あなたは「24時間働く」仕事人間になれるか

あなたは「24時間働く」仕事人間になれるか

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

シリコンバレーのIT系スタートアップ、ウォール街の投資銀行等々、超多忙な組織が増えている。こうした組織では、従業員は「理想的な働き手」すなわち、24時間仕事に黙々と打ち込む人材になることが求められる。このためには、仕事を他の何よりも優先させなければならず、そしてこの状況に異を唱えることはなかなか難しい。本書では、こうしたプレッシャーのきつい職場で生き残るための3つの対策を解説するとともに、もっと優れた解決策を模索する。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2016年10月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

ジャンル
出版社
ダイヤモンド社
掲載誌・レーベル
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
電子版発売日
2017年06月02日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~499巻配信中

※予約作品はカートに入りません

251~260件目 / 498件
  • 人工知能も経済主体となる時代(インタビュー)
    昨今、プラットフォームに関する議論が盛んに行われているが、新たなテクノロジーの台頭はその議論に深みをもたらした。なかでも、IoT(Internet of Things:モノのインターネット)が与える影響は非常に大きいといわれている。IoTによって、プラットフォームというネットワークはどのような進化を遂げ、それは私たちの生活にいかなる変化をもたらすのか。IoTの実用化を進める第一人者であり、東京大学...
  • 21世紀のプラットフォームは誰がつくるのか
    我々の経済活動や市民生活のベースには、社会プラットフォームが存在する。そのうえで、企業は事業を起こし、効率的に生産活動を行い、商品を供給する。それを顧客が購入することで企業が利益を生み、成長していくという循環的なエコシステムが形成されてきた。いま、20世紀から現在にかけて存在していた社会プラットフォームが衰退し、エコシステムは疲弊しつつある一方で、新たなプラットフォーム構築の...
  • プラットフォーム革命
    550円(税込)
    かつて5社で利益の90%以上を稼いでいた携帯電話市場が、iPhoneの登場によりアップルだけで利益の92%を占める市場へと変貌した。この怒涛の躍進は、iPhoneの製品力のみならず、App Storeというプラットフォームの力に負うところが大きい。もはや閉じたパイプライン型の事業は成長の余地が少なく、参加者の利益が高まるプラットフォームの構築こそ競争優位となりうる。この戦略におけるカギは、ネットワー...
  • マーケットプレイス:4つの落とし穴
    イーベイやアリババ、さらにはウーバーなどの成功を見る通り、オンラインマーケットプレイスは、低コスト構造で利益率も高く、いろいろな意味で完璧なビジネスモデルである。しかし、十分な買い手と売り手をどう確保するかなど、その構築には難題も多く、それを安定して運営するにもさまざまな課題がある。本書ではマーケットプレイス事業が陥りがちな4つの問題──性急すぎる成長、信用と安全性の構築、仲...
  • プラットフォーム企業へ移行する法
    アップル、マイクロソフト、グーグル、アマゾン、フェイスブック。今日、株式時価総額で上位10社のうち5社がプラットフォームモデルで高収益を上げる企業である。ほとんどの企業は製品のヒットによって企業規模を拡大し、その後、プラットフォーム企業に移行している。この範に倣い、同様の成長路線をもくろむ企業が増えているが、路線変更は必ずしも成功するわけではない。うまくいく企業とそうでない企...
  • 「なし崩しの規制緩和」にいかに対応するか
    民泊のエアビーアンドビー、配車サービスのウーバー、動画サイトのユーチューブなど、新たに登場してきたプラットフォームビジネスは法規制の壁を物ともせず、業界の常識を破壊して成長を遂げてきた。規制で縛られている既存企業には不公平に感じられる側面もあるが、もともと技術革新や消費者行動の変化を受けて規制も変わっていくものだ。とりわけ時代錯誤や過度な保護と思しき規制は自然に緩和へと向か...
  • 企業買収は与えることで成功する
    M&Aの1年間のディール総額が2015年、最高記録を更新した。しかし、M&Aは通常70~90%が失敗に終わる、と多くの調査が示している。なぜか。たいていは、買収先から多くの果実を得ようとして失敗している。また、当該の産業や市場について無知であることも失敗の原因になる。一方、成功するのは、買収する側が買収先企業の競争力を強化できる「何か」を持っている場合である。価値を得ようとするのではな...
  • 失敗からのリターンを高める法
    経営には先行きの予測や効率が求められ、それを高められる者が評価されがちなため、皆、失敗を回避しようとする。しかし、イノベーションなど斬新で優れた成果を出すためには、失敗を恐れずチャレンジすることが欠かせない。このジレンマを克服するためには、失敗から得られるリターンを測定し、教訓を会社全体で共有し、そのプロセスの有効性を常時チェックすることだ。多くの企業と協同調査した結果、正...
  • スーパーボス:部下の力量を引き出す技術
    ある分野で才能を発揮した成功者は数多存在するが、本書の「スーパーボス」とは、それだけでなく、優れた人材を見出し育て上げる能力をも持った人々を指す。ビジネス界のみならず、スポーツ界、映画界などのさまざまなスーパーボスたちを調査研究し、彼らの人材採用と能力開発の方法に共通点を見出した。従来とは異なる人材を探し、型破りなやり方で採用したうえで、部下に高い期待を抱き、有望な「弟子」...
  • あなたは「24時間働く」仕事人間になれるか
    シリコンバレーのIT系スタートアップ、ウォール街の投資銀行等々、超多忙な組織が増えている。こうした組織では、従業員は「理想的な働き手」すなわち、24時間仕事に黙々と打ち込む人材になることが求められる。このためには、仕事を他の何よりも優先させなければならず、そしてこの状況に異を唱えることはなかなか難しい。本書では、こうしたプレッシャーのきつい職場で生き残るための3つの対策を解説...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「ビジネス・経済」ランキング

「DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文」に関連する特集・キャンペーン