チームワークは4つの要素で決まる

チームワークは4つの要素で決まる

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

今日のチームは、以前よりもはるかに多様(Diverse)であり、分散(Dispersed)していて、デジタル(Digital)で動的(Dynamic)である。ところが、この「4Dチーム」であっても、チームを機能させ、力を発揮させる要素は、以前と変わらない。その要素とは、同じ目標に向かわせる「絶対的な方向性」があり、「強力な構造」を持ち、適切な報酬システムや十分なリソースなど「支えとなるコンテキスト」があることだ。そして、多様性や物理的な距離によりアイデンティティを見失いがちな4Dチームには、さらに「共通の思考様式」という要素も必要になる。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2016年12月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

ジャンル
出版社
ダイヤモンド社
掲載誌・レーベル
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
電子版発売日
2017年06月23日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~501巻配信中

※予約作品はカートに入りません

261~270件目 / 500件
  • チームの価値は「新しさ」を生むこと(インタビュー)
    人材や業務の多様化が進み、チームをマネジメントするリーダーへの期待は高まっている。成果や価値を生み出すチームにするためにリーダーが果たすべき役割は何か。ライオン、クラフト・ジャパン、日本コカ・コーラなどさまざまなチームを率い、現在、資生堂の代表取締役執行役員社長兼CEOを務める魚谷雅彦氏に、チームマネジメントの哲学を聞いた。 *『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2016年12...
  • チームラボのチームの秘密
    世間を驚かせるデジタルアートを次々と発表する、「ウルトラテクノロジスト集団」のチームラボ。その斬新な作品のみならず、400人規模の組織になったいまでも取締役以外の役職を置かないなど、同社のフラットなマネジメント体制は注目を浴びる。創業以来、代表は猪子寿之氏が務めるが、組織に携わる意思決定の責任者は取締役の堺大輔氏が担ってきた。究極の個性派集団でメンバー一人ひとりの力を最大限に引...
  • パタゴニア流企業の責任とは
    アウトドア・メーカー、パタゴニアは環境保全をはじめとする持続可能性への取り組みで有名である。しかし、同社も初めからそのことを意識していたわけではない。過酷な自然に耐えうる品質の高さを保持しながら、環境や社会への配慮を両立するには、それなりの投資、そして長い試行錯誤が必要だった。さらに言えば、企業として収益を確保し続けなければ、このような活動そのものを続けていくことは不可能で...
  • イノベーションは「ありふれた光景」にある
    斬新な解決策やイノベーションを発想する力が乏しいという悩みを抱える企業は多い。これは、ふだん使っているやり方や目的でしか物事をとらえられない認知バイアスが影響している場合が多い。とりわけ障害となるのが、機能的固着、デザイン固着、目標固着という3つのタイプのバイアスだ。その克服には、特別な才能やずば抜けたクリエイティビティは不要だ。複数のツールを組み合わせて適切に使えば、これ...
  • チームワークは4つの要素で決まる
    今日のチームは、以前よりもはるかに多様(Diverse)であり、分散(Dispersed)していて、デジタル(Digital)で動的(Dynamic)である。ところが、この「4Dチーム」であっても、チームを機能させ、力を発揮させる要素は、以前と変わらない。その要素とは、同じ目標に向かわせる「絶対的な方向性」があり、「強力な構造」を持ち、適切な報酬システムや十分なリソースなど「支えとなるコンテキスト」があ...
  • 多様なメンバーの「違い」に気づく技術
    チームで仕事をする場合、時に意見が対立するのは必然である。ただしメンバーのさまざまな違いを、仕事始めの前に明らかにしておけば、破滅的な対立を回避できる。筆者たちは25年間の研究や調査に基づいて、このための具体的な方法を開発した。人物の見方、行動の仕方、話し方、考え方、感じ方の5つの領域に重点を置いた会話法である。リーダーが会話の進行役を務めながら、メンバーに対して、嗜好や期待...
  • メンバーを変えずにチームで変革を進める法
    変革を任されるリーダーの多くは、ゼロから新たにチームをつくるのではなく、前任者のチームを引き継いで業務に当たる。チームを引き継ぐに当たり、リーダーはまず、現状をはっきり理解するために、自分が受け継いだ人材の価値とチーム力学を見極めなくてはならない。次の仕事は、必要に応じてチームを再編するために、メンバー構成、目的意識や方向性、業務手法、行動特性などを新鮮な目で見つめることで...
  • 業界を超えたチームで成功する法
    イノベーションを生み出すため業界を超えたコラボレーションが、あらゆる企業や組織で必要になっている。だが、こうした業際型チームでは畑違いの専門知識や価値観が混ざり、それが要因となって問題が起き、成果を出すのが難しくなっている。この課題を克服するには、メンバーがお互いのことをきちんと理解してそれぞれの見識を生産的に共有できるように、リーダーが働きかける必要がある。それが本書で明...
  • ホラクラシーの光と影
    550円(税込)
    ザッポスやエアビーアンドビーが導入していることで知られる自主管理型組織、ホラクラシー。「フラットな職場環境が柔軟性と職場の関係性を深める」という評価もある一方で、「昇進と報酬制度、責任の所在が曖昧で不透明」という体験者からの声もある。ホラクラシーをはじめとする自主管理型の組織の特徴や利点、課題など、さまざまな観点から分析し、適切な採り入れ方について論じる。 *『DIAMONDハーバ...
  • 会計操作を統計学と心理学の活用で見抜く
    過去多くの改革にもかかわらず、企業会計にはいまだ不透明さがつきまとう。経営者による身勝手な会計操作は減ることがないうえに、事業の競争環境が激変して従来の業績指標の欠陥が顕著になっている。そこで本書では、財務報告をめぐる最近の深刻な状況、具体的には収入認識に関する新ルールの課題、非公式な指標の蔓延、会計基準ごとに異なる資産価値の評価、さらには業績数値を歪める狡猾な経営手法に光...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文」に関連する特集・キャンペーン