逆説の日本史13 近世展開編/江戸文化と鎖国の謎

学術・語学1位

逆説の日本史13 近世展開編/江戸文化と鎖国の謎

作者名 :
通常価格 702円 (税込)
紙の本 [参考] 709円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

徳川家康が恐れた「大奥のキリシタン」!日本史の常識を覆す全日本人必読の新・日本史!

若き日の徳川家康を苦しめた浄土真宗信徒らによる「一向一揆」。家康は約30万人に膨れ上がり勢力を増すキリシタンに「一向一揆」化の悪夢を見た。
折しも江戸城大奥では女中・おたあジュリアを中心にキリシタンが増加し、家康の悪夢は現実のものとなりつつあった。
「伴天連追放令」から鎖国へと展開される徳川幕府の外交政策の裏面史を抉るとともに、徳川家康が「戦国日本」をいかにリストラし、「徳川三〇〇年」の礎をいかに築いたかを解明する!
目次
第1章 鎖国とキリシタン禁制編
第2章 大名改易と浪人対策編
第3章 茶の湯の変質編
第4章 演劇の変質編
第5章 儒学の日本的変容編
第6章 古兵と遅れてきた青年たち編
年表
※お使いの端末によっては、図の一部が読みづらい場合がございます。

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
416ページ
電子版発売日
2012年06月01日
紙の本の発売
2010年09月
コンテンツ形式
XMDF

「逆説の日本史13 近世展開編/江...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2018年10月14日

武断政治から文治政治への変換の観点での綱吉名君論は考えたことがなかったので大いに刺激を受けた。「鎖国」が外国からの評価の翻訳だとは知らなかった(無知)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年01月12日

儒学の日本的変容が面白い。孝に対する考えが日本は違う。怪力乱神を語らず、初めて意味を理解した。著者の知識はすごい(^∇^)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年12月16日

14巻が出たんで、とりあえず13巻から再読して復習。
半永続的に徳川政権が定着できるよう策が繰り出される江戸初期。家康の賢さや先見力は恐ろしい。鎖国のホントの意味や、茶道や能楽などの文化考察などテーマ盛りだくさん。

どーでもいい話だけど、家康と春日局がデキてて、その子が家光って「異説」をもとにした...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年11月06日

江戸文化と鎖国の謎

・徳川幕府の展開Ⅰ
 鎖国とキリシタン禁制編
・徳川幕府の展開Ⅱ
 大名改易と浪人対策編
・戦国文化の江戸的変遷Ⅰ
 茶の湯の変質編
・戦国文化の江戸的変遷Ⅱ
 演劇の変質編
・戦国文化の江戸的変遷Ⅲ
 儒学の日本的変容編
・武断政治から文治政治への展開
 古兵と遅れてきた青年...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月19日

物事に対する先入観は、しばしば真実を覆い隠してしまう。そしてそれは、真実の正しい評価をできなくしてしまう。

私が中学校で学んだ歴史では、生類憐みの令の項で、蚊を殺しただけで流罪にされた例などが取り上げられていた。当時の私は江戸時代のことだから…と何となく鵜呑みにしていた。そしていつのまにか、変な政...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,619

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!