楊令伝 九 遥光の章

楊令伝 九 遥光の章

作者名 :
通常価格 540円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

歴戦の同志を失いながらも、梁山泊軍は、童貫軍と全軍あげてのぶつかり合いを続けている。乱戦の中、戦場の中央に陣取る郭盛軍は少しずつ前進を始めた。童貫は『幻』の旗に向かい、岳飛は楊令軍を止めるべく疾駆する。一方、金軍は宋領深く南下し、青蓮寺は北の大商人たちの財産接収を始めていた。歴史が大きく動こうとするなか、ついに楊令と童貫とが戦場で邂逅する。楊令伝、圧巻の第九巻。

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
400ページ
電子版発売日
2013年03月08日
コンテンツ形式
EPUB

関連タグ:

ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年12月30日

童貫元帥戦場に没する。

これまで梁山泊の男達を屠ってきた禁軍総帥の童貫が楊令の前に倒れた。

童貫の最後はアッサリとした文章で表現されていたが壮絶なる戦いは解説でも語られていたが行間から読み取るしかないのではなかろうか。

楊令の最大のライバルの童貫が死んでも物語は終わらない・・・

時間以降の楊...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月19日

軍神・童貫死す。その時、楊令は涙を流していた。
これまで梁山泊の好敵手そして最大の壁として君臨してきた漢の最期。
持論だが「いい作品には魅力的な敵役が欠かせない」という考えを持っている。まさに童貫こそ最高の例。圧倒的な強さと時折見せる人間臭さ。楊令伝に入りさらにその人柄が深く掘り下げられていた。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月29日

北方謙三描く水滸伝の続編シリーズ。禁軍総帥・童貫との闘いがついに決着。ほとんどラスボス的存在の童貫が舞台から退場し、今後物語がどうなっていくのか…気になります。間違いなく前半のクライマックスですな。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月15日

遂に巨星を墜とした。
そして今度は休む間もなく国づくりが始まった。
楊令の考えるスケールの大きな構想が、今後どんな形で実現して行くのか、あるいは行かないのか、ますます続きから目が離せなくなった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月24日

楊令vs童貫戦、ついに雌雄を決する時が来ました!
「水滸伝」から続いてきた因縁の対決だけに、やっと…という気持ち。

少年の頃から見てきた楊令も、禁軍の総帥である童貫も、
どちらも死なせてしまうのが惜しいくらい男気に溢れた軍人。
本当に強い人間ほど、相手に敬意と尊敬とをもって相対する。
戦闘後の直立...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています