逆説の日本史5 中世動乱編/源氏勝利の奇蹟の謎

学術・語学19位

逆説の日本史5 中世動乱編/源氏勝利の奇蹟の謎

作者名 :
通常価格 648円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

日本人を錯覚させた平家物語の虚妄を抉る!日本史の常識を覆す全日本人必読の新・日本史!

待望の第5弾。源氏はいかにして平家を打倒し、武士政権を樹立していったのか。その解明の鍵は、「源源合戦」にあった。また、義経は「戦術」の天才でありながらも頼朝の「戦略」を理解することができなかった。
日本が八百年にわたって錯覚してきた「平家物語」、そして「義経伝説」の虚妄を抉る。

目次
第1章 源頼朝と北条一族編─「源源合戦」「幕府成立」を予見した北条時政の謀略
第2章 源義経と奥州藤原氏編─“戦術の天才”義経が陥った「落とし穴」
第3章 執権北条一族の陰謀編─鎌倉「幕府」を教える歴史教科書の陥穽
第4章 悲劇の将軍たち編─「言霊将軍」実朝を暗殺した黒幕
第5章 北条泰時と御成敗式目編-「法の正義」に優先する「道理」精神
年表
※お使いの端末によっては、図の一部が読みづらい場合がございます。

ジャンル
出版社
小学館
ページ数
329ページ
電子版発売日
2011年08月19日
紙の本の発売
1999年12月
コンテンツ形式
XMDF

「逆説の日本史5 中世動乱編/源...」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2014年12月04日

平家から源氏への政権交代は、源平の合戦で語られる両家の争いではなく、従来の公家政治と新興の武家勢力との争いであり、東国武家の棟梁である源氏が、公家政治を打ち破った戦いといえる。そして、源氏が3代で滅び、北条執権政治に移行したのは、源氏が東国武士集団の御輿に過ぎなかったことの証左である。そして北条泰時...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年06月08日

本書では、井沢氏の主張してる、日本歴史学の三大ダメ主義の影が比較的薄い。

ただ、その分析、考察は相変わらず鋭く、目鱗も多い。かえって、古代編よりも切れ味は鋭いと思う。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年02月27日

ご本人とその政治的主張は非常にクセがあり(マイルドに言って)、好き嫌いが別れそうですが、彼の通史は本当に面白い。「怨霊信仰+コトダマ+ケガレ忌避+和の精神」という日本人の宗教観をベースに古代史から現代までを新たな視点で考察しています。粗い・甘い箇所もあるけど掛け値なしに面白く、目から鱗。考えさせられ...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年08月20日

天皇vs武士の構図で、その後の日本のあり方を決めた、この時代が一番面白いかもなぁ。日本初のアイドル義経が不死伝説を作ったことも大きなことだったと思う。ともかく面白かった。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年05月06日

今回は鎌倉幕府成立を通して、日本の宗教感、学会の矛盾や憲法問題にまで迫っています。
頼朝がなぜ幕府を成立できたか、義経はなぜ滅びなければならなかったのか、日本史の「なぜ」を解き明かす筆者の主張には納得の一言。

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,516

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!