連城三紀彦の一覧

「連城三紀彦」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/10/09更新

ユーザーレビュー

  • 小さな異邦人
    レジェンドの最終章を胸に刻む
     著者、最後の短編集。寄せ集めという意見もあるようだが、バラエティ豊かで各話新鮮なサプライズが待つ上質な作品集だった。
     「子供の命は預かった」- だが、8人の子供は全員家に揃っている謎の誘拐事件(「小さな異邦人」)は、結末もまさに前代未聞。読み終わってからこれが氏の遺...続きを読む
  • 恋文・私の叔父さん
     結構読んでいない作家作品があり、連城さんの著書は初めて読みました。「恋文」は直木賞受賞作品で、「恋文・私の叔父さん」と改題されています。

     さて物語は。、男一人・女二人の三角関係になっているのですが、不思議と世間一般に連想される愛憎劇とはならないのです。
     どういうことか?要はダメ男を愛した女二...続きを読む
  • 隠れ菊 下
    女性の生き様に圧倒される。弱さ、甘さ、それを経て得た強さ、したたかさ。ひとりの女性の中に色んな顔、感情がある。それがすごく面白い。
  • 連城三紀彦 レジェンド2 傑作ミステリー集
    短篇ミステリ傑作集。傑作集というだけあって、どれもこれも珠玉です。でも読んだことがあるのは「菊の塵」だけだったので、連城さんにはこういう味わいの作品もあるのだなあ、と新しい発見があった気になりました。
    お気に入りは「夜の自画像」。これ、レアな作品らしいです。「花葬」シリーズ最後の作品でもあるそうだし...続きを読む
  • 戻り川心中
    いやぁ、圧倒的な物語性。ミステリー小説って謎が何なのかが最大のポイントになるから、登場人物たちが無機質になることも多々ある中でこの作品は人物が生の人間として描き切られてる。確かにさらさらっと読み進められるタイプではないけど、読み進めていくうちにどんどん引き込まれていく。表現力が幻影的で瑞々しいと感じ...続きを読む