【感想・ネタバレ】池袋ウエストゲートパークのレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年11月19日

結果的に長く続いているシリーズの「原点」ということになる。この「原点」の好さが発信され続けている訳である。
手にした文庫本の奥付を視れば「2020年10月5日 第36刷」とある。その上に「2001年7月10日 第1刷」である。作品は1998年に初登場し、2001年に文庫本になっている訳だが、以降の2...続きを読む0年間弱で「36刷」というのは、最早或る種の“古典”である。
この最早或る種の“古典”という様相の第1作から、既に「一冊に4篇」という体裁になっている。
この一冊には…“援助交際”で関係した若い女の「首を絞める」という妙な性癖の男が現れたと話題になっていた最中に、女子高生が死亡するという事件が発生し、男の正体を暴いて女子高生の死の真相を明らかにしようという一件…関係者の間で“姫”と通称されていたヤクザの組長の娘が行方を眩ませてしまったことから、何とか探し出そうとする一件…風俗嬢と交際していたイラン人が、風俗嬢が使ってしまっていた麻薬の件で激怒し、売人とモノを卸している暴力団員との取引現場を襲撃してしまい、「何とか件のイラン人を匿いたい」という切っ掛けで、池袋に進出しようとしていた売人の一味をはめようとする一件…池袋で最大のストリートギャングである<Gボーイズ>に対して、新興の<レッドエンジェルズ>が在ったのだが、どういう訳か“シヴィルウォー”(内戦)と呼ばれる事態に陥り、両者が争って様々な問題が発生していたが、それを何とか収拾しようとする一件…という4篇が収まっている。
本作はシリーズの第1作だが、後々のシリーズで主人公のマコトが見せる種々のクラシック音楽を聴く趣味、ストリートファッションの雑誌でコラムを連載するようになったこと等の、契機になるような出来事が出て来る。近年の作品から最初期の作品へ遡るように読み進めて来たので、そういう辺りに酷く納得していた。
市井の若者が出くわす様々な出来事、その関係者達、時に関係者達との色々な意味での交流、やがてハッピーエンドともその限りとも言い悪いかもしれない結び。作品が発表された時代の様々な様子を巧みに取り込みながら展開する物語である。敢えて申し上げると「少年漫画?」というような感も在るのかもしれない。とにかく愉しい。
別段に用事も無く、この作品の時期と様子も変わっていることも承知しているが、「ウエストゲートパーク」こと池袋西口公園という場所に、何となく寄ってみたくもなる。今後も、このシリーズの関係作品を眼に留めれば、親しんでみたいと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月20日

今更読んだけど、20年以上たっても全く色あせず躍動感ある内容。こんな世界に住めないからこそ、小説で安全に体験させてもらえるのがいい。そして、こんなハードな世界なのに主人公の考え方は共感して読んでも嫌にならない。オタクや引きこもりやヘルス嬢たちをもまとめて共闘仲間にしてしまうとこも度量大きくてスカッと...続きを読むする。一応ハッピー?エンドなのも、読後感良い本。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年12月17日

マコトにとって、
最初のトラブルシュート。
全ての始まり。

私にとって、
最初の小説でした。
全ての始まり。

このスピード感!
そしてマコトの語りへの親近感!

このシリーズは、私が一番好きな
シリーズです。

IWGP最高!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月16日

自分の青春時代です。
ドラマから入って小説へいきましたが、予想を超えておもしろかったので、その後シリーズのファンに。まことを通した、石田さんの社会問題に対する表現がかなり好きです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2021年01月07日

程よい長さのストーリーで区切られていて、息切れせずに楽しく読むことができた。
一番最後の"サンシャイン通り内戦"は特に面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年12月15日

小さい頃に見たドラマの長瀬くんと窪塚くんのイメージしかなく、内容も覚えていなかったが今読んでも当時のコギャルだの池袋(知らないけど)の情景が浮かびおもしろい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年12月11日

池袋西一番街に住むトラブルシューターの主人公が、池袋で起きる問題を解決していく物語。

主人公やその周りの若者たちを通して、その時の社会問題に触れられた様に感じました。

文章からは情景が鮮明に浮かび上がり、主人公の内心が面白く書かれているので、時おりクスッとさせられます。

2作目を手に取ってみた...続きを読むくなる一冊。

『誰だって開けることのできない部屋をひとつもってる。そんなもんじゃないだろうか。『亡き王女のためのパヴァーヌ』が流れる白い部屋を考えた。おれの部屋、おれの独房。』

『おれたちはみんな弱い。だから嘘をつくことがある。おれたちはみんな臆病だ。だから武器をもつこともある。おれたちはみんなバカだ。だから傷つけあうこともある。でも、おれたちは許すことができる。誰がついたどんな嘘だって、きっと許せるんだ。』

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年12月10日

良くも悪くも「あードラマ版がヒットしたやつね」ってイメージが強くて、なんとなく遠巻きに見てたこのシリーズ。
改めて読んでみると、何これ面白い!!

1話目では「友達のことだから」くらいのスタンスだったマコトの「ほっとけない」の規模がどんどん大きくなって、4話目では池袋の平和を取り戻すために危ない橋も...続きを読むガンガン渡るようになる展開が熱い。
それまでの話で関わってきた人たちが最後にひとつの大事件に関わっていく展開を、中弛みなく楽しめるのは連作短編という形式ならではだと思う!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年11月23日

池袋ウエストゲートパークの記念すべき第一巻。

アニメは特に見てないが石田衣良の本を久々に読みたく鳴ったのでてにとってみた。

思ったよりヘビーな内容が書いてあるが主人公が1つ1つの事件に対して向き合って解決していくさまが個人的には好きである。
自分が見たことのない世界を垣間見ているドキドキ感がある...続きを読むが、果たして本当に起こっている(起こっていた)ことなのかは分からない。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月21日

ひさしぶりに熱い読後感を・・・

なんで知らなかったのかな?石田さんは新聞のコラムなどでも読んでいるし『うつくしい子ども』も読み応えあったのに、その後の発展がなかったわ。

ともかくさらっと読めるのに、奥深い感動を与えるの。10年以上前に単行本になっているし、この文庫本ももう28刷の人気。さもありな...続きを読むん。

この最初のシリーズのストーリーはすでに牧歌的になってしまったのかもしれない。公園にたむろするストリートチルドレンたちの(昔風でいうとチンピラ)の鬱屈と不満。そして爽快な正義感とあこがれ。

血なまぐさい事件や抗争にまきこまれても颯爽と解決してしまう語り手主人公マコトが、古びた暇そうな、くだもの屋(昔、かならず駅前や盛り場にあった、今消滅)のひとり息子で手伝っているだけという設定もありそうでおもしろい。

登場するマコトの同級生、友達。性格や行動もアキバ系や引きこもりや、ヤクザの下っ端で、ありそう、すっかりストーリーに引き込まれてしまう。今時の「キャラが立ってる」というんだっけ。

軽めの文章だが、きらりきらりと光る言葉が散りばめられ、おもわずほろりとしたのもほんと、いいおばあさんがなんてことでしょうね。軽めを装った重めだと思う。

ところでマコトのおふくろ(夫に先立たれてひとり店を守る)のキャラクター、描写はわずか、はちゃめちゃの息子をただ見ているだけとある。が相当な人物なのかなー、気になるわ。

*****

読むきっかけはリンク友のおすすめ。

その友が8巻目まで追いかけても飽きないシリーズと知って、そもそもの最初の本を手に取りました。
ら、これがおもしろいのなんの!すっかりはまりました。
なるほどピースもあり、スカッとしたハードボイルドでした。

しかも池袋と言ったら遠い昔、妹が不良になりかけ、高校時代映画をよく観にいった街でもあり、買い物圏でもあり(今も時々行きますし)よく知っている親しみ(!?)もありまして(笑)この後のシリーズがなかなか楽しみですよ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月16日

再読。中学生の時くらいに訳もわからず読んであまり記憶に残っていなかった本。はちゃめちゃに面白かった。自分が歩んできた人生の中で触れることのなかった感覚をこの本で体感させられている感じ。マコトカッコいいなあ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月12日

名前は聞いたことあったが読んだことのなかった石田衣良の作品。デビュー作であり、代表作らしい。

独特な文章や交わることのない裏の世界の話に初めは少し戸惑ったが、すぐに主人公真島誠に引き込まれた。
多方面に渡る人脈や池袋の全体最適を考える頭脳、計画実行力、事件を正しい方向で解決する能力などとても10代...続きを読むとは思えない。ラストの和平も、誠無しには有り得なかった。仕事ができるやつ。ビジネスハウツー本なんかよりこれ読んだが良いんちゃうかな笑

最後にイラン人に教わったMacBookでライターになった話が出てきたように、伏線回収もしっかりされているように感じた。このシリーズ制覇したいな

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月19日

 1997年第36回オール讀物推理小説新人賞受賞作にして、著者のデビュー作。
 ロングセラー連作短編小説「池袋ウエストゲートパーク」シリーズ第1作。発売から20年余り経っているので、表現の随所に時代感がにじみ出ている(主流の通信手段がPHSなど)が、疾走感は色褪せていない。むしろ、現代のスピード感に...続きを読むピッタリはまっているようにさえ感じる。少年ギャング団、刺す、殴る、血まみれなどクライム的要素が強く映るが、自分の意志を曲げない青春の強さ・熱さも十分に伝わってきて、読後は爽快感のほうが強く印象に残る。
 現代だからこそ、読むべき作品ではないかと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年04月16日

この本、いつも仕事の帰りによる本屋で常に平積みされていて、石田衣良って誰だよと思いつつ目に入ってくるのが気に障るので読んでみた。

読んでみてわかったんだけど、この小説って昔、TVドラマにもコミックにもなってるんだね。
いやぁ、知らんかった・・・・恥ずかしい

さすがにドラマやコミックになるぐらいで...続きを読むすから、ストーリー、登場人物のキャラは最高に面白いです。
本読んでるくせに漫画を読んでるようなもんです。

中にクラシック音楽やロックがシーンに合わせて登場します。
石田衣良が選曲したクラシックのCDまであるぐらいですから、ストーリーのイメージは音楽を大切にしてます。
ところがですねぇ・・・・

主人公がスナックでバーボンを注文するときに『あと、ジミヘンドリックスのエレクトリックレディランド』ってBGMを注文するですよ。
19才のチャラ男が、そんな音楽注文するか?!って思いますが、こいつの趣味がクラシック音楽なんで。。。
でぇ、
『エンジェル、良い曲だと加奈が言った』
というシーンがあるんだけど「エレクトリックレディランド」に「エンジェル」なんて曲入ってないッスけど・・・
俺が間違ってるのかと思って調べたらやっぱりそんな曲はないですよ。
さらに、ジミヘンの「エンジェル」なんて曲も知りません。調べたけどそんな曲、無いと思います。

【訂正】
「Angel」は「The Cry of Love」に入ってました。
自分のi-Podに入ってたけど曲名なんて知らなかった。
ただし、ジミのギターはあまり聞けない曲です。
このアルバムが完成する前に天国へいっちゃったから。

携帯の着音が「Born to be wild」だったり、いろいろ凝ってるんだけど、これはやっぱり間違いではないかと。

さて、石田衣良
いしだいらって読みますが、本名が「石平」なんですね。
私と歳がほとんど変わりませんので、非常に共鳴できます。
「池袋ウェストゲートパーク」は、続編がいっぱいあるようですが、他の本も読んでみるかな。
下のムービーはテレビドラマ版のようです。
宮藤官九郎の脚本なので面白そうですが、本にはこんなシーンは出てきません

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年03月23日

ドラマと同じく、とっても熱い。そんなに皆いい子なわけないでしょ? ってほど。 熱い。 あまり好きではない。ドラマの世界でしかあり得ない展開。
ストーリーはドラマ。

石田衣良の描写はすごくいい。
本でしか体験できない、求めてるものがある。

ストーリー評価は
男の友情とか、男のロマンが分からない私に...続きを読む
星三つ。

1話の池袋ウエストゲートパークが一番面白かった。
そして、年上の女の人と恋愛する辺り、すごくよかった。

ドラマでもそこ好きだった気がする。

ドラマで一番好きなセリフ…
パンチラみーって元気だーしてっ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月01日

ドラマは見たことあったけど
原作は読んだことがなかったから
手に取ってみました

マコトのキャラはもうすっかり長瀬だし
タカシはすっかり窪塚になっちゃったけど
おもしろかったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月12日

面白かった!
池袋ってこんなんだったの!?ってくらいわたしの知ってる池袋とは違いすぎて全てが新鮮だった。笑
でも、チームは大げさだとしても、この子たちみたいな少年少女は沢山いるんだろうなとも思った。非行少年たちの社会問題についても考えさせられた。

短編なだけあって一つ一つの話はとてもテンポよく進ん...続きを読むでいくのでとても読みやすかった。そしてクールだけど人との関わりをとても大切にしてる主人公が素敵だった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年01月10日

楽しく読めました。池袋の学校に通ったり、働いたり、池袋はとても身近なので、この物語はフィクションなんだろうけど、自分の知らないところでいろいろなドラマがあるのだろうなと想像しました。

4つの話がありますが、最後の「サンシャイン通り内戦」が一番面白かったです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月12日

2018/10 3冊目(2018年通算136冊目)。石田衣良氏のデビュー作にして、ドラマ化もされた人気シリーズ。本は前から気になっていたので、今回手に取って読んでみた。俗にいう「便利屋」ものだけれど、とても面白い。池袋の西口の店舗で昔働いていたことがあるけど、西口公園はあまり行かなかったなあ。続きも...続きを読むボチボチと揃えているので、積読本がある程度片付いたら手をつけていきたいなと思う。感想はこんなところです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月08日

石田衣良のデビュー作、讀推受賞作、ドラマが好きだったせいか個人的にもの凄くはまった、お坊ちゃんが書いたお上品な不良小説

このレビューは参考になりましたか?