顧客に尽くせば企業価値は高まる

顧客に尽くせば企業価値は高まる

作者名 :
通常価格 550円 (500円+税)
獲得ポイント

2pt

-
  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ペイパルは、eコマースでの買い物決済サービスの提供企業として成功してきた。2014年にCEOに就任したダン・シュルマンは、金融取引のソフトウェアプラットフォームになることを目指し、従来以上に事業領域を広げ、戦略や組織を変えていった。既存の金融システムでは、消費者や企業が資金管理や資金移動することに多大なコストがかかっていたからだ。シュルマンは過去の仕事の経験から、貧しい人ほど金融サービスの改善が必要であることを認識しており、その実行を通じて顧客に尽くすことで、ペイパルは収益増大を果たしたのだ。

*『DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー(2017年5月号)』に掲載された記事を電子書籍化したものです。

ジャンル
出版社
ダイヤモンド社
掲載誌・レーベル
DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー
電子版発売日
2017年10月27日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
2MB

ユーザーレビュー

レビューがありません。

シリーズ作品 1~527巻配信中

※予約作品はカートに入りません

301~310件目 / 526件
  • 顧客に尽くせば企業価値は高まる
    ペイパルは、eコマースでの買い物決済サービスの提供企業として成功してきた。2014年にCEOに就任したダン・シュルマンは、金融取引のソフトウェアプラットフォームになることを目指し、従来以上に事業領域を広げ、戦略や組織を変えていった。既存の金融システムでは、消費者や企業が資金管理や資金移動することに多大なコストがかかっていたからだ。シュルマンは過去の仕事の経験から、貧しい人ほ...
  • 技術戦略はエコシステムで見極める
    事業、業界、セクターを揺るがす破壊的変化についての理解は進んでおり、新規イノベーションが脅威になるかどうかは十分に判断可能になった。しかし、技術革新のタイミングに関しては、依然として不明な点が多い。新しい技術は、速やかに既存技術を駆逐する例もあれば、時間をかけて徐々に普及する例もある。本書では、技術革新のタイミングをより的確に予測するために必要な「技術そのものだけでなく、そ...
  • エコシステムを創造的に破壊せよ
    小売業界におけるアマゾン、自動車業界におけるテスラ、タクシー業界におけるウーバーに代表されるように、デジタル時代のビジネスの主役は大企業から新興企業に移り変わりつつある。その主な要因の一つは、伝統企業を支える仕組みが従来のビジネスモデルで成功を収めるためのものだからだと、筆者らは指摘する。他社との協働関係がより強固に求められるいま、その土台として新たなエコシステムを構築し、...
  • パートナー間の利害調整でイノベーションを実現する
    今日では、数多くの業界で製品・サービスのシンプルなイノベーションでさえ、複雑なものになりがちである。なぜなら各企業が相互のつながりが強い有力なステークホルダーで構成されるエコシステムの中で事業を展開しているからだ。筆者たちはイノベーションを円滑にする概念化プロセスを考案した。ある製薬会社はそれを活用してサービスのイノベーションを成功裡に進めた。本書では、この製薬会社の事例を...
  • エコシステムイノベーション:大企業が連携する新たな仕組み
    業際を超えてのソリューション開発が必要となる中、シスコシステムズが主導する、多数の大企業が連携する「エコシステムイノベーション」が成果を上げている。このプロセスを用いれば、企業は多様なアイデアリソースを結集し、エコシステムレベルの問題を迅速に解決できる。また、協業によるイノベーション能力を身につけ、製品、企業、業界が交わったところにある貴重なチャンスをものにすることができる...
  • GEの競争優位はなぜ持続するのか
    そもそも持続可能な競争優位は存在するのだろうか。アンソフ、チャンドラーからポーター、ミンツバーグまで、競争優位に関する理論は20世紀に進歩してきた。しかしながらほとんどの企業で、せっかく築いた競争優位も一時的なものに留まっている。これは多くの場合、事業や環境変化の予測困難性、不確実性がもたらす意思決定の問題(認知バイアス)、あるいは組織自体の適応力不足(経営劣化)に起因してい...
  • 異質の知が新たな事業をつくる
    イノベーションとは、従来の延長線上の変化ではなく、非連続の変化のことである。組織が過去からの決別を果たすには、組織に染みついた同質的な価値観を打ち破らなければならない。この価値観を打ち破れない企業が「イノベーションのジレンマ」に陥るのだ。本書では、ボストン コンサルティング グループ(BCG)が近年プロジェクト事例を重ねてきた、異質の知を取り込む方法論を紹介する。それはシナリオを...
  • ネット市場の差別をどう解決するか
    「インターネット上ではあなたが犬でも誰も気づかない」と『ニューヨーカー』誌は書いたが、eコマースのプラットフォームはあなたがどんなプロフィールを持っているか、把握している。そして、これが人種や性別による差別につながっているのだ。さまざまな調査から取引において白人男性が有利であったり、逆に黒人女性が差別的な扱いを受けたりすることがわかっている。こうした差別を排除するにはどうす...
  • やっかいな交渉相手に公正な提案をさせる方法
    保険金請求や企業買収などの交渉で、関係当事者双方が合理的な提案を持って話し合いに臨めば、それぞれにメリットがある。スタート地点が現実的なら、双方の提案もある程度は足並みが揃いやすいだろうし、その後の交渉も比較的丁寧、迅速、公正になるはずだ。とはいえ、こちらが最初から公正になろうとしても、相手も同じとは限らない。どうすれば向こうにも合理的になってもらえるのか。解決策として筆者...
  • なぜ人は昇進すると横柄になるのか
    権力の座に就くと、人は豹変する。昇進した人はそうでない人と比べて、傲岸不遜な態度を取ったり、不正行為をしたりする確率が3倍も高いという研究結果がある。こうした行為は周囲の人々のモチベーションやパフォーマンスを低下させ、企業にも悪影響を及ぼす。リーダーは誰もが、こうした「権力のパラドックス」に陥りやすい。本書では、それを避けるために、リーダーが具体的に実践すべきことについて解...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文」に関連する特集・キャンペーン