フェイクニュースの正体と情報社会の未来

フェイクニュースの正体と情報社会の未来

作者名 :
通常価格 540円 (税込)
獲得ポイント

2pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

欧米を中心にフェイクニュースの弊害が熱心に議論されているが、日本も他人事ではない。災害時に不確かなニュースが生成・拡散されて被災者を不安に陥れたり、新興キュレーションメディアや伝統的マスメディアが虚偽情報を流布して社会に混乱を招いたりと、企業や個人に甚大な被害をもたらし始めている。フェイクニュースは、いかなる動機で生成されるのか。また、そうした不確かな情報はなぜ拡散されるのだろうか。本書では、SNSやクチコミなどネット言論の実証研究で注目を浴びる、国際大学グローバル・コミュニケーション・センター主任研究員/講師の山口真一氏が、豊富な学術研究と山口氏が実施した独自調査に基づき、この問題の本質を明らかにする。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2019年1月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

ジャンル
出版社
ダイヤモンド社
掲載誌・レーベル
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
電子版発売日
2019年08月15日
コンテンツ形式
EPUB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~491巻配信中

※予約作品はカートに入りません

481~490件目 / 490件
  • ディープフェイク:恐るべき合成動画技術(インタビュー)
    オバマ前大統領が罵詈雑言を連発? 大統領のスピーチ画像にコメディアンが声と口の形をぴったり合わせた動画が出回った。ディープフェイクを使うと、誰かの映像の上に別人の映像を重ね、あたかもその人が話しているよう見せかけることができる。もはや合成メディアの技術は、本物と見分けがつかないぐらいに進化している。そのような時代に、何を信頼すべきか。企業はどのように対処すべきか。 *『DIAMO...
  • フェイクニュースの正体と情報社会の未来
    欧米を中心にフェイクニュースの弊害が熱心に議論されているが、日本も他人事ではない。災害時に不確かなニュースが生成・拡散されて被災者を不安に陥れたり、新興キュレーションメディアや伝統的マスメディアが虚偽情報を流布して社会に混乱を招いたりと、企業や個人に甚大な被害をもたらし始めている。フェイクニュースは、いかなる動機で生成されるのか。また、そうした不確かな情報はなぜ拡散されるの...
  • 意識は嘘を見抜けない(インタビュー)
    続巻入荷
    フェイクニュースやデマなど、嘘の情報が広く速く拡散し、政治を左右したり、企業の業績に影響を与えたりすることが、近年問題になっている。『バカの壁』『遺言。』などの著作で知られる養老孟司氏は、ニュースはそもそも記号にすぎず、受け手が存在して初めて「情報」へと変化すると述べ、嘘は「記号化する段階」「受け取る・発信する段階」「無意識の段階」の3つの段階で発生すると説く。嘘の情報の正...
  • 互いの敬意が組織を成長させる
    続巻入荷
    リーダー層も従業員も、敬意の重要性は認識している。しかし現実は、リーダーが思うほど敬意あふれる組織とはなっていない。敬意には「生得的敬意」「獲得的敬意」の2種類があり、両者を適切にバランスさせていく必要があるのだ。このような風土を醸成することで、従業員は安心して働き、成長に目を向けることができ、それがひいては愛社精神の発揚や業績向上につながるのである。人事制度を変えずとも職...
  • コラボレーティブ・インテリジェンス:人間とAIの理想的な関係
    続巻入荷
    人工知能(AI)の発達に伴い、いずれあらゆる分野でAIが人間に取って代わるのではないかという懸念が生まれている。だが、このテクノロジーの本領は、人間の能力に置き換わることではなく、人間の能力を補完し、強化することにある。本書では人間とAIが補完し合う「コラボレーティブ・インテリジェンス」を進めていくためのガイドラインを提示する。 *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2...
  • 【2018年版】世界のCEOベスト100
    続巻入荷
    毎年恒例となった世界の優れたCEO100人のランキング。長期的な指標を採用しているため、ランキングに昨年と大きな差はなかったが、ESG(環境・社会・ガバナンス)指標を加味するようになった2015年のランキングから、財務指標では圧倒的な強さを誇るアマゾン・ドットコムのジェフリー・ベゾスは中位に甘んじている。昨年日本人CEOは7人がランクインしたが、今年は5人に留まった。だが、シスメック...
  • アリババ急成長の源泉はスマートビジネスにある
    続巻入荷
    アリババは創業から20年も経たない短期間で、時価総額世界トップ10入りを果たした。同社は単なるeコマース企業ではない。彼らの急成長を支えた要因は、小売りに関わるあらゆるステークホルダーの情報をデータ化し、かつネットワーク化したエコシステムにある。アリババグループ最高戦略責任者を務めた筆者は、その手法を「スマートビジネス」と呼び、IoTの実用化が進む時代で勝利を収めるためには、いち早...
  • コレクティブ・インパクト実践論
    続巻入荷
    特定の社会課題の解決や新しい社会のビジョン実現を、どのようにしたら意図的に起こせるのか。その方法論を示した「ソーシャルイノベーション」(社会変革)の分野がいま、NPOや公的セクターだけでなく、企業からも注目を集めている。社会課題の解決を目指すことで、企業の社会的責任を果たせるだけでなく、成熟した市場において新たなニーズを発見できたからで、経済的な価値の創造へとつながるのだ。...
  • 世界的金融グループが社会変革に果たした役割
    続巻入荷
    ボストンに本拠地のある金融グループ、ステート・ストリートのCEO、ジョセフ・フーリーは、これまで協力してきた公教育関連の官民連携事業が思うような実績を上げていないことに気づく。そこでフーリーは複数の非営利団体を巻き込んで、ステート・ストリートならではの人材育成プログラムを立ち上げた。ボストン・ウインズと名付けられたこのプログラムは、都市部の公立校に通う青少年に良質な高等教育...
  • テクノロジーだけでは社会変革は起こせない
    続巻入荷
    最先端のテクノロジーは、社会の現状を追い抜いてしまう。しかし、制度や規制を無視して先走ったところで、社会に受け入れられることはなく、成功はおぼつかないだろう。規制当局を巻き込み、競合企業や利害関係者の信頼を得て、産業全体の発展を促すエコシステムをつくらなければならない。それこそが、世の中を切り拓くイノベーターの使命である。 *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2019年2...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文」に関連する特集・キャンペーン