世界一の企業を目指すならCSVは当然である[インタビュー]

世界一の企業を目指すならCSVは当然である[インタビュー]

作者名 :
通常価格 540円 (税込)
獲得ポイント

2pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

2011年、ファーストリテイリングはグラミン銀行グループと共同し、最貧民国の一つであるバングラデシュに「グラミンユニクロ」を設立した。このプロジェクトを先導したのが、同社代表取締役会長兼社長の柳井正氏である。グローバルに展開するうえでCSV(共通価値の創造)は当然の取り組みであり、ビジネスそのものがCSVであるべきだと柳井氏は語る。世界一を見据えた、ファーストリテイリングの長期戦略とは何か。一橋大学大学院で「CSVフォーラム」を主催する、名和高司教授が聞く。
*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2015年1月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

ジャンル
出版社
ダイヤモンド社
掲載誌・レーベル
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
電子版発売日
2015年07月13日
コンテンツ形式
EPUB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~491巻配信中

※予約作品はカートに入りません

61~70件目 / 490件
  • 「データの見えざる手」がオフィスの生産性を高める
    いまや、ナレッジ・ワーカーやホワイトカラーの 生産性向上は必須とされ、 オフィス改革に着手する企業も増加している。 だが、従来のようにアンケート調査を基本とする改善では、 大きな成果を上げられていないのが現状だ。 この課題を解決するために注目を浴びているのが、 ウエラブル・センサーの活用である。 これまでは定量化できなかった要素を数値化することで、 より根源的な解決策の提示が期待さ...
  • P&Gに学ぶ:正しいCEOの選び方
    次期CEOの選定は、取締役会が下す最も重要な判断である。 だれをCEOに据えるかは、企業戦略とその遂行、 ひいては事業成果と財務業績を大きく左右する。 すべての企業が、通常のCEO後継プランのみならず、 健康不安や不慮の死など不測の事態への 対処プランも設けておくべきである。 公平で透明性のある後継者選定を実現するには、 取締役全員による積極的な関与が欠かせない。 最終的な成果は、 現任CEO...
  • 平常心があれば集中力は生まれる
    「手術のたびに集中力を高めているようでは、 一人前の外科医とは呼べない」。 天皇陛下の執刀医として 日本中の注目を浴びた心臓外科医であり、 これまでに6000例以上執刀して 98%以上の成功率を誇る筆者はこう指摘する。 一瞬の判断ミスが最悪の事態を招く心臓手術の現場では、 常に集中力が求められる。 では、集中力の源泉とは何か。 それこそが平常心である。 本書では、58歳の現在でも 年間450例以...
  • イーベイ会長が語る 社会貢献の新しい仕組み
    イーベイの創業者、ピエール・オミダイアは、 1998年9月の株式公開で莫大な資産を手に入れた。 同社はオミダイアがその3年前に 長期休暇を利用して書き上げた コンピュータ・コードが基となっている。 苦労して築き上げた会社という感慨もなく、 彼にとってみれば降って湧いたような財産だった。 これを有効によき目的のために使われなければならないと考え、 妻とともに財団を設立した。 当初は行き当た...
  • ハローキティに見る グローバルなブランド拡張戦略
    ブランドのデザインは絶対不可侵である──。 これはブランド戦略では一つの常識とされている考え方だ。 しかし、サンリオはこの常識を覆し、 オープン・イノベーションの手法を取り入れることで、 〈ハローキティ〉を日本発の世界的ブランドへと成長させた。 自前主義を脱却することで、 グローバルの巨大市場に参入を果たし、 ブランド拡張に成功したのだ。 本書では、〈ハローキティ〉のケースを基に、 そ...
  • 独創的な戦略を科学的に策定する
    いまや経営にデータは欠かせない。 戦略の立案に際しても、数字やデータを徹底的に分析した「科学的」根拠のあるものほど説得力が増す。その一方で、科学的分析からは、大胆な発想や「型破り」なユニークな戦略が生まれない。このジレンマをいかに解消すべきであろうか。 筆者らは本書で、事業戦略のニーズに合わせて科学を取り入れる手法を紹介する。この手法ではまず、戦略上の課題や機会に対応して、「...
  • 世界一の企業を目指すならCSVは当然である[インタビュー]
    2011年、ファーストリテイリングはグラミン銀行グループと共同し、最貧民国の一つであるバングラデシュに「グラミンユニクロ」を設立した。このプロジェクトを先導したのが、同社代表取締役会長兼社長の柳井正氏である。グローバルに展開するうえでCSV(共通価値の創造)は当然の取り組みであり、ビジネスそのものがCSVであるべきだと柳井氏は語る。世界一を見据えた、ファーストリテイリングの長期戦略と...
  • ビッグデータで経営はどう変わるか
    「測定できないものはマネジメントできない」。 これは企業経営最大の命題として多くの成功を阻んできた。 しかしあらゆるデータがデジタルで得られる時代になると、 この言葉は死語になるかもしれない。 勘と経験に頼る経営の是非も、 大量のデータの分析が可能になることで、 もはや議論の余地はなくなるだろう。 かようにビッグデータの衝撃は大きい。 従来の、経験による価値、専門性の優位性、 マネ...
  • 会社の成長に計画は不要である[インタビュー]
    2011年のサービス開始からわずか3年で 5.6億人のユーザーを獲得したLINE。 未曾有の成長の裏ではどのようなマネジメントが存在したのか。 2007年からCEOを務める森川亮氏は、 マネジメントとして「計画は必要ない」と言い切る。 そればかりか、情報共有も会議も文書も否定し、 とにかくプロダクトの開発を最優先に掲げる。 このような開発志向のマネジメントが、 トップ・クラスの成長を遂げたのはなぜか。...
  • ビッグデータ活用スキルをいかに育むか
    これまで企業は多大なIT投資を行い、 そのたびに投資対効果の低さに忸怩たる思いを抱いてきた。 そうした経緯を振り返れば、 ビッグデータ時代の到来に当たって 経営者が手放しで喜べないどころか、 及び腰になるのも仕方がないだろう。 しかし、データ主導型の戦略が定着するにつれて、 競争上、ビッグデータがますます重要な 差別化要因になっていくはずである。 問題は、組織能力(ケイパビリティ)の開...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文」に関連する特集・キャンペーン