安藤優一郎のレビュー一覧

  • 渋沢栄一と勝海舟 幕末・明治がわかる!慶喜をめぐる二人の暗闘
    朝敵となった徳川慶喜に生涯忠誠を尽くした渋沢栄一と、慶喜に30年間も「謹慎」を強いた勝海舟。共に幕臣であった二人の対立を描き、知られざる維新・明治史を解明。
  • 河井継之助 近代日本を先取りした改革者
    司馬遼太郎の「峠」で描かれた河井継之助。「峠」を読んで知っているよって思っていたけれど、帯に「司馬遼太郎が描かなかった、もう一つの生き様」なんて書いてあったので、それなら読んでみようと手に取った。
    峠と照らし合わせて読んだわけではないですが、人間ドラマより、彼の経済官僚としての施策の中身が詳しく書い...続きを読む
  • 江戸っ子の意地
    明治の世に元幕臣たちはどう生き伸びたか
    町奉行所の継続採用や言論界での活躍など
    どっこい俺たちは強かに生き延びている!
  • 幕末維新 消された歴史
    後引きで結果から見たれきしに騙されやすい
    言うほど島津も毛利も一枚岩じゃないし
    状況により同じ行動も結果が逆になることも
  • 山本覚馬 知られざる幕末維新の先覚者

    大河ドラマ「八重の桜」に合わせての出版だと思うが
    簡潔にまとまっていて面白い。
  • 山本覚馬 知られざる幕末維新の先覚者
    いよいよ始まる2013年大河ドラマの主人公、新島八重の実兄、山本覚馬の生涯をコンパクトにまとめた本である。

    覚馬、八重が生まれた会津藩は文久2年(1862)、藩主松平容保が新設の京都守護職に任じられたことで運命が一変した。親藩である会津藩は幕政に関与しない建前だったが、いわば「特命」を受けての守護...続きを読む
  • 幕臣たちの明治維新
    普段スポットの当てられない明治維新後の幕臣について書かれた本.フランス式の改革を行った後の幕府は倒幕派に勝るとも劣らないほど先進的だったことが興味深かった.同時に歴史は勝者によって紡がれる物ということも実感した.
  • 大名格差 江戸三百藩のリアル
     こうした史料は大歓迎!

     徳川家の政治力というか、能力がよくわかりますね。
     これでは幕府に太刀打ちはできないわ~。

     とても面白かったですし、これを参考にしてさらに歴史小説が楽しめそう♪
  • 渋沢栄一と勝海舟 幕末・明治がわかる!慶喜をめぐる二人の暗闘
     渋沢栄一関連本として読んでみました。
     本書では、一橋(徳川)慶喜を軸にして、渋沢栄一という車輪と勝海舟という車輪を左右にはめ、幕末から明治、大正にかけての日本の政治の歴史をたどっていきます。
     第一章では栄一と慶喜の関係、第二章では海舟と慶喜の関係が書かれ、第三章で栄一と海舟が出会います。第四章...続きを読む
  • お殿様の人事異動
    勉強になりました。
    三方領知替は、大変ですね。
    天保11年の三方領知替が撤回されたのも、
    時代の流れというか、幕府の力が衰えていたことを
    表しているのですね。
    大岡越前や鬼平こと長谷川平蔵の話も面白かった。
    明治維新後の徳川家臣団も大変だった。
    静岡への無禄移住による窮乏生活は本当に悲惨だったと思う...続きを読む
  • 江戸文化から見る 男娼と男色の歴史
    春画(もちろん男色)の掲載枚数が多い!
    えっちな絵というより、江戸文化の一旦に触れているということに感動した!
    でもぶっちゃけドキドキした!(笑)

    男娼のルーツや、どんな人が働いて、どんなサービスを行っていたかまで細かく知れてビックリしました!
  • お殿様の人事異動
    封建社会である江戸時代は、将軍から国替えを命じられれば大名といえども藩士ともども領地を移らなければならなかった。人事異動というよりも、転勤に近い感じで、移動には相当の費用がかかるし、新旧の領民との関係も大きく変化した。
    本書では、そのような国替えの具体的事例における様々なエピソードのほか、大名や旗本...続きを読む
  • 大江戸の飯と酒と女
    江戸時代の食べ物について詳細な報告で、当時の人の生活が垣間見れる.特に面白かったのは将軍の御成で、大名が接待する状況が詳細に述べられている.何を食べたか、何を見たか.現代の人々が食べているものと比べると、それほど豪華なものではないが、一般の人から見るとすごい料理だったのだろう.独身の男が多かった江戸...続きを読む
  • 30の名城からよむ日本史
    お城を中心にその土地を象徴する歴史にざっと触れられる。
    城郭があってもなくても、足を運んでみたくなる。
    〔首里城も出てきます。早く再建できますように。〕
  • 江戸の不動産
    江戸時代の江戸の土地取引について調査し、まとめたもの。土地活用の実態についても詳しく述べられており、役立った。
    「江戸は「武家地」が約7割」p5
    「日本橋と神田が代表的な町人地」p7
    「(明暦の大火)鎮火したのは出火から三日目で、江戸の6割が焼失した。焼死者も10万人を越えたとされる」p26
    「江戸...続きを読む
  • 不屈の人 黒田官兵衛
    武威or才智の両極端では天下は取れず、どちらもバランスが必要。
    自分の主君(上司)はどうなのか見極めるところから。
  • 江戸の不動産
    江戸時代の江戸の土地事情と不動産取引の、知られざる実態とは。
    第一章 巨大都市・江戸の土地事情・・・天下普請~明暦の大火の影響
    第二章 武士の不動産商法・・・拝領地・町人地・農地の違いと取引
    第三章 町人・農民の不動産ビジネス・・・豪商・豪農も江戸に土地
    第四章 幕府の土地を私有地にする裏技・・・要...続きを読む
  • 幕臣たちの明治維新
    内容ですが、
    まえがき
    第1章 徳川家の大リストラ
    第2章 激動の幕末を見た御家人
    第3章 静岡藩の消滅
    第4章 西南戦争と江戸っ子気質
    第5章 江戸ブームの到来
    あとがき
    となっています。
    我々が習う近代史は、勝者の薩摩・長州藩側の立場からの視点である。
    欧米列国の脅威から日本という国を守るという...続きを読む
  • 30の名城からよむ日本史
    日本にある30の名城を取り上げ、その城にまつわる歴史的事実を紹介しています。
    城は、時代が異なっていても、権力者・為政者の拠点であり、中心地でした。その城がなぜこの地に築かれたのかを知ることは、その土地そのものを知ることでもあるし、日本史に与えた影響も大きいものです。そういう視点で見ると、ただ城を見...続きを読む
  • 幕末維新 消された歴史
    勝てば官軍
    あとがきにありますが、勝者は勝つべくして勝ったというストーリーに歴史をねじ曲げてしまう。
    勝者に都合の良いように叙述された歴史。
    歴史の歪曲である。
    こうして、勝者側が自己の正当性を後世に伝えるために編纂した歴史書や歴史教科書では、敗者側の言い分は抹殺され、敗者は歴史の表舞台から強制退場...続きを読む