人材が先、事業は後(インタビュー)

人材が先、事業は後(インタビュー)

作者名 :
通常価格 540円 (税込)
獲得ポイント

2pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

事業環境の変化が速く、人材の流動性も高いインターネット業界では、伝統的日本企業が抱える従来型の人事制度に固執しない企業が多い。そんな中、創業18年目のサイバーエージェントは終身雇用を標榜する。新しい企業は新しい人事制度が導入しやすい。にもかかわらず、多くの伝統的企業が抱える人材と進むべき新事業のミスマッチに苦しむ中、同社はなぜ終身雇用を重視するのか。そこには事業より先に人材を優先するという、同社の確固たる信念がある。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2015年12月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

ジャンル
出版社
ダイヤモンド社
掲載誌・レーベル
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
電子版発売日
2017年09月29日
コンテンツ形式
EPUB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~491巻配信中

※予約作品はカートに入りません

291~300件目 / 490件
  • 年度末の人事査定はいまだ有効だ
    「年度末の人事査定はもういらない」と主張したピーター・カッペリら(p.78)に対し、その有効性を主張し反論するのは、フェイスブックの人事担当者と、アダム・グラントである。彼らは、業績評価の問題を認めつつ、いまだこれに代わる最善の手段はないと主張する。カッペリらが、人事査定は過去の業績評価に留まり人材育成に光を当てると主張したのに対し、アダム・グラントらも、同じく人材育成の観...
  • 会社改造(インタビュー)
    日本で企業再生という言葉がまだ一般的に使われていなかった時代に、ターンアラウンド・スペシャリスト(事業再生専門家)を名乗り、その経験を描いた『V字回復の経営』がベストセラーになった三枝匡氏。2002年に、それまでの赤字事業とは異なる高業績企業のミスミ(現ミスミグループ本社)の社長に就任した。以降CEOとして12年間、同社の改革を続け、売上高4倍、営業利益5倍、社員340人の商社からグローバ...
  • 人材が先、事業は後(インタビュー)
    事業環境の変化が速く、人材の流動性も高いインターネット業界では、伝統的日本企業が抱える従来型の人事制度に固執しない企業が多い。そんな中、創業18年目のサイバーエージェントは終身雇用を標榜する。新しい企業は新しい人事制度が導入しやすい。にもかかわらず、多くの伝統的企業が抱える人材と進むべき新事業のミスマッチに苦しむ中、同社はなぜ終身雇用を重視するのか。そこには事業より先に人材を...
  • 知性の核心は知覚にある
    AI×データの時代、これまで知的作業といわれてきた多くのものが機械に置き代わる。では、人間がなすべき仕事とは何か。その前に本稿では、そもそも知性とは何か、そして知的作業とは何かから議論する。脳神経科学者として訓練を受け、人工知能にも詳しいヤフーの安宅和人氏は、人の思考とは入力された情報を単に処理することに留まらず、そもそも人が何を「知覚」するかこそ、知性の核心であると言う。知覚...
  • 人間は機械へと進化する
    「人間とは何か」。大阪大学の石黒浩教授は、アンドロイドのR&Dを通して、この根源的な問いと正面から向き合い続けている。石黒氏は、知性とは、未知を既知に変えるためにモデリングする力であると定義する。そして、そうした行為はさまざまな技術の進歩をもたらし、人間の進化を促し、最終的に人間の肉体を完全なる無機物、すなわちロボットへと生まれ変わらせる未来につながるという。本書では、人間の知...
  • 小説は何者が生み出すのか(インタビュー)
    作家・朝井リョウ氏が2016年4月に発表した『ままならないから私とあなた』。そこには、技術を活用し、合理的に無駄を省いていく薫と、新技術で簡単に省けてしまうようなことにこそ、人間性や温かみ、言葉にすらできないようなものが宿ると信じる雪子という対照的な2人の女性が登場した。新技術によって鮮明になる価値観の違いを描いた朝井氏に、AI(人工知能)が台頭するいま、自身は新しい技術をどのよ...
  • 意思決定の「ノイズ」
    540円(税込)
    人の判断力はあてにならない。医師や裁判官、経営者など、訓練や経験を積んだプロフェッショナルも、その時の気分やお腹の減り具合、天候などさまざまな要因の影響を受け、判断がぶれる。同じ人に同じ案件を別の日に検討させると、前回と異なる判断を下すケースが実に多い。こうした判断の不安定さを「ノイズ」と呼ぶ。企業はノイズにより多大な損失を被っているが、ほとんど認識されていない。本書では、...
  • リーダーは「二者択一」の発想を捨てよ
    変革か安定か、長期的成長か短期の業績向上か、株主重視か従業員重視か。経営には相容れない異なる課題がつきもので、たえずパラドックスに見舞われる。そんな中、ぶれない一貫性で組織をまとめる時代ではなくなった。それは軍隊的な組織の遺物である。変化の激しいいま、リーダーは一貫して「ぶれる」経営をすべきであり、それは組織に動的均衡をもたらすことだ。本書では、今日の経営者にとって必要なの...
  • プリウス式ハイブリッド戦略
    破壊的イノベーションが登場した時に、市場が完全に新技術に置き換わるのか、旧技術も何らかの形で残るのかは定かでない。どのくらいの速さでイノベーションが市場に浸透するかも未知数である。この不確実性の高い移行期をどう乗り切るかは、既存企業にとって死活問題となる。時間を稼ぎながら、新技術を習得し、必要なケイパビリティを揃えて、今後の方向性を見極めなくてはならない。そのツールとして有...
  • 技術が廃れても技術者は廃れない
    いま、すべてのテクノロジー企業が技術進歩の脅威にさらされている。その流れからわずかでも取り残されることは、存続の危機を招くと言っても過言ではない。しかし、既存技術の専門家である社員に変化を求めるのは容易ではなく、多くの企業が外から優秀な人材を採用してその穴を埋めているのが現状だ。その中で米国の伝統企業AT&Tは、社員の再教育で時代の変化に対応する道を選び、成功を収めている。...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文」に関連する特集・キャンペーン