スティーブ・ジョブズ流 リーダーシップの真髄

スティーブ・ジョブズ流 リーダーシップの真髄

作者名 :
通常価格 540円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

2011年10月、
スティーブ・ジョブズが死去した。

彼の数々の偉業を称え、
多くの人々がアップルストアに花を手向けたニュースは記憶に新しい。
創業したアップルを追放され、
その間にピクサー・アニメーション・スタジオを設立。
そして再び、破産寸前のアップルを立て直すために復帰するなど、
アメリカを代表する偉大な革新者となった
ジョブズの伝説はそれだけではなかった。

常識にとらわれないやり方、
強烈に放つ情熱や完璧主義などの逸話もその一つだが、
やはり、彼の成功のカギともいえる経営理念やリーダーシップこそ、
学ぶ価値のあるものだ。

本書では、
ジョブズの取材を許された唯一の人、
ウォルター・アイザックソンが、
リーダーとしてのジョブズの真髄を語る。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2012年11月号)』に
掲載された論文を電子書籍化したものです。

ジャンル
出版社
ダイヤモンド社
掲載誌・レーベル
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
電子版発売日
2015年03月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~491巻配信中

※予約作品はカートに入りません

31~40件目 / 490件
  • 情報技術が人事管理を変える 「人材分析学」がもたらす競争優位
    グーグル、ベスト・バイ、P&G、 シスコ・コーポレーションなどの先端企業は、 高度なデータ収集技術と分析技術を駆使して、 人材から最大の価値を引き出そうとしている。 こうした「人材分析学」を活用する企業は、 社員の「やる気」の定量化、 自社にマッチした社員の特性、 離職の可能性の高い社員の分析などの手法により、 社員のマネジメントから憶測を排除し、 人事関連のさまざまな分野で効果的な管...
  • 批判を上手にかわし、逆に巻き込んでいく 自分のアイデアを支持させる技術(インタビュー)
    企業変革やイノベーションには、新しいアイデアが不可欠である。 にもかかわらず、そのようなアイデアは、 ほとんどの組織で、最終的につぶされてしまうことが多い。 リーダーシップ研究の権威であるジョン・P・コッターによれば、 我々はアイデアを生み出すことばかりに関心が向いており、 アイデアを成就させることには比較的無関心であるという。 これは一種の集団力学といえる。 また彼は、反対派や懐...
  • 「人生のジレンマ」を克服するために プロフェッショナル人生論
    筆者のクレイトン M. クリステンセンは 『イノベーションのジレンマ』などで知られる経営学者だが、 本書はビジネスを論じたものではなく、 彼自身が人生の意味を見つけるうえで役立った指針を、 ハーバード・ビジネス・スクールの2010年の卒業生に語ったものである。 この考えの根本にあるのは彼の厚い信仰心だが、 指針自体はだれにでも活用できるため、 HBRで紹介された。 本書では、 クリステンセン...
  • ORをどのように生かしてきたか マーケティング・サイエンスの原点
    マーケティングの意思決定は、 長い間、属人的な勘と主観を頼りに下されてきた。 しかし、本稿が発表された1960年代後半になると、 高度な定量分析を取り入れようとの動きが、 企業の間に少しずつ広がり始めてきた。 新商品の開発・投入、プライシング、広告、物流、 営業部門のマネジメントといったさまざまな分野で、 実地への応用も進んできていたのである。 オペレーションズ・リサーチをマネジメント...
  • ビッグデータによる競争は終わった アナリティクス3.0
    アナリティクスがビジネスに取り入れられるようになったのは、 1950年代のことである。 それは主に生産工程や販売、 顧客などの企業内のデータを収集・分析したもので、 意思決定のパフォーマンス改善に役立った。 この状況が大きく変わったのは2000年代半ばである。 グーグルなどのインターネットを基盤にした企業や ソーシャル・ネットワーキング企業が、 新たな種類の情報を蓄積・分析し始めた。 いわゆ...
  • IDEOの創造性は助け合いから生まれる
    世界的なデザイン会社のIDEOは、 立場に関係なく互いに助け合って仕事を進めている。 そうした助け合いの文化が、 素晴らしいデザインを生み出す源泉となっているという。 他者の助力を受けることで新たな気づきを得られ、 また助けた側もその結果に満足することで 生産性が向上するのである。 本書ではIDEOを観察して得た4つのカギを紹介する。 これらを実践できれば、 いかなる企業であっても、 創造性の...
  • スティーブ・ジョブズ流 リーダーシップの真髄
    2011年10月、 スティーブ・ジョブズが死去した。 彼の数々の偉業を称え、 多くの人々がアップルストアに花を手向けたニュースは記憶に新しい。 創業したアップルを追放され、 その間にピクサー・アニメーション・スタジオを設立。 そして再び、破産寸前のアップルを立て直すために復帰するなど、 アメリカを代表する偉大な革新者となった ジョブズの伝説はそれだけではなかった。 常識にとらわれないやり...
  • 【新訳】リーダーシップとマネジメントの違い
    リーダーとマネジャーの役割の違いについて論じた論文は多い。 古くはHBR 1977年5‐6月号で発表された アブラハム・ザレズニックの論文は、 心理学の知見を基に目標や仕事観、 育成方法などにおける両者の違いを明らかにし、 その後のリーダーシップ開発に大きな影響を与えた。 本書は、リーダーシップ論のグールーである筆者が 90年に発表したものである。 リーダーシップとマネジメントは 共に複雑なビジ...
  • CSVは企業の競争優位につながるか
    CSVを提唱したマイケル・ポーターが 2011年に発表した論文「共通価値の戦略」には、 実はいくつかの矛盾が存在する。 しかし、たとえ論文自体に曖昧さが残ったとしても 社会的価値と経済的価値の両方を追求するほうが、 企業の統合的価値も大きくなると岡田正大氏は指摘する。 従来の株主価値の向上を目的とする企業の前提を見直すべきか。 企業観自体を問い直すべきか。 過去の文献などをひも解きながら、...
  • 真実のM&A戦略
    540円(税込)
    M&Aが成功する確率は10~30%ときわめて低く、 その大半が失敗している。なぜだろう。 多くの場合、 適切とはいえない買収先を選択しているばかりか、 過剰な買収価格を支払っている。 買収後の組織統合がまずいケースも少なくない。 そして筆者らの主張によれば、 被買収企業の経営資源を手に入れるために M&Aに踏み切る──彼らはこれを 「レバレッジ・マイ・ビジネスモデル」 (自社のビジネスモデルのテコ...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文」に関連する特集・キャンペーン