年度末の人事査定はもういらない

年度末の人事査定はもういらない

作者名 :
通常価格 540円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

どの企業にとってもお馴染みとなっている年度末の人事査定だが、これをやめる企業が増え始めている。いまや米国企業の3分の1が年次の人事査定をやめたという推計もある。テクノロジー企業やプロフェッショナルサービス企業で始まったこの動きは、もはや一時的な流行に留まらず、現在の事業環境を反映した変革といえそうだ。過去の業績評価から人材育成へと舵を切り出した新たな動きについて、その必然性と移行に伴う課題を交え、将来の可能性を説く。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2017年4月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

ジャンル
出版社
ダイヤモンド社
掲載誌・レーベル
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
電子版発売日
2017年09月22日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~493巻配信中

※予約作品はカートに入りません

281~290件目 / 492件
  • 「いい努力」はチームを伸ばす
    「継続は力なり」という格言の真意はどこにあるのか。ただ単に続けることに意味があるのか。多くの企業の組織や人材の能力を伸ばしてきた実績をもとに『いい努力』を著した名コンサルタントが、組織やチームのメンバーの継続した努力を引き出し、高い成果を生み出すためにリーダーが取るべき思考法・行動法を提示する。 *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2017年2月号)』に掲載された記事を電...
  • 顧客がほしいと思う30の「価値要素」
    消費者は、製品やサービスの何に価値を見出すか。人によりまちまちで、複雑な心理が絡み、突き止めるのは容易でない。それでも、価値の土台を成す普遍的な要素というものは存在する。消費者にとっての価値を綿密に探る手法があれば、既存市場での業績向上や新規市場への参入の機会をもたらし、価値の新しい組み合わせを考案できる。筆者らは1万人以上の消費者分析により、30に上る「価値要素」、すなわち...
  • インサイトエンジン:データから顧客を知る力
    今日の競争優位の源泉は、顧客ニーズを深く理解し、それを満足させるという顧客中心主義である。この実現にはデータが欠かせないが、データだけでは宝の持ち腐れだ。そのデータから消費者の購買意欲についての知見を引き出し、そこから戦略を構築する能力がカギを握っているといえる。この能力を本稿では「インサイトエンジン」と呼び、これをフルに活用しているユニリーバの事例を引きながら、優れたイン...
  • 自動車産業はどこへ向かうのか(インタビュー)
    今日の競争優位の源泉は、顧客ニーズを深く理解し、それを満足させるという顧客中心主義である。この実現にはデータが欠かせないが、データだけでは宝の持ち腐れだ。そのデータから消費者の購買意欲についての知見を引き出し、そこから戦略を構築する能力がカギを握っているといえる。この能力を本書では「インサイトエンジン」と呼び、これをフルに活用しているユニリーバの事例を引きながら、優れたイン...
  • 職場のイヤな奴から身を守る法
    無礼な振る舞いをする同僚に嫌な思いをした、職場で不当な扱いを受けた、という人は多い。筆者のクリスティーン・ポラス自身も無礼な職場環境のために、希望に満ちて就いた仕事を2年足らずで辞めた経験があるそうだ。こうした困った職場、あるいは同僚に対してはどのように対処すればいいのだろうか。筆者は真正面から立ち向かうのは得策ではなく、みずからの心理状態を高めるために成功感覚を育むとよい...
  • マッキンゼー流 リーダー人材の育て方
    充実した研修制度をはじめ、日本企業の多くは人材育成に熱心だ。だがはたして、現在の仕組みの下で経営を担えるリーダー人材は育てられているだろうか。昨今の状況を見る限り、そこには疑問を抱かざるをえない。マッキンゼー・アンド・カンパニーで人材育成のマネジャーを務めた伊賀泰代氏は、中間管理職とリーダー人材の育成法は異なり、特に若手リーダーを育てるためには、従来の手法を根本から大きく変...
  • 修羅場は与えられるものでなく、みずからつくるもの(インタビュー)
    組織全体の意欲が高く、優秀な人材が組織を離れても、次を担う人材が育っているリクルート。「起業家精神」「圧倒的な当事者意識」「個の可能性に期待し合う場」という企業文化が個の成長を支える下地になっているが、それだけではない仕組みも存在する。リクルート流の人材育成について、同社代表取締役の峰岸真澄氏に話を伺う。 *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2017年4月号)』に掲載され...
  • ユニクロに学ぶ経営者人材の育て方
    新規市場の創造、グローバル市場の開拓、事業の構造改革などを実行する経営者人材を、いかに短期間で大量に育成するか──多くの日本企業が抱える喫緊の課題である。この対処策を着実に実行し、高成長を遂げているのが、ユニクロである。同社の経営者育成機関で担当役員として4年間、その施策に関わってきたコンサルタントがそこで得た経験を明かし、その知見をもとにして、日本企業の人材マネジメントの変革...
  • リーダー研修はなぜ現場で活かされないのか
    業種・業態を問わず、すべての企業にとって、将来の経営者候補であるリーダーの育成は急務である。そのために充実した社員研修を実施する企業も多いが、はたして、そこで得た学びは現場で活かされているのだろうか。残念なことに、そうしたプログラムが機能することはめったにない。ただし、それは必ずしも受講者の姿勢や研修の内容に問題があるからではなく、そこに組織の変革を阻む6つの障壁があるから...
  • 年度末の人事査定はもういらない
    どの企業にとってもお馴染みとなっている年度末の人事査定だが、これをやめる企業が増え始めている。いまや米国企業の3分の1が年次の人事査定をやめたという推計もある。テクノロジー企業やプロフェッショナルサービス企業で始まったこの動きは、もはや一時的な流行に留まらず、現在の事業環境を反映した変革といえそうだ。過去の業績評価から人材育成へと舵を切り出した新たな動きについて、その必然性...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文」に関連する特集・キャンペーン