【感想・ネタバレ】QED 東照宮の怨のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2014年09月29日

『俺たちは皆、籠の中の鳥にすぎないよ。『今、生きている時代』という籠の、ね。

現在という力場からは、どうしたって逃れようもないんだ。そして現在は、過去から未来への流れの一部分だ。

縛られたくなくても、知らず知らずのうちにきちんと縛り付けられている。色々な、呪いによってね。ただ、それに気づいている...続きを読むかいないかの違いだけだよ。』

QEDシリーズ、やっぱ面白いなぁ。
トンデモミステリで動機のぶっとんでる度合いははんぱないけど、歴史と現在の事件がうまく繋がっていて、謎解きも素晴らしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月21日

例によって小松崎良平によって持ち込まれた事件に祟くん、奈々ちゃんが巻き込まれていく。話の本筋とは別に奈々ちゃんと祟くんのこれからの関係も気になるところ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

殺人事件なんかどうでもよくなるくらい東照宮の「謎」が凄かったです。圧巻でした。今まで疑問に思っていたことが全部説明されて、なんだかすっきりした気分です。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

この著者の本は初めて読んだのだが、まず一言びっくりした。あれがこうだからこうなって・・・。その連続で、自分の頭を整理するのが大変だった。日本史にまったくもって興味がなかったが、これを期に勉強したいという気にさせてくれた。教科書よりも面白いかも。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年04月19日

学校薬剤師会の親睦会への参加を外嶋から強要された奈々は日光へ赴いていた。そこで崇と小松崎に偶然遭遇する。三十六歌仙絵巻盗難と殺人事件とかごめは崇の守備範囲だと豪語する小松崎に苦笑しつつ奈々は再び東照宮を見物する羽目となる。
小松崎より有無を言わさず事件の全容を聞かされる奈々と崇。それは先日起きた二子...続きを読む玉川の事件だった。

八重垣リゾートの社長・八重垣俊介は寝室で何者かによって手足を不完全に切り落とされたまま第一発見者の妻に「かごめ」という不可解なメッセージを残して絶命する。傍らの金庫はこじ開けた形跡無く、中に入っていた三十六歌仙絵巻が無くなっていた。
そして第二の殺人が起こる。それは三十六歌仙絵巻を所有する花坊才蔵。彼は文字通り手足を切られバラバラにされていた。



犯人は意外な人物なので読み解きたい方は心してトライしてください。
という感じで事件の方も楽しめますが、この作品は何と言っても東照宮の謎。
面白いを通り過ぎて凄いとしか言い様が無い。
歴史ミステリー好きの方は是非読んで頂きたいですね。かごめの歌もこれに掛けて読み解いてます。歴史に埋もれてるので、正しい正しくないの判断はできませんが、こういう推論がたつという面白さに酔って下さい。大いに酔えます。
このシリーズでは今のところこの作品がイチオシ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月12日

QED-4。日光東照宮と三十六歌仙絵。
三十六歌仙絵の押入強盗殺人。いりくんだ人間関係。


C0193

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2015年12月16日

東照宮に展示されている三十六歌仙絵の歌が通常の物と異なるというタタルの発見から物語が始まるので、今回も和歌にまつわる話になるのかと思いましたが、メインの謎はタイトルどおり日光東照宮についてでした。
天海僧正が京都を模したり風水や陰陽道に基づき寺社を配置して徳川の時代が長く繁栄する様に江戸の町を設計し...続きを読むたという話は聞いたことがありましたが、その要となる東照宮を脇役に据える様な仕掛けとしていたなんて、その発想のスケールの大きさに圧倒されました。
こんな謎の前には殺人事件さえ瑣末に思えます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年02月05日

1ページ目を読んだ時点で再読と気付く。
しかし内容が濃いのでより理解度が深まりました。
おもしろかったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月19日

今回は蘊蓄がバランスよく盛り込まれていて、読みやすかったように思います。毎回の事ながら行ってみたくなりますね。話の中心は自分にとって大事に思うものは必ずしも他人も同じように思うとは限らない。今回の犯人はタタルくん並に土地の歴史を重んじるひとだった為に、分断される事に耐えられず次々と関連したひとを殺し...続きを読むていく。正直その気持ちは理解出来ませんが、もし今回うまくいったとして一旦流れても、分断する話はまた今後あるかと思うのですがそのたびに殺すつもりだったんでしょうか、うーん。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月05日

日光東照宮へ旅行に行くときは本作を復習しております(笑)
新たな発見もあり、楽しいのです。
最近、QEDの使い方が旅ガイドになってきてるな(笑)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年05月26日

神社と神宮の違いを初めて知った。

今までで一番蘊蓄と事件とのリンクがうまくいっているのではないかと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月11日

一瞬「狂っている」と思った犯人の動機ですが、現代に生きる我々が行動する基準も似たり寄ったりなのかもしれません。日光に行く楽しみが増えました。秋頃に行ってみよう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年01月18日

巨大な謎の複合体(コンプレックス) 東照宮に挑む、桑原崇
「三十六歌仙絵」を狙った連続強盗殺人事件が発生。不可解な事件の手がかりは意外にも日光東照宮にあった。「陽明門」「山王権現」「三猿」「北極星」「薬師如来」「摩多羅神(またらじん)」「北斗七星」。桑原崇が東照宮に鏤められた謎を解き明かした時、天海...続きを読む僧正が仕掛けた巨大な「深秘(じんぴ)」が時空を超えて浮かび上がる。好調シリーズ第4弾!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

高田さんの話を読んでると、身の周りにあって目に留めてない事柄を、もう一度しっかり見つめてみようって気にさせられる。
人文・歴史系の本が読みたくなる。うずうず。

犯人の動機が一般的じゃないのも、この作品の特徴だよね。
それはそれで良いと思ってます。
動機を汎用性の高いものにすることが、事実に繋がると...続きを読むは限らないから。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月24日

読書録「QED東照宮の怨」3

著者 高田崇史
出版 講談社文庫

p246より引用
“ 色々な知識は、持っているに越したこと
はないが、持っているからといって、それ以
上先に進まなければ、何の意味もない。自分
が、辞典やCD-ROMになるのではなく、それを
活用してこそ、その人間にも資料にも、初め...続きを読む
て価値が出てくるのだから。”

目次より抜粋引用
“阿形
 其の市
 其の爾
 其の惨
 其の死”

 博学な変人薬剤師とその後輩を主人公とし
た、長編ミステリ小説。同社刊行作文庫版。
シリーズ第四弾。
 忙しい夏場を乗り切り、少し落ち着いて薬
局の仕事に励む主人公・棚旗奈々。次に来る
風邪のシーズンに備え、気持ちを整えている
時期のはずが、人の入れ換わりが起こり…。

 上記の引用は、日光東照宮についての主人
公・桑原の説明を受けた、棚橋奈々の胸の内。
活用できる知識を持って何かを成すのは、大
事な事なのでしょう。しかし、何の役にも立
たない知識が増えることに喜びを覚えるのも
人の営みらしいですから、隣に居たら便利な
辞書のような人になるのも、面白いかもしれ
ません。ネットで検索する時代になって、も
う必要ともされないのかもしれませんが。
 歴史上の出来事とそこに隠された人の思惑、
それが回り巡って現代で事件となる。ミステ
リ好きでなくても面白いシリーズではないで
しょうか。

ーーーーー

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月17日

東照宮に行く前にこの物語に出会っていたらもっと違う視点で見ることが出来ただろう。
何気なく観光していたけれど、東照宮には観光案内に載っていない見所がこんなにもあったとは!!
東照宮にまつわるタタルの話は本当に面白かった。
たとえそれが、学問的には「そういう見方も出来ないことはないよね」などと言われる...続きを読むようなものであったとしても、東照宮に対する認識を変えるだけの内容だった。
QEDシリーズはミステリーとしての謎解きよりも、タタルの語る「うんちく」目当てに読んでいるようなところがある。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年07月29日

東照宮をからめた天海の壮大すぎる仕掛けは、
シリーズ特有の大胆さとトンデモさがありつつ
面白いし知識が乏しい私にとっては
突っ込みどころもなく楽しめたんだけど…。

ミステリと歴史の謎、
今までの同シリーズほどしっくり絡みあってる印象がなくて
妙に事件が淡泊に感じてしまった。
淡泊…ちょっと違うかも...続きを読む
全然感情的に理解のできないドラマに思ってしまった。
(それは作中の登場人物らも同じだったけど)

トリックもさして驚くべき内容がなかったのも
物足りなさの原因かもしれない。


ともあれ、これを読むと無性に観光にいきたくなる!
そういう意味で歴史エンタメ物としては推したいところ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年06月24日

蘊蓄長いのと、犯罪の動機があまり馴染まない、そういう人もいるってのはわかるし、それによってこんなことをするのもわかるけど、あんまり小説の犯罪の理由としてしっくりこないので、こんなものかな、と。

蘊蓄はかなり読み飛ばした。が、ちゃんと流れをつかめる程度には理解した。世界遺産に登録されるだけのことある...続きを読むわ、東照宮、と思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年10月07日

まてしても仕事を押しつけられて行った先で
ばったりと出会った、いつもの2人。
なぜこんな所にいるかといえば、またいつもの理由。

豆知識として、神社と大杜と神宮の違いが分かりました。
後は宮、がついた所の例外が2つしかない、という事。
その片方が、今回の副題になっている東照宮。
しかし、実際の所とし...続きを読むて、どんな所かさっぱり…w

今回の犯人は驚きの! という感じがありましたが
それよりも動きが驚きです。
まぁ本人にとっては大事な事です。
他者には理解できなくとも、本人の意志が一番ですから。

今回の話は苦手な方でした。
和歌が駄目なのか、その時代が駄目なのか
さっぱり分かりませんが。

しかし大事な人のポジションにいたはずなのに
教えて貰ってないんだな、と思いましたが
そういえば最初の方に家族の秘密、みたいな事が。
本文中にも、言う事でもない、な文章があった気がします。
おかげで無事でしたし、結果良ければすべてよし?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月28日

再読。事件解明の展開より、日光東照宮の謎解明の壮大な展開の方に驚かされる。タイムリーな会津の歴史も顔を出していたのは再読の儲けもの。
次はどんな歴史の謎を解いてくれるのか楽しみになるシリーズ。

このレビューは参考になりましたか?