【感想・ネタバレ】空挺ドラゴンズ(1) のレビュー

書店員のおすすめ

ナウシカ+ラピュタ+ダンジョン飯…?
龍を獲り、その肉や油を売って生活する龍(おろち)捕りの人々の話。
異世界グルメものとしてのキャッチーさもありますが、それ以上に、世界観が素晴らしい。
ファンタジーとしてのリアルがしっかりと描かれているので、ためらいなくお話に飛び込んでいけます。
空飛ぶ捕龍船『クイン・ザザ』での生活風景が、またいいんです。読んでいると、幼い頃に抱いた冒険へのワクワク感や、憧れがよみがえってくるんです。
龍捕りの名手で変人のミカや、新人のタキタなど、個性あふれるキャラクターたちも魅力。生き物を殺すことに対する悩みや葛藤なども描かれていて、それがこの作品に奥行きを与えています。
もちろん、美味しそうな料理描写もたくさん!なぜか鯨カツが食べたくなります。
龍は強く大きく、襲われれば小さな街などひとたまりもありません。そんな龍を相手に戦う人々の勇気としたたかさに、思わず拍手を送りたくなる作品です。

ユーザーレビュー

購入済み

色々思うことはあるが…

ぱんがいあ 2017年02月23日

まず間違いなく面白い。
「ナウシカ」や「ラピュタ」のような世界観と「ダンジョン飯」のような生活感とでも言えば近いか?

最近作の割に、見開きのスキャンの処理が良くないな。

続巻もまず間違いなく買うだろうと思う。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

もぐ蔵 2020年01月09日

思っていた龍とはちょっと違ったがジロー?の会いたかった光龍に会えたシーンが良かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月24日

【あらすじ】
龍を追って、世界の空を往く捕龍船『クィン・ザザ号』。大物を捕まえれば一獲千金、獲りたての肉も食べ放題。でも、失敗したらもちろんお陀仏。空と龍に魅せられた乗組員たちの大冒険の旅&世界グルメ紀行!

【感想】

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月30日

飛行船にのって世界を回り、ドラゴンを狩って生計をたてる集団のおはなし。
ちょっとナウシカを彷彿させる表紙だけあって、本格ファンタジーものかなと思いきや、それプラスグルメ要素も!
雰囲気がすごく良いです。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

(匿名) 2020年01月20日

多くの方達が、ナウシカ×ラピュタ×ダンジョン飯と書かれているが、まさにその通り。龍を追って飛行船で世界を旅する乗組員達の群像劇。主要キャラクター以外にも魅力的なキャラクターがたくさん出てきます。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

ジブリっぽい

ひろみ 2019年11月27日

かなりジブリっぽい。
別世界の日常を描いていて、世界感もジブリっぽい感じがします。
お料理の作り方はなかなか細かく描かれています。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月15日

本屋を巡っているとだいぶ騒がれている感があり、気になっていた作品。幻獣好きにはたまらない。
「ラピュタじゃねーか」と思う。だがそれがいい。ラピュタ、ナウシカ好きな人はぞくぞくするのでは。また、ドラゴン?と思うが、世界観、登場人物好感が持てて楽しく読む。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年07月09日

ナウシカ×ダンジョン飯って皆さん書かれていますけど、まさにその通り。でもこういう雰囲気の漫画好きです。

ドラゴンを捕獲して喰らう、ということを目的としているけど、想像以上に世界が広がっていました。

主人公のミカのぶれないキャラや、新人の女の子タキタも可愛い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月07日

異世界グルメ系の流行りに乗っかった感じは否めないが、グルメへの配分がそれほどでもないので差別化はできているかもと偉そうにのたまう。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

画力あり。独創的な龍

エドガー 2018年08月02日

龍を狩って、その肉を食べたり、油を搾って売ったり、竜の狩人を描いた話。今後、作品世界の中でどうやって竜とそれを狩って生活する人のディティールを描くのか期待です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年03月21日

書店さんの紹介にも他のレビュワーさんの感想にもある通り、ナウシカでラピュタでダンジョン飯。ただ誤解の無いように言うと、パクりではなくリスペクトっつーか、それらを古典として消化して、魅力ある新しい作品に昇華してます。一癖も二癖もあるメンバーの過去も気になるところ。
ただ、龍料理のレシピはマジ要らん。私...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月11日

積んでましたけど、新刊出てたのを購入したので、一気読み。最近流行ってるのかな、空想の生き物のグルメ漫画。いやあ、好きです。こう言う世界観。
主人公たちは、捕龍船で龍をあっちこっち追いかけながら、捕獲して、さばいて、肉や油などを売って歩いている一団で、その船上での生活というか、日常的なことを、各キャラ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年05月09日

空飛ぶ龍を獲って生活する「龍捕り(おろちとり)」の飛行船クィン・ザザ号。彼らの日常と龍グルメのファンタジー漫画。

スチーム・パンクっぽさが気になったので、買ってみました。申し訳ないけど、龍グルメは興味なし。
龍といえど、一般的にイメージする竜やドラゴンよりも、空飛ぶクリーチャー一般を称して龍なんで...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月18日

本屋の試し読みで見て、絵が好きな感じだったので購入。
ラピュタやナウシカ好きには堪らない世界観。
まだ1巻なので、これからどう展開していくか楽しみではあるけど、何だかあまり広がらない様な不安も拭えない、、、

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年11月09日

面白いんだけど、同じネタで好きな小説(大西科学 著)が有るから、本歌取感してもったいない。しかも、モンスター食う系はあざとすぎる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月16日

ドラゴンを追って世界中の空を旅する捕龍船の物語。
捕龍のイメージは捕鯨。龍は食用の他、皮を取ったり、油を取ったりできる。銛を打つイメージも捕鯨。
龍を食べるという点では、久井諒子「竜の学校は山の上」(イーストプレス,2011)が先行。架空世界、架空動物のグルメ漫画としても、久井諒子「ダンジョン飯」(...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?