣害問題をテーマにした家族小説。

    とにかく、やたらとテーマを盛り込んでくる。狩猟の問題、獣害からのモンスター、食物連鎖、地方行政の怠慢、環境汚染、いじめ、またぎの老齢化、気候変動…こんなに盛り込んでど...続きを読む
  • オン・ザ・ロード
    文庫書き下ろしピカレスク冒険小説。久しぶりに手に汗握り、血湧き肉躍るような物語に出逢った。登場人物の背景と人物造形、巧みなストーリー展開、そして、爽やかなラストと、非常に面白い作品だった。

    東日本大震災の津波被害で家族を失い、死に場所を求めて流離う元刑事の村越謙作は、冬の長野の山中で中国人女性の張...続きを読む