「堀江貴文」おすすめ作品一覧

【堀江貴文】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:堀江貴文(ホリエタカフミ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1972年10月29日
  • 出身地:日本 / 福岡県
  • 職業:実業家

東京大学文学部中退。『ゼロ―なにもない自分に小さなイチを足していく』、『お金はいつも正しい』、『刑務所なう。』 シリーズなどを手がける。

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/07/28更新

ユーザーレビュー

  • すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~
     元ライブドアCEOで実業家の堀江貴文氏による、現代における学校の不要性、ネット社会での自分らしく新しい生き方論を綴った新書。本来学校とは国家に従順な国民の養成機関であり、現代の学校でも結局は従順な生徒、会社の言うとおりに動く人材を育てている。しかしインターネットの普及で「国家」という幻想が急速に力...続きを読む
  • ゼロ
    (07.18.2017)

    今の自分の背中を押してくれる素晴らしい一冊だった。どんな事があろうと、罪を犯してはいけないけれど、彼の様に人一倍努力し、自分を信じ生きる姿勢は心から尊敬できる。成功者を羨望の眼差しで見つめ立ち止まっている時間はない。
  • すべての教育は「洗脳」である~21世紀の脱・学校論~
    堀江貴文氏の本を読むのは、これで4冊目である。さすがに4冊目ともなると、著者の考え方があらかた理解できて、新しい発見はないかと思いきや、きちんと新しい発見がありました。

    まず本書は
    第1章 学校は国策「洗脳機関」である
    第2章 G人材とL人材
    第3章 学びとは「没頭」である
    第4章 三つの「タグ」...続きを読む
  • 好きなことだけで生きていく。
    実践を超える勉学は存在しない。ビジネススクールなどで、実践的な学びが得られるだろうか?お金を生むために考える、チームをまとめ上げるために行動する。そんな状況に飛び込んで、実際に運用して失敗したり成功したりして学んだ「生の勉強」こそが「本当の勉強」。実際やる&最後までやりきることが大変なため。

    「社...続きを読む
  • ゼロ
    圧倒的な努力に勝るものはないと実感
    能動的に生きるか受動的に生きるか
    時間やお金についての考え方も満載な一冊

特集