経営戦略と技術をどう結び付けるか

経営戦略と技術をどう結び付けるか

作者名 :
通常価格 540円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

インターネットやIoT(モノのインターネット)、さらには人工知能などの技術は、企業の戦略に大きな影響を及ぼしている。本書はHBR1980年7-8月号に発表されたものだが、ちょうど技術上の問題は戦略上の意思決定の中で議論すべき、という考えが広まった頃であった。本書では、それ以前の、技術をめぐる問題について経営戦略、経済学、組織、製造などの視点から論じたさまざまな文献をひも解き、その答えを探っている。技術とは「企業が自社の創造力を財やサービスへと具現化して成功をつかむための、計画と生産に関する精緻な体系」であることはいまも変わらない。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(1980年12月号)に掲載された翻訳を見直し、『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2018年1月号)』に再掲載された記事を電子書籍化したものです。

ジャンル
出版社
ダイヤモンド社
掲載誌・レーベル
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
電子版発売日
2018年07月12日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~493巻配信中

※予約作品はカートに入りません

371~380件目 / 492件
  • 経営戦略と技術をどう結び付けるか
    インターネットやIoT(モノのインターネット)、さらには人工知能などの技術は、企業の戦略に大きな影響を及ぼしている。本書はHBR1980年7-8月号に発表されたものだが、ちょうど技術上の問題は戦略上の意思決定の中で議論すべき、という考えが広まった頃であった。本書では、それ以前の、技術をめぐる問題について経営戦略、経済学、組織、製造などの視点から論じたさまざまな文献をひも解き、その答えを探...
  • 叱咤激励の技術
    540円(税込)
    リーダーがかける叱咤激励の言葉一つで、みんなのやる気に火がつき、よりよい成果を引き出したりできる。ただし、そのやり方は個々人が手探りで、自分のスタイルを確立していくしかないとされてきた。これに対して筆者は、スポーツ心理から軍事史などまで幅広い分野の調査研究から導き出された、モチベーション・ランゲージ・セオリーを活用すれば、もっと効果的にメッセージが伝えられるようになると言う...
  • 潜在能力を開花させる経営リーダーの育成法
    世界有数の大企業では、新任CEOの30%が社外から招聘されているという調査がある。これは社内の人材不足が原因ではなく、多くの組織が将来のリーダーをどう育成すればよいのか理解していないために、リーダー候補が思うような活躍ができないせいだと筆者らは指摘する。社内でリーダーを育てるためにはどうすればいいのか。本書では、各人の潜在能力と現在のコンピテンシー水準を見極め、潜在能力から見た成...
  • 「いいね!」にはどれだけの価値があるか
    フェイスブック、ツイッター、LINEなどソーシャルメディアを活用したマーケティングに多額の予算を投じる企業が増えている。はたして、投資効果は十分にあるのか。ソーシャルメディアで「いいね!」をくれた人はその後の購買行動が変わっているか。その友だちに波及効果を及ぼしているか。1万8000人以上を対象に行った筆者たちの調査研究では、ソーシャルメディアで支持表明しただけではあまり効果はないが...
  • 世界のCEOベスト100
    540円(税込)
    経営者が短期主義に陥ってしまう要因はさまざまである。低成長、アクティビスト(物言う投資家)の存在、政情不安──数え上げたらきりがない。その一方で、努めて長期的な視野を持ち続け、何年にもわたって優れた業績を収めているCEOもいる。2016年版のランキングに名前を連ねたのは、そうした一流のCEOたちだ。なお、このランキングの指標には2015年から、環境・社会・ガバナンスという3つ...
  • IDEO流問いかける力
    540円(税込)
    未来を予測することが非常に困難な時代に生きる私たちは、個人も組織も、みずから未来をつくっていくしかない。誰もがゼロから新たな価値を創造する場面に直面しうる中で役に立つのが、「問いかけ」によるアプローチである。本書では、クリエイティブなアイデアにつながる「最初の問いかけ」の設定から、アイデアを発展させる「問いかけの変化」のプロセスまで、IDEO Tokyoの野々村健一氏が実践例を交えな...
  • 課題設定は意志から始まる
    現在の延長線上に未来はないといわれて久しいが、政府も企業もいまだに、リニア(線形)思考から脱け出せていない。いま求められているのは、複雑な物事を安易な方法で単純化して、わかった気持ちになることではない。現実世界の複雑性を受け入れながら、真に向き合うべき課題を見抜いたうえで、創造的な解決策を導くことである。本書では、建築の世界に身を置いたのち、マッキンゼー・アンド・カンパニー...
  • そもそも解決すべきは本当にその問題なのか
    多くの企業が自社の問題解決能力にはそれなりに自信を持っている。それに対して、解くべき問題を見極めること、すなわち問題診断は苦手としている。だが、創造的な答えを導くには、そもそも何が解決すべき問題なのかを理解することが不可欠である。本書では、そのために「リフレーミング」という手法が提示される。問いの設定を誤ったまま漫然と行動することを避け、自社にとっての問題を正しく定義するう...
  • リニア思考の罠から逃れる4つのステップ
    私たちは、販売数量が増えれば、売上高が増えるというように線形(リニア)な関係で物事をとらえがちである。しかし、世の中は必ずしもそうした関係だけで成り立っているわけではない。たとえば、お金や時間など経営資源を投じても、一定規模を超えると効果が鈍化するというように、「非線形な現象」は至るところで見られる。このため線形な関係だと思い込んでいると、無駄が生じたり、重要な意思決定を間...
  • ビジュアル・コミュニケーション:データの可視化で解を導く
    ビジュアル・コミュニケーション──具体的にはデータの可視化は今日、マネジャーにとって必須のスキルである。その方法でしか理解できない仕事が多くなっているからだ。この変化を推進しているのが、圧倒的なスピードとボリュームで収集されるデータである。意思決定はデータ依存度を深め、視覚化などの抽象化プロセスなしには理解できなくなっている。このコミュニケーションの優劣は、その目的とデータの...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文」に関連する特集・キャンペーン