約束の地(上)

約束の地(上)

作者名 :
通常価格 770円 (700円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

環境省技官の七倉航は、野生鳥獣保全管理センターの八ヶ岳支所に赴任してきた。昔気質の猟師や急進的な動物愛護団体との軋轢、娘・羽純への苛め……。七倉の悩みは尽きない。さらに、老夫婦が野生動物に襲われ死傷。地元猟師が巨大獣に食い殺される事件が! “稲妻”と呼ばれる巨グマの仕業なのか? だが、そこには、稲妻さえもが懼れる怪物の痕跡があった……。

ジャンル
出版社
光文社
掲載誌・レーベル
光文社文庫
電子版発売日
2014年07月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

    Posted by ブクログ 2017年12月06日

    地球温暖化は、様々な方面に影響を及ぼしている。
    それに加えての乱開発と公害。
    さらに日本では、林業の人手不足による放置林の拡大、高齢化による里山の荒廃などから、農業への被害が拡大している。その一典型が、里山への野生鳥獣の進出。
    そんな現状に、著者が問いかける「いますべての日本人に読んでみていただきた...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月08日

    あまり普段の生活では近くに感じない獣害の話。鳥獣保護官、聞きなれない職業だけれども大変です。保護と駆除、相反するところが難しいところです。
    最後、ミステリーの要素が出てきたので、
    下巻にでどのような展開をするのかが楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年10月22日

    初めての作者ですが、熊ものっぽかったのでこりゃ見逃せないなと。まだ上巻ですが、熊だけではなくかなり壮大に展開しそうです。下巻に期待!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年02月07日

    久しぶりの自然系。単純なクマ倒しの話かとおもいきや、人食いイノシシでてくるわ、人が殺されて?ミステリーだわ、娘はイジメにあうわ、新種の寄生虫がでてくるわ、とにかく収拾つかない!
    後巻を待て!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年11月19日

    序章からの展開に引き込まれつつ、問題提起は興味深く社会性も高い。「甲斐駒ヶ岳しんどかったなぁ」と、とても美しく険しい南アルプスの山々が思い出される描写にも感嘆。さぁ、どうなる下巻!!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月07日

    山から人を襲いにというと熊を想像するけど、熊を超える怪物が登場、しかもその野生生物は…山の自然を守ろうという人達と、お役所でなく既得権益を守ろうとする猟友会というのがなぁ。まぁ、そんな人達が銃を持っているというのはある意味危なすぎます。主人公の前に問題が山積み過ぎて、解決が出来るのか少し心配になりま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~2巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~2件目 / 2件
  • 約束の地(上)
    770円(税込)
    環境省技官の七倉航は、野生鳥獣保全管理センターの八ヶ岳支所に赴任してきた。昔気質の猟師や急進的な動物愛護団体との軋轢、娘・羽純への苛め……。七倉の悩みは尽きない。さらに、老夫婦が野生動物に襲われ死傷。地元猟師が巨大獣に食い殺される事件が! “稲妻”と呼ばれる巨グマの仕業なのか? だが、そこには、稲妻さえもが懼れる怪物の痕跡があった……。
  • 約束の地(下)
    770円(税込)
    野生獣たちは、躰の中から蝕まれていた。見えなくなる目、口から毛穴から噴き出す血……。山に投棄された大量の廃棄物によって汚染された水、そこから生まれた新種の寄生虫が、彼らの体内を喰い荒らしていたのだ。山の怒りを体現した野獣が、悪鬼のように荒れ狂う――。彼らに死を突きつける資格が人間にあるのか? 人と自然の真の共生を問う著者渾身の傑作!

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています