お殿様の人事異動

お殿様の人事異動

作者名 :
通常価格 935円 (850円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

いつも辞令は突然! 時間も金もない!
大名たちは幕府(将軍)の命ずる「人事」という難関を、あの手この手でクリアした。

江戸時代は、お国替えという名の大名の異動が繰り返された時代。御家騒動や刃傷沙汰、世継断絶から、職務の怠慢、色恋沙汰に酒席の狼藉に至るまで、その理由は多岐にわたる。大名や家臣たちはその都度、多大な苦労を強いられ、特に転封では長距離の移動、費用など、負担もただならぬものがあった。大名は幕府(将軍)からの異動命令を拒むことは許されず、いつ命令が出るのか、国替えを噂される藩の江戸詰め藩士は、必死で情報の収集に努めていた。国替えは突然に命じられることが大半であり、当事者の大名や家臣は大混乱に陥るが、幕府からすると人事権を行使することで自己の求心力を高められる効果があった。

転封だけではない。大老や老中、奉行など幕閣の要職を誰が占めるのかも大名にとっては重大問題。将軍の人事権が威力を発揮するのは花形の要職だが、その裏では嫉妬と誤算が渦巻いていた。将軍家斉の信任を得ていた老中松平定信は辞表を提出し続けることで権力基盤を強化したが、最後は辞表が命取りとなり失脚した。辣腕ぶりで江戸庶民に人気が高かった火盗改長谷川平蔵は、それゆえ上司や同僚の嫉妬を浴び町奉行に就任できないまま終わったのだ。

本書は、将軍が大名に行使した国替えという人事権、そして幕府要職者にまつわる人事異動の泣き笑いを通して、江戸時代を読み解く歴史読み物。権力の象徴としての人事とそれをめぐる悲喜こもごものドラマは、江戸期の政策や各地の国づくりを浮き彫りにすると共に、現代の企業社会にも通じるものがある。嫉妬、忖度、ごますり、足の引っ張り合い――お殿様たちの様々なエピソードは、身近にいる誰かを連想させてくれるかもしれない。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
日経BP
掲載誌・レーベル
日本経済新聞出版
ページ数
240ページ
電子版発売日
2020年02月14日
紙の本の発売
2020年02月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

お殿様の人事異動 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月21日

    勉強になりました。
    三方領知替は、大変ですね。
    天保11年の三方領知替が撤回されたのも、
    時代の流れというか、幕府の力が衰えていたことを
    表しているのですね。
    大岡越前や鬼平こと長谷川平蔵の話も面白かった。
    明治維新後の徳川家臣団も大変だった。
    静岡への無禄移住による窮乏生活は本当に悲惨だったと思う...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月11日

    封建社会である江戸時代は、将軍から国替えを命じられれば大名といえども藩士ともども領地を移らなければならなかった。人事異動というよりも、転勤に近い感じで、移動には相当の費用がかかるし、新旧の領民との関係も大きく変化した。
    本書では、そのような国替えの具体的事例における様々なエピソードのほか、大名や旗本...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月10日

    江戸時代における幕府を中心とした武家の人事制度について、国替えの制度をもとに説明している。江戸時代は、幕府が強大な権力を保持していたことを再認識した。参勤交代もそうだが、大名に対する土地の所有権や人事権を、徳川幕府が一手に握っていたことが大きく、その基盤がしっかりしていたからこそ政権が260年も続い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています