クロックワーク・ロケット

クロックワーク・ロケット

作者名 :
通常価格 2,041円 (税込)
紙の本 [参考] 2,268円 (税込)
獲得ポイント

10pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

わたしたちの世界とは少し違う、別の物理法則に支配された宇宙。奇妙な現象「疾走星」の増加を調べる女性物理学者ヤルダは、彼女たちの惑星が壊滅間近であることを知る。危機回避のための策は、いまのヤルダたちにはない。しかし巨大ロケットを建造して深宇宙に送りだせば、この宇宙の特異性のためロケット内では無限の時間が生みだされる。惑星上での数年のうちに現在よりはるかに科学技術を発展させ、惑星を救えるにちがいない!計画への無理解と批判にさらされながら、ヤルダたちはこの前代未聞の大事業に取りかかるが……。現代最高のSF作家イーガンの宇宙SF三部作、開幕!

ジャンル
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
新☆ハヤカワ・SF・シリーズ
ページ数
544ページ
電子版発売日
2015年12月24日
紙の本の発売
2015年12月
コンテンツ形式
EPUB

「クロックワーク・ロケット」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年02月03日

映画『インターステラー』が好きならきっと好きになるSF小説。ただし難解と言われているインターステラーよりさらにはるかに難解な設定なので、読むのにはそれなりの気合が必要だと思います。

21世紀最重要SF作家と言われるグレッグ・イーガンの”直交3部作”の1作目。3作目の「アロウズ・オブ・タイム」まで発...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年05月10日

 『白熱光』に似て非人類の女性科学者の物語である。『直交』三部作の第1。
 舞台は、ある惑星だが、こことは違う宇宙。われわれの宇宙とは物理法則がちょっとばかり違うのだ。数式にするとプラスとマイナスの違い。しかしそれが大きな差異を生む。われわれの宇宙では光速は一定である。どこで観測しても一定である。こ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2016年02月11日

回転物理学の中身はほとんど分からなかったが、物語としてとても面白かった。科学者同士の会話を読んでいるだけでワクワクできた。
早く続きが読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月31日

波長がどうとか理科の教科書みたいな図やそれについての登場人物たちのやりとりが出てきて読むのに苦労した。その辺は無理に全部理解しようとしなくても流し読みするくらいでいいと思った

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年02月20日

まったく異なる物理法則、ひとの形を想像できない・動きもまったく違う…という意味でファンタジー的要素が強い、という印象。

多数から外れてしまった不器用な女の子が
興味を持った世界へ輝きを見つけて歩いて行き
やがて失速していく(?着地させていく)
物語のように思う。

周囲との関係のギスギスした感じだ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「クロックワーク・ロケット」に関連する特集・キャンペーン

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,619

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!