江戸の旅行の裏事情 大名・将軍・庶民 それぞれのお楽しみ

江戸の旅行の裏事情 大名・将軍・庶民 それぞれのお楽しみ

作者名 :
通常価格 850円 (773円+税)
紙の本 [参考] 891円 (税込)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

日本人の旅行好きは江戸時代から始まった! 農民も町人も男も女も、こぞって観光旅行を楽しんだ。その知られざる実態と背景を詳述。土産物好きのワケ、関所通過の方法、飲食・名所巡りのお値段、武士や大名は…? 誰かに話したくなる一冊!

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
学術・語学 / 教育
出版社
朝日新聞出版
掲載誌・レーベル
朝日新書
ページ数
248ページ
電子版発売日
2021年10月13日
紙の本の発売
2021年10月
サイズ(目安)
7MB

江戸の旅行の裏事情 大名・将軍・庶民 それぞれのお楽しみ のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年04月29日

    江戸時代の旅行事情を庶民、大名、外交使節それぞれの立場から復元した良著。

    ほかの方のレビューは違う本ではないかと思える楽しい一冊だった。江戸時代の旅行事情を多くの書物からまとめて一冊。温泉、寺社。庶民の暮らしの中にもレジャーがあったようだ。

    江戸の大名屋敷が観光スポットになったり湯治から短期滞在...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年01月20日

    庶民も旅を楽しめるようになった江戸時代。その旅の実情とは?
    プロローグ~街道には旅人がいっぱい
    第一章 庶民の旅の表と裏
    第二章 買い物、芝居ーしたたかな女性の旅
    第三章 大江戸、人気観光地になる
    第四章 大名の「団体旅行」は七難八苦
    第五章 乱暴極まりない武士・公家の旅
    第六章 自粛を求められた将...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年12月12日

    瀑布の要請に応えて毎年京都から日光へ派遣される例弊使が駕籠からわざと落ちる「パタル」ことで袖の下(賄賂)をせしめ、一財産を築いていたのに驚いた。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

朝日新書 の最新刊

無料で読める 学術・語学

学術・語学 ランキング