【感想・ネタバレ】QED 六歌仙の暗号のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2014年09月20日

いやー、面白い。
日本史に疎いゆえに、理解力は低いけれど
それでも面白かった。
よもや、六歌仙と七福神にこんな繋がりを見出すなんて。
読んでてドキドキしました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年08月31日

QEDシリーズ2作目

六歌仙の暗号とあるのに、七福神の話から始まったので、「??」と思っていましたが、読み終わるとこのタイトルで納得です。

六歌仙と七福神についての話はすごく面白かったです!
2つがきれいに繋がるところが壮大で、夢中で読みました!!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2012年01月30日

シリーズ中で個人的に一番好きな話であり、QEDシリーズを人に勧める際に一番最初に読ませるのがこの「六歌仙〜」である。○○に見せかけて実は・・・といった仕掛けの施し方は、後の東照宮〜にも通じる。乳鉢を使う上で常識の話も化学関係者には心当たりがあるはず。オススメ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年08月21日

桑原崇、棚旗奈々らの母校 明邦大学にまつわる事件を民俗学・薬学の知識をフルにつかって解き明かしていく。崇はやはり祟くんの方がしっくりとくるなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年12月28日

QEDシリーズの2作目。

実は高田氏の作品初読破がこの本。
六歌仙と七福神との関係を解いた、面白い内容でした。

これを読んだ後に1作目の百人一首を読んだのだけど、やっぱり初めて読んだ衝撃は忘れられないなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月22日

読書録「QED六歌仙の暗号」4

著者 高田崇史
出版 講談社文庫

p295より引用
“「今、説明したばかりじゃないか。きみは
すぐに前後・左右・黒白と分けようとする。
世界はもっと混沌として存在しているんだ。
何故、漢方と近代医学を分ける必要があるん
だ?同じ人間の体についてのことじゃないか。
...続きを読む俺は両方信じているし、同時に両方信じてい
ない」”

目次より抜粋引用
“一諾千金
 二仏中間
 三界諸天
 四方四仏
 五里霧中”

 博学な変人薬剤師とその後輩を主人公とし
た、長編ミステリ小説。同社刊行作文庫版。
シリーズ第二弾。
 ひどい花粉症を口実に、京都への出張を上
司から押し付けられた主人公・棚旗奈々。も
う一人の主人公・桑原とも京都で合流するこ
ととなり、もやもやと考えを巡らせていると
き、大学の後輩から電話がかかってきた…。

 上記の引用は、世の中にある区別について
の桑原の台詞。
良いか悪いか二つに一つで判断できるなら、
悪い方を排除するだけで物事は良くなるので
しょうが…。なかなかそんなに簡単にはいき
ませんね。少しずつ様子を見ながら、うまく
バランスを取れるようになりたいものです。
 身近に昔からある縁起物の神様と歴史上の
出来事が、糸をより合わせるように絡みなが
ら、綺麗に結末へと向かっていきます。
日本史と古典をしっかりと学んできた人ほど、
より面白さを味わえる作品ではないでしょう
か。

ーーーーー

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年02月07日

QED-2。
/七福神と六歌仙のなぞ。七福神を調べたことで死がまっている。
どちらともさして興味はなかったけれど読むとおもしろい。ミステリーの推理より歴史のほうが印象深い。
C0193

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月21日

好みにドンピシャでした!
前作の百人一首も好きでしたが、今回は七福神、六歌仙と、よりわかりやすいしインパクトが大きいネタで、すごく興味深かったです。

平安の歴史にものすごく興味をひかれます

事件は、ほとんどおまけみたいな感じですが

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年05月05日

面白いのか。そう問われると微妙な気もするが、知的好奇心を多々満たされる。ミステリーとしてのストーリーより七福神と六歌仙から導かれる日本の歴史がとても興味深くて面白い。
本来ならば古今和歌集を片手に読み進めたいところだ。それができない時間的・精神的余裕が無いことが非常に残念。

さて、ミステリーとして...続きを読むのラストは不満が残る。専門用語で言うならば、なんだかなぁ。である。やはり歴史ミステリーに力が行ってしまったため、彼女らの運命は救われなかったのかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月02日

わが庵は都のたつみしかぞ住む世をうぢ山と人はいふなり
  喜撰法師

 現代短歌は「交通標語」のような歌ばかりで、平安期の在原業平らが見たら「こんなものは和歌ではない」と言うだろう―主人公がそんな辛口批評を投げつけるのは、高田崇史「QED(=証明終わり)」シリーズ二作目、「六歌仙の暗号」だ。
 小説...続きを読む冒頭で、民俗学を学ぶ女子学生が「七福神」を卒業論文のテーマに選ぶ。だが、彼女の大学ではそのテーマは禁止だった。禁止の理由が明かされぬまま、薬学部の教授が実験室で突然死してしまう。さらに助手も刺殺され、残されたのは血文字のメッセージ。連続怪死事件の謎を解くべく、同大OBの薬剤師桑原崇が登場。京都をドライブしながら、事件と七福神、そして「六歌仙」の謎解きが進められていく。
 宝船に乗った七福神と、古今和歌集の六歌仙。まるで接点のなさそうな両者だが、桑原は鮮やかに結び付けていき、目が覚めるような展開だ。言霊の時代であった平安期、和歌は事象をありのままに歌うということはなく、言葉の持つさまざまな力を信じていたことが再確認される。
 掲出歌は、百人一首にも採られた著名な歌。「都のたつみ」とは、平安京の巽【たつみ】の方角で、東南を意味する。本書では「しか」に「鹿」の漢字をあてて新解釈がなされ、それも読みどころの一つだ。
 薬剤師の免許を持つ作者だけに、薬学の知識が巧みに織り込まれ、さらにカクテルのうんちくなど、雑学好きな読者を喜ばせる仕掛けもあちこちにある。一作目の「百人一首の呪」も併せて読むことをおすすめしたい。

(2013年6月2日掲載)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月07日

再読。やや強引さを感じつつも六歌仙と七福神の謎解きは面白かった。和歌の奥深さが新鮮。詠み人や編纂人の歩んだ人生から隠された意図を探る解釈もできるのかと歴史のロマンを感じる。
事件の行方も謎解きもインパクトあり。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年03月29日

現代人には理解できない昔人の思想、そして歴史というものが垣間見えます。七福神・六歌仙・そして平安の人の生き方などに興味を持ちました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年12月12日

QEDシリーズ2作目。今回のテーマは六歌仙と七福神の関係について。
1作目の百人一首より今回の方が分かりやすくて面白かった。まぁ、1作目を読んで予備知識が頭にある程度入っていたからかもしれないけれど。本来のミステリより、薀蓄の方に相当ページ数が割かれており、このジャンルが苦手な人には不向きかもしれな...続きを読むいが、私は大好物なので、意外な2つの関係に興味津々、楽しく読めた。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月28日

七福神の謎と殺人事件を組み合わせて話を盛り上げているのは面白いが、薀蓄部分の妥当性が良くわからない。本当かなあと思うことが多くていまいちのめり込めなかった。ミステリ部分の決着のつけ方も納得がいかないが、意外性ではピカイチだと思う。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年11月14日

前作よりも、勢いで書いた感じは減少したような。

何となく、崇に愛着が湧いてきた。
崇の突拍子もないぶっ飛んだ説明にも頑張ってついていこうというガッツは確実に生まれてきた。

最後に、しづさんと崇、奈々、貴子でしとどる雨の音の中で静かに語った真相解明は凄く好きな雰囲気だった。 小松崎たちが追ってい...続きを読むる方が疾走感において勝っていることを鑑みると対比の妙とでもいおうか。素晴らしかった。

和歌の羅列に慣れてきた。
前作ほど苦にならなかった。今回の薀蓄トリックには首肯できる部分も多くて助かった。 前作苦労して読み込んだ甲斐あった!

六歌仙と七福神のパズルには本当に舌を巻いた。
この歴史パズルこそが高田崇史の本領発揮。 読者も作者も軌道に乗ってきたのではないか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年04月19日

奈々の後輩・貴子は亡くなった兄の意思を継ぎ、卒論のテーマを「七福神」にしたと言った。
「明邦大学」では過去に起こった学内の事件からそのテーマはタブーとされている。しかしそれを承知で貴子は選んだと言う。桑原崇に協力を得たいと言う貴子に驚きつつも橋渡しをする奈々。
京都で落ち合った3人は崇の案内で七福神...続きを読む巡りを開始した。
七福神テーマをタブーにしたとも言える佐木教授の死の真相を解明しようと訪れた小松崎も加わり、ホテルのラウンジに陣取る4名。
席を外した貴子の戻りが遅いことを心配する中、木村助教授自殺の一報がもたらされた。



一作目と同様に、事件解明も去ることながら薀蓄が面白いです。
相変わらずタタル(桑原崇)だけが事件の真相を知ってるという作り方ですが、タタルのキャラが好きなので良しと。
今回出てきた「レオナルド」というカクテルは是非一度飲んでみたいです。苺とシャンパンのカクテルだそうで、ミモザと並べてみたいなぁと馬鹿な事を思ったり(笑)
という感じで、このシリーズはカクテルがちらちらと出てくるのでそちらに興味のある方は楽しめます。
思うに、事件よりも薀蓄の方が複雑。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年07月27日

六歌仙と百人一首は同じ…で何故七福神と六歌仙が同じ意味を持つのか…頭の中が色々な言葉で、人物で、まとめる事は難しい。平安時代にそこまで考えて封印として和歌を残したのか暗号にするのか…。他の書物でも調べてみたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月11日

密室殺人と六歌仙の謎。もう六歌仙と怨霊の方がメインすぎて殺人霞む笑。お兄さんの死は事故だったのか、事件だったのかわかんなかったのが残念笑。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年06月12日

百人一首の謎に続き和歌集にまつわる謎に挑むQED第二弾。相変わらず饒舌に語られる薀蓄が凄い。
恨みを持って憤死した人物が怨霊になるというのは平安あたりの時代では当たり前に考えられていた。知識では知っていたけど、その当時の市井の人々の知識水準に合わせてそのことを考えたことはなかった。
それにしても、こ...続きを読むの六歌仙と七福神の謎を解き明かすタタルも凄いけど、再興のときを待ち続けて代々秘密を守り抜いてきた木村家の人々の執念がおぞましくも物悲しくて、なんとも切ない物語でした。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年09月13日

初期はウンチクもわかりやすい笑

現実事件の結末はなんともなぁ、ってとこですが、六歌仙と七福神の話は楽しめました

このレビューは参考になりましたか?