憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパークXI

憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパークXI

作者名 :
通常価格 669円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

作品内容

IWGP第2シーズン、満を持してスタート!
ストリートの“今”を切り取り続けてきた本シリーズ。時を経て池袋は少しずつ変容しているが、あの男たちは変わらない。脱法ドラッグ、仮想通貨、ヘイトスピーチ。次々に火を噴くトラブルをめぐり、マコトやタカシ、そしてとびきりクールな仲間が躍動する。 解説・安田浩一

ジャンル
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
ページ数
336ページ
電子版発売日
2016年09月16日
紙の本の発売
2016年09月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2016年10月06日

この作品は1作品目の池袋ウエストゲートパークから好きで私が初めて読んだ小説と言ってもいいくらいの思い入れのあるシリーズです。

最近は新しいのが出てたことにすら気づいてなかったのですが、たまたま本屋でぶらぶらしてたら見つけました。

相変わらずほのぼのとしてて面白いです。
主人公のマコトとキングのタ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月19日

久しぶりにこのシリーズ読みました。
相変わらずのテンポの良さと現代を切り取ったテーマで、
一気に読めます。
クラシックの知識もあれば、もっと楽しめるのに、と
シリーズ読むたびに思うが、なかなかね。。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月21日

久しぶりにこのシリーズを読みました。短編で世相をうまく生かしている点、テンポの良い文章はいつもながら楽しめました。ちょっと年取ったかな

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月18日

凄く久しぶりのIWGP。
マコトももう20代後半なのか…と、
現実でも作中でも時間の流れを感じる。

内容は、良くも悪くもいつも通りの安定感で、
安心して読めた

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月24日

マコトとタカシに久々の再会!
やっぱりこの二人は回りがどんなに理屈っぽい
大人になってもいつまでもボーイズで居て欲しい。
彼らの解決は決して根本的なものではないかもしれないが
現代社会の痛いところに手当してくれる。
見逃さない勇気に乾杯!

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています