逆説の日本史14 近世爛熟編/文治政治と忠臣蔵の謎

学術・語学1位

逆説の日本史14 近世爛熟編/文治政治と忠臣蔵の謎

作者名 :
通常価格 810円 (税込)
紙の本 [参考] 812円 (税込)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

忠臣蔵の虚構と真実を解き明かす!日本史の常識を覆す全日本人必読の新・日本史!

歴史上の事実である「赤穂事件」はどのようにして「忠臣蔵」という「虚構のタイトル」で呼ばれるようになったのか? 「吉良の浅野イジメが作り話なのは会社員の接待の常識からもわかる」「最も基本的な史料である浅野内匠頭の辞世すら最初からなかった」「吉良邸に討ち入った四十七士に死者、重傷者がひとりも出なかったのはなぜか」など、従来の「常識」に真っ向から異を唱える意欲作。江戸庶民の喝采を浴びた赤穂事件の真実に迫る――
目次
第1章 忠臣蔵、その虚構と真実編
第2章 将軍と御用人システム編
第3章 大坂・江戸 大商人の世界編
第4章 江戸時代の東アジア外交I――明と日本編
第5章 江戸時代の東アジア外交II――琉球王国と日本編

年表
※お使いの端末によっては、図の一部が読みづらい場合がございます。

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
608ページ
電子版発売日
2012年07月06日
紙の本の発売
2011年12月
コンテンツ形式
XMDF

「逆説の日本史14 近世爛熟編/文...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2012年08月18日

1巻からずーと継続して単行本発売→即買しているうちの一つ。学生時代は先生が嫌いであまり好きじゃなかった歴史を大好きにしてくれた作品。この巻は江戸時代中期ですが、昨今の領土問題の根幹の話は腑に落ちます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年12月21日

歴史は、時代時代を切り取ってマニアックに閉じこもって覚えるのではなく、マクロから視ることが大事。この逆説シリーズは、そもそも当たり前で冷静な視点で物事を考えるべしと気付かせてくれる、よいキッカケになる。

忠臣蔵と赤穂事件の違いから、日本史全体を一気通貫している怨霊信仰・日本教が浮かび上がる。のちの...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年12月20日

“側用人”という改革実行のためのシステムを作り、戦国のある種野蛮な気風を一掃し、文治主義を確立した綱吉の功績。
そしてそれがいかにして後世に貶められて伝えられているか。
忠臣蔵のウソとそのウソが何故補強されて今日まで伝えられているのか。
14巻も相変わらず面白いっ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月05日

今回は忠臣蔵、綱吉名君説、デリバティブの本家日本、徳川時代の中朝関係について。綱吉は生類憐みの令を出したことで暗君扱いされているけれど、それまでの時代は切り捨て御免の風習があり、かの水戸光圀でさえ浮浪者を大した理由もなく殺していたという。綱吉はそれを改め、今では当たり前の命の大切さを世間に知らしめた...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年07月13日

文治政治と忠臣蔵の謎

武断政治から文治政治への展開Ⅱ
第一章 忠臣蔵、その虚構と真実編

武断政治から文治政治への展開Ⅲ
第二章 将軍と側用人システム編

武断政治から文治政治への展開Ⅳ
第三章 大坂・江戸 大商人の世界編

江戸時代の東アジア外交Ⅰ
第四章 明と日本編

江戸時代の東アジア外交Ⅱ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,496

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!