御宿かわせみ13 鬼の面
  • ptバック

御宿かわせみ13 鬼の面

作者名 :
通常価格 589円 (税込)
獲得ポイント

178pt

  • 30%ポイントバック

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

作品内容

厄年の男は青鬼の、女は赤鬼の面をかぶるという節分の豆まきの最中に、日本橋の麻苧(あさお)問屋の主人が倉の中で殺される。逃げていった男は鬼の面をつけていた。捕らえられた男は「かわせみ」の客で……。表題作ほか「麻布の秋」「忠三郎転生」「春の寺」など江戸情緒をたたえる名品全7篇を収録。神林東吾の義妹・七重と天野宗太郎との祝言もすみ、ますます絆深まる大川端の面々による人情捕物帳シリーズ。

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
288ページ
電子版発売日
2011年05月06日
コンテンツ形式
EPUB
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年03月07日

御宿かわせみシリーズ13巻、「夕涼みの女」「大川の河童」「麻布の秋」「忠三郎転生」「雪の夜ばなし」「鬼の面」「春の寺」7篇。表題作「鬼の面」は、節分に起きた麻苧問屋信濃屋主人・吉三郎が殺され下手人として、かわせみの客・和助が店からしょっぴかれ東吾が真相解明に乗り出す。大川の河童・忠三郎転生・雪の夜ば...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年09月04日

「夕涼みの女」縮問屋の若旦那が言い交わした娘の家を訪れると、そこに彼女の、幽霊が。親心が分からないでもないけど、若旦那がかわいそう。
「大川の河童」幸薄い女がかわいそう。だいじに思ってくれるおじさんはいても、弟が…

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年12月16日

・夕涼みの女
・大川の河童
・麻布の秋
・忠三郎転生
・雪の夜ばなし
・鬼の面
・春の寺

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年01月21日

御宿かわせみシリーズ短編7編。宗太郎と七重は、その組み合わせがあったかと嬉しくなる。連作でも展開があるとマンネリ防止にいい。次巻でるいと東吾の関係にも変化が起こりそうな含み。今回の作品レベルはそれほどでもないが、内輪ネタが楽しめた。復活予告で気になってた悪役も、やっと登場して極刑になったし(笑)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年03月05日

例によって、御宿「かわせみ」の女主人・るいと、与力の家の次男坊・東吾のお江戸人情捕物帖。この巻、結構進展!東吾のことを好きな兄嫁の妹・七重がついに結婚したり(相手は内緒。結構ビビる)、東吾とるいの結婚を与力の兄が認める発言したり。なかなか面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play