伝統より「いま」と向き合う(インタビュー)

伝統より「いま」と向き合う(インタビュー)

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

室町時代後期に京都で創業して以来、約500年にわたり和菓子をつくり続け、愛されてきた虎屋。和菓子を生業としつつも、1980年にパリへの出店を果たしたり、2003年にはトラヤカフェという和と洋の垣根を超えたお菓子を提供する新業態の店をオープンしたりと、常に新しい取り組みも行っている。その17代目であり、社長を務める黒川光博氏に、時代を超えて事業を続けてこられた理由は何かを伺った。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2017年2月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

ジャンル
出版社
ダイヤモンド社
掲載誌・レーベル
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
電子版発売日
2017年08月11日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~499巻配信中

※予約作品はカートに入りません

271~280件目 / 498件
  • 超予測力:未来が見える組織
    自社の新製品に競合他社がどのような対応をするか、販促活動はどれくらい売上増につながるか、採用した人材は期待通りに活躍できるのか……すべての企業がいま、先を読み切れない状況下において、重要な意思決定を求められている。言い換えれば、自社の予測精度が競合と比較して精緻であるほど、それは競争優位につながるともいえる。筆者による長年の研究と実務経験によって、組織の予測能力を高め続けるた...
  • 「計画的な日和見主義」のすすめ
    技術の進歩もグローバル化の進展も速い現代にあって、戦略の舵取りは難しい。そこで筆者が勧めるのは「計画的な日和見主義(オポチュニズム)」である。これは、未来は予測不能であって非線形の変化や偶然の出来事によって形づくられるものと認識する一方で、購買層や技術、顧客の嗜好や経済や環境面など、戦略を左右するさまざまな要素における弱いシグナルに着目し、リーダーが取るべき対応をしっかり見...
  • 戦略オプションの3つの活用法
    競争が激しく市場環境が不安定な今日、企業は事業の不確実性へのヘッジ策として「戦略オプション」をもっと活用すべきだ。金融オプションが投資家をリスクから守り、相場変動においても利益を上げられるのと同じく、戦略オプションは需要急変など予期せぬ事態に直面しても企業に成功の可能性を確保する。事前調査し、資本を節約し、情勢がはっきりするまで最終判断を遅らせることができる。鉱業権のオプシ...
  • プロフェッショナルサービスを「機械化」する3つのステップ
    コンサルティング企業や弁護士事務所などの専門サービス企業において、専門スタッフを増やさずに収益を上げる方法がある。コンピュータのアルゴリズムによる自動化やデータ分析の力を活用して、業務の一部をプロダクト化するのだ。そのプロダクトが大量処理を必要とする作業を引き受け、判断を必要とする作業でも手助けしてくれると、生産性がアップして事業規模が拡大できる。このように専門サービス企業...
  • 人材採用にトライアウト方式を導入する
    オートマティックはオープンソースのブログ・プラットフォームであるワードプレスの運営会社だ。同社は便宜上の本社はあるものの、全社員が在宅勤務という「オフィスを持たない会社」として知られているが、その採用方法もユニークである。書類選考と面接でふるいにかけた後、数週間にわたって実際の業務を担当してもらう「トライアウト」を実施するのだ。これによって応募者のスキルや企業文化への適合性...
  • 「コレクティブ・インパクト」を実現する5つの要素
    今日、企業経営ではCSV(共通価値の創造)、すなわち社会的便益を生む方法で経済的成功を目指すことが不可欠になっている。だが、現実には企業が単独で実現できることは少ない。どの企業もエコシステムの中に存在し、社会情勢や政策の変化による市場縮小や協力企業の低迷などの影響を受けるからである。そうした制約を超えるためには、政府やNGO、地域社会との協働を進める新たなフレームワークが必...
  • 誰もが正直者になれる交渉術
    人は頻繁に嘘をつく。社会心理学の調査でも、そのことは明らかになっている。交渉の場も例外ではなく、嘘が飛び交っている。一方で、人は、お世辞やおだてと表裏一体になった嘘を見破るのが苦手だ。ビジネスをするうえでは困ったことだが、嘘を見破るのではなく、防ぐことに集中するならば、対処法はある。相手が嘘をつきにくくなるように会話を進めるのだ。そのために有効な戦略がいくつかあり、それらに...
  • 人脈づくりが好きになる方法
    「人脈づくり」というと、そこにコネから連想する他人へのこびへつらいとか、利己的な行動といったネガティブな感情を抱く人が数多い。しかし、現代社会には人脈づくりは欠かせない。プロフェッショナルとしてのつながりを深めることができれば、スピード出世や地位の向上のみならず、仕事の質や働きがいも高まるのだ。本書では人脈づくりに対する否定的な感情を克服する4つの方法を紹介する。動機付けの...
  • Jobs to Be Done:顧客のニーズを見極めよ
    現代企業は膨大かつ多様な顧客データを取得できるため、それを正しく分析できさえすれば、イノベーションを起こしやすいようにも思える。しかし、「顧客は何を達成したいのか」という視点を持たぬままやみくもにデータと対峙したところで、革新的な価値を生み出すことはできないと筆者らは主張する。イノベーションを体系的に起こすうえで不可欠な“Jobs to Be Done”(片付けるべき用事)とは何か。それをど...
  • 伝統より「いま」と向き合う(インタビュー)
    室町時代後期に京都で創業して以来、約500年にわたり和菓子をつくり続け、愛されてきた虎屋。和菓子を生業としつつも、1980年にパリへの出店を果たしたり、2003年にはトラヤカフェという和と洋の垣根を超えたお菓子を提供する新業態の店をオープンしたりと、常に新しい取り組みも行っている。その17代目であり、社長を務める黒川光博氏に、時代を超えて事業を続けてこられた理由は何かを伺った。 *『DIAM...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「ビジネス・経済」ランキング

「DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文」に関連する特集・キャンペーン