少年計数機 池袋ウエストゲートパークII

少年計数機 池袋ウエストゲートパークII

作者名 :
通常価格 641円 (583円+税)
紙の本 [参考] 704円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

池袋の街は眠らない。そこには、あらゆる人間がうろついている。インターネット上で私生活を見せるアイドル。計数機ですべてのものを数えつづける少年。秘密の風俗業者と、みかじめ料をとる組の男たち。カリスマデザイナー。女子高生監禁事件の未成年の犯人。ホームで余生を送る老人たち。家業である池袋西一番街の果物屋を手伝いつつ、ストリートファッション誌で人気コラムを書くマコトのもとには、今日もさまざまな事件がふりかかってくる。リアルな読みごたえの短篇4篇。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内ミステリー
出版社
文藝春秋
掲載誌・レーベル
文春文庫
シリーズ
池袋ウエストゲートパークシリーズ
ページ数
345ページ
電子版発売日
2011年04月15日
紙の本の発売
2002年05月
サイズ(目安)
1MB
  • アニメ化

    「池袋ウエストゲートパーク」

    2020年10月~ TOKYO MXほか
    声の出演:熊谷健太郎、内山昂輝、土田玲央

少年計数機 池袋ウエストゲートパークII のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    Posted by ブクログ 2020年12月29日

    話のこじれ方がとても面白い。最後の話が特に面白かった。結論が分からなくてすごくドキドキする作品。

    3作目ももちろん買ったので楽しみです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月17日

    「一冊に4篇」というのは、シリーズの最初から確立されていて、最近の作品にも受継がれている。
    この一冊には…ネットで女性の居る部屋の様子の画を配信する商売を巡るトラブルを何とかしようとする一件…計数機を手に何でも数えているという不思議な少年と出くわして、その少年が巻き込まれた事件を何とかしようとする一...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月23日

    最終章、水のなかの目は、たぶん東京綾瀬の女子高生コンクリート詰め殺人事件をベースにしています。私の中では、1番か2番めに凶悪な事件だと思っているので、物語の中でも、悪が完全にやっつけられてスッキリしました✨

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年09月04日

    自分が誰なのか確認するために、まわりのすべてを数え続ける少年・ヒロキ。
    その笑顔は十歳にして一切の他者を拒絶していた!
    マコトは複雑に絡んだ誘拐事件に巻きこまれていくが…。
    池袋の街を疾走する若く、鋭く、危険な青春。
    爽快なリズム感あふれる新世代ストリートミステリー、絶好調第2弾。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年03月04日

    第二弾。
    少年たちや脇も、個性的でキャラがいい。
    ドキドキして読み勧めてる間も、きっとうまくいく、大丈夫と安心して先へと楽しみながら進める。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月26日

    ウエストゲートパークシリーズの2作目

    妖精の庭 ストーカーのお話
    少年計数機 なんでもカウントする少年のお話
    銀十字 おじいちゃん2人と通り魔探すお話
    水の中の目 パーティー潰しの犯人探すお話

    最後の話、とても印象的だった。読んでてドキドキが止まらなくて、マコトが人が死んでいくのを助けないとは思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月07日

    マコトが最終章でラインを越える。

    コンクリ事件がモデルなのだろうか。
    暴力の描写に胸が締め付けられる。

    同時に、事件に対する作者の怒りも込められているのだとすれば、こういう表現の使い方もあるのかという気づき。

    文体はライトだが、読み終わった時には心が疲弊していた。
    しかし、夜中だというのに3巻...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月23日

    表題にある「少年計算機」がなかなか印象に残った。

    すべてのことを数えていないと生きている実感がない。。このような不安定な中で生きているってどんな感じなんだろうと少し想像したりしたが、自分も別に生きている実感を常に持てているわけではないので気を抜くとこのようなことになるかもしれないなと考えたりする。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月10日

    IWGPⅡもやっぱり脳内で
    マコトを長瀬に変換して読んだ。

    けっこうグロい部分もあって
    辛かったなぁ

    でもおもしろかった

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月01日

    久々にウエストゲートパーク読んだら、、、ドラマ見たくなった!!!長瀬智也、マコト役ぴったりだよなぁ。。。ホントに。
    このままだもんなぁ。
    面白い!相変わらず面白い。どうして、石田衣良ってあの感じどう見てもお坊ちゃん風なのに、こんなギャングの話だとか、ギャル男たちというか一昔前のギャルたちのあれこれを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

池袋ウエストゲートパーク のシリーズ作品 1~15巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~15件目 / 15件
  • 池袋ウエストゲートパーク
    ミステリーの「今」を読みたければ、池袋を読め。刺す少年、消える少女、マル暴に過激ジャーナリスト、カリスマダンサー……駅西口公園、通称ウエストゲートパークを根城にする少年少女たちが、発熱する都会のストリートを軽やかに疾走する。若者たちの現在をクールに、そして鮮烈に描く大人気シリーズの第一作。青春小説の爽快感とクライムノヴェルの危険な味わいを洗練させ、新しい世代から絶大な支持を得て話題となった連続ドラマの原作。
  • 少年計数機 池袋ウエストゲートパークII
    池袋の街は眠らない。そこには、あらゆる人間がうろついている。インターネット上で私生活を見せるアイドル。計数機ですべてのものを数えつづける少年。秘密の風俗業者と、みかじめ料をとる組の男たち。カリスマデザイナー。女子高生監禁事件の未成年の犯人。ホームで余生を送る老人たち。家業である池袋西一番街の果物屋を手伝いつつ、ストリートファッション誌で人気コラムを書くマコトのもとには、今日もさまざまな事件がふりかかってくる。リアルな読みごたえの短篇4篇。
  • 骨音 池袋ウエストゲートパークIII
    ライブハウスを熱狂させる“世界で一番速い音”と、続発するホームレス襲撃事件の関係は? 夜のショッピングセンターで本を読むやせっぽちの小学生と、その母・グラマー連れ出し嬢の運命は? 池袋に誕生した地域通貨「ぽんど」を偽造する奴らの狙いは? 緑の最凶ドラッグ「スネークバイト」の謎とマコトの恋のゆくえは……。ストリートの青春をリアルに描き、日本のミステリーシーンに新しい世界を切り拓いた、ご存知IWGP第3弾! ますます快調のTV化話題作。
  • 電子の星 池袋ウエストゲートパークIV
    失踪した親友の行方を追って、山形からマコトを訪ねてきた引きこもりのテル。“人体損壊ショー”のアングラDVDと秘密クラブの関係は? マコトが身体を張る表題作「電子の星」ほか、ビルマから来た14歳の男娼をめぐる「黒いフードの夜」、通り魔にギャングの息子を殺されたタクシー運転手に告げられた悲惨な真実……「ワルツ・フォー・ベビー」、Gボーイズから足を洗ってラーメン屋を始めた双子ツインタワーが活躍する「東口ラーメンライン」の全4篇。
  • 反自殺クラブ 池袋ウエストゲートパークV
    マコトが行くところ、今日も池袋に事件がにおう。風俗スカウト事務所の罠にはまったサンシャイン60階通りのウエイトレス。伝説のスターが設立を夢見るロックミュージアムの真実。「わたしの姉はおもちゃの人形をつくるために死んだ」と、巨大企業と闘うため中国からひとりでやってきた娘。集団自殺をプロデュースするインターネットの“クモ男”──。ストリートの「今」を鮮やかに描くIWGPシリーズ、切れ味がさらに増した第5弾!
  • 灰色のピーターパン 池袋ウエストゲートパークVI
    池袋は安全で清潔なネバーランドじゃない。盗撮画像を売りさばく私立小学校の5年生が、マコトにSOSを発してきた。“まだ人を殺してない人殺し”マッドドッグ相手に、マコトの打つ手は? 絶好調な表題作ほか、“この男の足を片方壊して”とブティック店員に依頼される「野獣とリユニオン」、タカシの先代のキングが意外な姿をみせる「駅前無認可ガーデン」、この街を浄化しようなんて止めてくれ!「池袋フェニックス計画」を収録したIWGPシリーズ第6弾。
  • Gボーイズ冬戦争 池袋ウエストゲートパークVII
    池袋に再び忍び寄るストリート戦争の影。Gボーイスのキング・タカシに反目するナンバー2、ヒロトの黒い野望。このままではGボーイズは分解し、この街の危いパワーバランスも崩れる。伝説の殺し屋「影」も登場、池袋に揺さぶりを掛ける。タカシの危機をマコトは救えるか?(表題作)。振りこめ詐欺の犯人が助けを求めてきた…「要町テレフォンマン」、自宅に火をつけた少年が連続放火のカギを握る「バーン・ダウン・ザ・ハウス」他、全4篇収録のIWGP第7弾!
  • 非正規レジスタンス 池袋ウエストゲートパークVIII
    日雇い派遣で食いつなぐフリーターのサトシが、寝泊りするのはネットカフェ。夢は、脚を伸ばして夜眠ること、そして医者にかかること。そんなサトシが悪徳人材派遣会社に立ち向かう決意をしてユニオンのメンバーになった途端、何者かに襲われて膝を壊された。仲間のメンバーにも次々に襲撃が。「今のぼくの生活は、ぼくの責任」と言い切る彼をマコトもGボーイズも放っておけず、巨大派遣会社に立ち向かうことに。表題作他3篇収録。大好評IWGPシリーズ第8弾!
  • ドラゴン・ティアーズ―龍涙 池袋ウエストゲートパークIX
    時給300円弱。茨城の“奴隷工場”から中国人少女が脱走した。彼女が戻らなければ、250人の研修生は全員が強制送還される。タイムリミットまで、あと1週間。捜索を頼まれたマコトは、池袋チャイナタウンの裏組織“東龍(トンロン)”に近づくが…万策つきた時、マコトの母が出した秘策とは? 悪徳エステの被害者同盟、ホームレスを食い物にする失業保険詐欺、彼女いない歴28年サラリーマンの頼みと、マコトは今日も忙しい。最強人気シリーズ第9巻!
  • PRIDE―プライド 池袋ウエストゲートパークX
    「四人に六回わたしは犯された。ぼろきれみたいにされて、ワンボックスカーから蹴りだされたのは、練馬の畑のなかだった」。自分をレイプしたワンボックスカーの四人組を探して欲しい。ちぎれた十字架のネックレスをさげた美女はマコトにそう依頼した。レイプ被害にあいながら、力強く再生しようとする彼女の強靭な魂に魅かれていくマコトとタカシ。敵は広域指名手配レイプ団「B13号」。プライドを守る闘いが始まる。大人気IWGPシリーズ第10弾。第一シーズン堂々の完結編。
  • 憎悪のパレード 池袋ウエストゲートパークXI
    IWGP第2シーズン、満を持してスタート! ストリートの“今”を切り取り続けてきた本シリーズ。時を経て池袋は少しずつ変容しているが、あの男たちは変わらない。脱法ドラッグ、仮想通貨、ヘイトスピーチ。次々に火を噴くトラブルをめぐり、マコトやタカシ、そしてとびきりクールな仲間が躍動する。 解説・安田浩一
  • 西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパークXII
    池袋の雑居ビルで若者が飛びおり自殺を図る。彼は急成長したチェーン店の従業員だった。無能の烙印を押され、退職を強要された末にヤケになった若者。そして、次の犠牲者が――。耳触りのいい言葉で若者を洗脳し、つかい潰すブラック企業の闇に、マコトとタカシが斬りこむ! 表題作ほか3篇を収録のIWGPシリーズ第12作。 解説・今野晴貴 ※本作品は 2018年9月3日まで販売しておりました単行本電子版『西一番街ブラックバイト 池袋ウエストゲートパークXII』の文庫電子版となります。 本編内容は単行本電子版と同じとなります。
  • 裏切りのホワイトカード 池袋ウエストゲートパークXIII
    シリーズ累計420万部超! 大人気シリーズ「池袋ウエストゲートパーク」第13弾! 真冬の池袋で、超高給短期バイトの情報が駆けめぐる。たった半日で報酬は10万円以上。 怪しすぎる誘惑に浮き立つ若者たち。隠された目的は何なのか。 そして、募集に使われた闇サイトの運営をめぐり、マコトのもとにはある財団から依頼が持ちこまれる――。 表題作含む4篇のほか、石田衣良デビュー20周年を記念した朝井リョウとの対談も収録。 ※この電子書籍は2017年9月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。
  • 七つの試練 池袋ウエストゲートパークXIV
    いよいよ2020年10月、アニメ放送開始! シリーズ累計430万部突破の「池袋ウエストゲートパーク」第14弾 ネットで広がるデスゲーム。次々提示された試練をクリアすると積みあがる「いいね」の山。 しかし、試練は次第にエスカレートし、七番目に課せられるのは死を招く危険なものだった。 若者を危険にさらす「管理人」をマコトが追う! 表題作ほか3篇を収録。 ※この電子書籍は2018年9月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。
  • 絶望スクール 池袋ウエストゲートパーク15
    アジアからの留学生であふれる日本語学校。バイトや住居も斡旋する学校は若者の夢を搾取するだけなのか? 悪徳スクールの闇を暴く! ※この電子書籍は2019年9月に文藝春秋より刊行された単行本の文庫版を底本としています。

池袋ウエストゲートパーク の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

文春文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング